片岡愛之助一覧

【片岡愛之助】に関するニュースを集めたページです。

6月はジューンブライド 昭和、平成、令和のビッグカップルの結婚式
6月はジューンブライド 昭和、平成、令和のビッグカップルの結婚式
 6月に入り、ジューンブライドを逃すまいと結婚式を挙げるかたも多いのではないでしょうか。過去を振り返ってみると芸能界でも豪華絢爛で盛大な結婚式が開かれてきました。『女性セブン』が過去におさめてきた歴史に残る結婚式の数々を懐かしみながら、幸せを分けてもらいましょう。●神田正輝(71) 松田聖子(60)1985年 郷ひろみと婚約寸前で破局となった彼女が選んだのは11才年上の共演俳優。郷との破局から5か月での結婚は、“聖輝の結婚”と騒がれた。●三浦友和(70) 山口百恵(63)1980年「この人の妻と呼ばれることに喜びと誇りを感じます」と潔く引退を決意した百恵さん。“ゴールデンコンビ”と呼ばれたふたりの結婚を日本中が祝福。●故・内田裕也さん(享年79) 故・樹木希林さん(享年75)1973年 当時、悠木千帆の名前で活動していた彼女は、結婚後に改名して「樹木希林」という名前に。ペアルックで臨んだ仏前挙式では手には数珠を提げて臨んだ。●故・朝丘雪路さん(享年82) 故・津川雅彦さん(享年78)1973年 不倫の恋と呼ばれたふたりは、何度も結婚の噂が出るたびに、否定をしてきたが結婚。晩年は、朝丘が2018年に亡くなると、その4か月後に津川も後を追うようにこの世を去った。●吉永小百合(77) 岡田太郎さん 1973年 人気絶頂の吉永が15才年上のフジテレビディレクター(当時)と入籍したことでサユリストの間では騒動に。この結婚に関して彼女の両親は頑なに結婚を認めなかった。●桑田佳祐(66) 原由子(65)1982年 大学時代からの音楽仲間とプロになりそのまま結婚。ファン2000人を招待するという異例の式となり、会場は関係者を含めて2300人でごったがえした。●布袋寅泰(60) 今井美樹(59)1999年 ハワイで挙式後、東京・青山のウエディング会場で披露宴。「これからもよろしく!と笑顔で申し上げる次第でございます」とコメント。●五木ひろし(74) 和由布子(63)1989年 昭和天皇のご病気で延期したが、7か月後無事に挙式。着物モデルの仕事で知り合い、7年後の再会で恋に落ちた。●小室哲哉(63) KEIKO(49)2002年 招待客は700人、ウエディングケーキは2m、総額5億円のド派手式は小室にとっては再々婚。テレビ中継され、視聴率は15.5%を記録した。●郷ひろみ(66) 大根田名美さん 2000年「23時間55分は郷ひろみだけど、5分間は原武裕美」、「原武裕美は結婚しても、郷ひろみは結婚しない」との名言を残し、ニューヨークのアルマーニブティックの店員だった彼女と結婚。●小栗旬(39) 山田優(37)2012年 ドラマの共演をきっかけに急接近したふたり、結婚報告会見で山田が、何卒を“なにそつ”と読み間違えたことが話題となった。そして、今年結婚10周年を迎えた。●リン・チーリン(47) EXILE AKIRA(40)2019年 台湾の国民的女優との結婚は、現地では“格差婚”として報道された。彼女は、今年1月31日47才で第1子を出産し、ママの顔も持つこととなった。●DAIGO(44) 北川景子(35)2016年 北川が“1”が好きという理由で1月11日11時11分に入籍。結婚発表会見ではプロポーズの言葉について「“KSK”。(K=)結婚(S=)して(K=)ください」とDAI語だったことが明かされた。●杏(36) 東出昌大(34)2015年 NHKの連続テレビ小説『ごちそうさん』での共演をきっかけに結婚したが、東出の“匂わせ不倫”が発覚し離婚。代償の大きすぎる不倫として話題となった。●ソン・イェジン(40) ヒョンビン(39)2022年 大ヒットドラマ『愛の不時着』で恋人役を演じた後は、何度も交際報道を否定してきたふたりだが、2月に電撃結婚。世界中から祝福の声が寄せられた。●藤原紀香(50) 片岡愛之助(50)2016年 世界遺産の京都・上賀茂神社で挙式。出会いのきっかけは、藤原が主演していたミュージカルを片岡が見に行ったことから交際に発展した。写真/女性セブン写真部※女性セブン2022年6月16日号
2022.06.04 16:00
女性セブン
中村芝翫の不倫相手 藤原紀香と結婚前の片岡愛之助との交際歴も
中村芝翫の不倫相手 藤原紀香と結婚前の片岡愛之助との交際歴も
 またもや女性関係で世間を騒がせた中村芝翫(55才)。2016年9月に京都の元芸姑との不貞行為が発覚してから約4年、再び不倫が報じられたのだ。『週刊文春』によると、お相手はアンジェリーナ・ジョリー似の23才年下女性で、芝翫は昨年11月下旬、京都ロケにかこつけて、高級ホテルでこの女性と3連泊したという。 東京で関係者が不倫スキャンダルの後始末に追われる一方、逢瀬の場となった京都では、早くも“第2波”が襲っていた。芝翫の“相手女性”に関して、こんな噂が飛び交っていたのである。片岡愛之助(48才)が、藤原紀香(49才)と結婚する前にこの女性と関係を持っていたというのだ。彼女の知人が話す。「彼女は長年の歌舞伎ファンで、ほかに親密な関係になった歌舞伎俳優もいたんです。芝翫さんの前には愛之助さんと交際していた時期もあったみたい。実際に携帯の画面で愛之助さんとのやりとりを見せられて、自慢されたこともありましたから……」 折しも芝翫と愛之助は、東京・歌舞伎座の1月公演『壽 初春大歌舞伎』の第三部『らくだ』で共演中だ。「おそらく芝翫さんは知らないはず。記事を読んだ愛之助さんは、内心“おれの元カノやんか!”と思っているのではないでしょうか」(前出の知人) 芝翫の妻・三田寛子(54才)が知ったら呆れ返りそうな噂は、これだけではない。芝翫の不倫に関して、京都では氷山の一角に過ぎないというのがもっぱらだ。「今回はたまたまアンジェリーナ・ジョリー似の女性と撮られましたが、彼はモテるので、京都での女性関係はあまりにも華やかです。地方に出向いたときには、毎回知り合った女性に“ぼくが泊まっているホテルまで送ってくれますか?”と冗談まじりに声をかけているようですよ」(別の梨園関係者) 全部バレなくてよかった──不倫記事を読んだ芝翫は、むしろ胸を撫で下ろしているかもしれない。※女性セブン2021年1月28日号
2021.01.14 16:00
女性セブン
市川海老蔵 「風水には頼らない」と公言するも、験担ぎは守る
市川海老蔵 「風水には頼らない」と公言するも、験担ぎは守る
 節分には恵方巻きを、受験や就職活動など大事な勝負の前にはとんカツを食べる──。節目節目に縁起を担ぐ日本人にとって、年末年始は験担ぎの“旬”ともいえる。例えば、年越しそばは「そばのように細く長く過ごせるように」という意味を持ち、おせち料理の黒豆には「黒く日焼けするほどマメに、勤勉で健康に暮らせるように」との願いが込められている。 とりわけ「名家・名門」と呼ばれる家では、独自の験担ぎが代々連綿と受け継がれてきた。2021年を素晴らしい1年にするために、そんな験担ぎを参考にしたい。 400年以上の歴史を持つ歌舞伎の世界。元日は公演が休みで、役者たちは一門の新年会や関係者への挨拶まわりで一日を過ごす。「名門・成田屋の元日はまず朝食前に風呂に入り、身を清めるのが習わしです。市川海老蔵さん(43才)は、風水やパワーストーンには“もう頼らなくなった”と公言していますが、受け継がれた験担ぎは必ず守っているようです」(歌舞伎関係者) 中村芝翫(55才)や橋之助(24才)を擁する成駒屋と、中村勘九郎(39才)や七之助(37才)を擁する中村屋では、大晦日にそば屋『室町砂場』(東京・中央区)でそばを食べるという。「創業150年余の老舗で、天ざる・天もり発祥の店。大晦日には行列ができる人気店ですが、三田寛子さん(54才)、前田愛さん(37才)らも一緒に、行列に並んでいます」(前出・歌舞伎関係者) と、ここまではどこの家庭とも変わりなさそうだが、運気が上がりそうなのは“お年玉”の渡し方。「新年会は東京・神谷町にある芝翫さんのご実家で開かれます。弟子たちにお年玉を渡すとき、着物姿で、手渡しではなく扇の上に載せて渡すのが作法です。実家は稽古場もあり、一門にとって重要な場所ですから『扇の要』のように大切な場所という意味が込められているのかもしれません」(前出・歌舞伎関係者) 片岡愛之助(48才)の年末年始のお作法は“郷に入れば郷に従え”の精神そのものだ。「京都・大阪・東京各地での活躍を願い、正月三が日に分けて、3種類の雑煮を食べるそうです。京都なら白みそに丸餅、東京なら濃い醤油だしに四角い餅を入れると聞きます」(前出・歌舞伎関係者) ※女性セブン2021年1月8日号
2021.01.01 16:00
女性セブン
『半沢直樹』、ネット大喜利がブーム ドラマ視聴に新たな形
『半沢直樹』、ネット大喜利がブーム ドラマ視聴に新たな形
 毎回、20%を超える世帯視聴率を叩き出している人気ドラマ『半沢直樹』(TBS系)。ドラマの放送中や放送後に、視聴者が“参加”する「ネット大喜利」が盛り上がりを見せている。こうしたテレビの新たな楽しみ方について、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * コロナ禍による放送中断もまったく関係なし。2週間ぶりに放送された13日の第8話が自己最高の世帯視聴率25.6%を記録し、クライマックスに向けて大いに盛り上がる『半沢直樹』(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 原作小説を大胆に脚色した脚本、スピード感と重厚感を併せ持つ演出、それに応える俳優たちの熱演……盛り上がる要素が多い中、もう1つ特筆すべきは「放送中や放送後にネット上で大喜利を楽しむ人が増えている」こと。まるで『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)のように盛り上がっているのです。下記にいくつかの例を挙げていきましょう。 第1話のラストカットで、大和田暁取締役(香川照之)が「そうですか。半沢くんが動き出しましたか。ご報告どうも」と言って通話を切り、スマホを大テーブルの奥に放り投げるシーンがありました。ここで「届かないであろうスマホをどう回収するのか?」というネット大喜利がスタート。「よつんばいでしょ」「テーブルクロス引きで」「ドローンで回収!」「マジックハンド」「“カマキリ先生”になったら前足が届くと思う」(『香川照之の昆虫すごいぜ!』のキャラクター)。 コロナ禍の影響で次回放送が延期になり、生放送の代替番組が発表されると、すぐにネット大喜利がスタート。「オープニングは大和田が『特別編、始まりますです!ですですDEATH!』」「じゃあエンディングは半沢が指で数えて『来週もおーねーがーいーしーまーす!』」「曽根崎を挟んで、半沢&大和田の生『さあさあさあ』が見たい」「撮影は半沢たちが常連の小料理屋。井川遥アリで」。 さらに番組サイドが生放送で出演者にぶつける質問を募集すると、再びネット大喜利スタート。「(堺雅人さんに)香川さんのアドリブに笑いをこらえる秘けつは?」「(香川さんに)頭取と虫取りどっちになりたい? 出演者の皆さんを昆虫にたとえたら?」「(片岡愛之助さんに)“直樹”って生で呼んでみて」「(前作の)壇蜜さんのネイルサロンはオープンした?」「大和田暁スピンオフの可能性は?」。香川照之もネット大喜利の仕掛け人に 先週13日の第8話でも、意外なシーンでネット大喜利がスタート。半沢直樹(堺雅人)と黒崎駿一(片岡愛之助)が対峙しているとき、割って入った部下の古谷(宮野真守)を黒崎は「あんたは黙ってなさい!」と一喝し、股間をわしづかみにしました。これを見た人々から、「マモの大事にマモってる所が黒崎の標的に」「黒崎さんにつかまれるマモのマモ」「ナムアミダブツ…」。 また、第9話の放送を待つ現在もネット大喜利の真っ最中。予告映像に半沢が「やられたらやり返す。3人まとめて(倍返しだ)」と叫ぶシーンがあり、「その3人は誰なのか?」というネット大喜利がスタートしたのです。「たけし、さんま、タモリ」「信長、秀吉、家康」「バース、掛布、岡田」「JFKもおねしゃす」「武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也」「大和田、香川照之、市川中車」「菅、石破、岸田」「東京03」。 しかもこのネット大喜利は香川さんがツイッターで、「一体どの3人?」と問いかけたことで、さらにヒートアップ。出演者も視聴者とともにネット大喜利を楽しんでいるのです。 その他でも、大和田の顔に関係のないフレーズを重ねて笑いを誘い合うなど、ネット大喜利は広がりを見せています。ドラマにおけるネット大喜利にはどんな効果があり、他作への影響はあるのでしょうか。ドラマをより能動的に楽しむために 制作サイドにしてみれば、視聴者によるネット大喜利は大歓迎。「どんどんやってほしい」と思っていますし、むしろ「ネット大喜利が発生するシーンをどう作るか」を考えています。 ネット大喜利が盛り上がる最大のメリットは、視聴者のリアルタイム視聴を促進するから。放送後の録画視聴やネット視聴ではなく、リアルタイムで見てもらい視聴率の獲得につなげたいのです。 基本的にネット大喜利は瞬発力勝負であり、熟考するのではなく、思いついたらどんどん書き込んでいくもの。「これはお題だ」と感じた瞬間からスタートし、多くの人々が呼応することで盛り上がりますが、いつ次のお題に変わるかわからないため、リアルタイムで見ることが大前提となります。 好きなものを好きなときに見られるオンデマンドが普及して便利になった一方で、「今でなければダメ」というライブ感のあるコンテンツは希少価値が高くなりました。ネット大喜利の存在が全話世帯視聴率20%超の脅威的な数字に貢献しているのは間違いないでしょう。 もともとドラマは、「スタッフとキャストが作ったものを見る」という視聴者が受け身になりやすいタイプのコンテンツ。しかし、ネット大喜利をしながら『半沢直樹』を見ている人々は「自ら参加する」という感覚で、より能動的にドラマを楽しんでいます。能動的な視聴の例としては、映画『天空の城ラピュタ』の「バルス」が有名ですが、頭を使って考え、楽しく競い合うネット大喜利は、より進化した楽しみ方と言えるのではないでしょうか。 録画やネットでの視聴が普及した今、世帯視聴率15%以上を獲得する作品は、年数本程度になりました。これまで通りの受動的な姿勢で見る人々だけでなく、「自ら発信して楽しみたい」という能動的な姿勢の人々を取り込まなければ、『半沢直樹』のようなヒット作になることは難しいのです。 また、多くの人々がネット大喜利に参加することで、ツイッターのトレンドワードにランクインし、出演者が反応することでメディアが記事化するなど、反響は広がる一方。今後もネット大喜利が盛り上がるような脚本・演出を仕掛けるドラマは間違いなく増えるはずですし、新たなドラマの楽しみ方として定着していくでしょう。【木村隆志】コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。
2020.09.20 07:00
NEWSポストセブン
【動画】片岡愛之助、隠し子騒動のA君と交流を持ち続けていた
【動画】片岡愛之助、隠し子騒動のA君と交流を持ち続けていた
 2011年、隠し子の息子がいると報じられた片岡愛之助さん。当時、片岡さんは息子を認知もしていないと発表していましたが、親子関係には変化が生まれているようです。 息子・Aくんの親戚によると「認知もされていてね。いまもAは愛之助さんと2人で会っているんですよ。愛之助さんは“Aが素直に育ってくれていてうれしい”って言っています」とのこと。 片岡さんがAくんに会いだしたのは2016年ごろ。その後、交流を続け、もちろん養育費も払っているそうです。
2020.08.29 16:00
NEWSポストセブン
一人息子と会う頻度高まる片岡愛之助 直撃に「フフフフフ」
一人息子と会う頻度高まる片岡愛之助 直撃に「フフフフフ」
 片岡愛之助(48才)には、2011年に「隠し子」と報じられた一人息子がいる。愛之助は当時、記者会見で「認知していない」と答えていた。もう交わることがないように思えた親子は、新たな関係を築いていた──。 因縁の相手を見つけるや、顔を接近させて熱烈なウインクをお見舞いする。「あなたが担当者だなんてねぇ。おかげで、ファイト、まん・まん・よ!」 8月23日、堺雅人(46才)主演のドラマ『半沢直樹』(TBS系)の第6話で1人の男が登場すると、SNS上は彼に関する投稿でお祭り騒ぎとなった。主人公・半沢に敵対心を持つ金融庁の黒崎駿一検査官を演じる、片岡愛之助だ。喜怒哀楽の激しい表情やオネエ言葉がハマり役だと評判だが、歌舞伎役者の枠を超えた活躍を、“彼”はどんな思いで見ているのだろうか。 8月中旬、関西地方の閑静な住宅街で、Tシャツに短パン姿の青年が丁寧に自宅の玄関先を掃除していた。短髪が少し伸びた黒髪に、ハッキリした濃い眉毛。凜々しい顔立ちは、父親譲りであることがよくわかる。この青年は、愛之助の一人息子・Aくんだ。背格好も父親そっくりで、現在は大学生になっている。「Aくんは、愛之助さんと大阪・北新地のラウンジで働いていたB子さんとの間に、2000年に誕生した子供です。当時、愛之助さんはAくんの存在を公表していませんでした。2011年に“隠し子”として報道されると、愛之助さんはすぐに会見を開いて、“女性とは入籍しておらず、子供の認知もしていない”が、“(認知は)子供が大きくなったときに、本人の意見を聞いて決める”と記者の質問に答えていました。その後2016年4月に『週刊文春』で愛之助さんとB子さんがAくんの“DNA鑑定を巡ってもめている”との記事が出たため、愛之助さんとAくんは没交渉だとみられていました」(芸能関係者) 2016年といえば、3月に愛之助が藤原紀香(49才)と結婚した年でもある。あれから4年。親子関係に大きな変化が生まれていた。Aくんの親族が明かす。「愛之助さんには、ちょっとほったらかしにされた時期があったり、いろいろとありましたけどね。でもちゃんとしてもらっています。もちろん、認知もされていてね。いまもAは愛之助さんと2人で会っているんですよ。愛之助さんは“(Aが)素直に育ってくれていてうれしい”って言っています」直撃に愛之助は「フフフフフ…」 愛之助は、大阪府堺市にあった町工場の長男として生まれた。幼い頃から習い事感覚で芸能プロダクションの養成所に通い始め、9才で才能を見出されると、故・十三代目片岡仁左衛門(享年90)の部屋子になった。部屋子とは、実子と同じように楽屋で芸や礼儀作法を学べる特別な弟子のこと。 しかし、歌舞伎は何よりも血筋を大切にする世界。部屋子として英才教育を施されたとはいえ、愛之助に与えられるのはせりふがほとんどない役ばかりだった。そんな愛之助に転機が訪れる。19才のときに仁左衛門の息子、二代目片岡秀太郎(78才)の養子となり「愛之助」を襲名すると、次第に大きな役が回ってくるようになる。B子さんと出会ったのは、ちょうどその頃だった。「B子さんの妊娠がわかったとき、愛之助さんは“まだ修業中の身だから”と結婚に踏み切れなかった。それでも2人は話し合いを重ね、産むことを決めたといいます。愛之助さんは大阪府内にマンションを買って、B子さんとAくんと一緒に暮らしていた。でもAくんが4才くらいのときに、愛之助さんが出て行ってしまったそうです」(B子さんの知人) B子さんは夜間学校に通って資格を取り、Aくんを育ててきた。「大阪のマンションでは、突然、愛之助さんの姿が見えなくなったものだから、近所の人も不思議がっていたそうです。そんな人目を避けて、B子さんとAくんは引っ越しました。B子さんのお母さんと3人で暮らしていたようですよ。B子さんは、その後Aくんを育て大学にまで通わせています」(前出・B子さんの知人) 愛之助がマンションを出て以降、Aくんが高校生になるまで会うことはなかったという。だが、あるときを境に親子は急接近する。愛之助の知人が、当時を振り返る。「2016年頃に、愛之助さんが突然“息子に会いに行く”と言い出したんです。それまでは息子さんの話を口にすることさえなかったので、びっくりしました。どこかうれしそうだったのが、印象に残っています。 他人には言っていないだけで、愛之助さんはB子さんともAくんともずっと交流を続けていたようなんです。もちろん、養育費も支払っていると聞いています。 Aくんが生まれたときは修業中だったけど、この頃には押しも押されもせぬスター役者になっていましたからね。歌舞伎界でのポジションも確立し、Aくんに堂々と会える余裕が出てきたのかなと感じました。紀香さんとの結婚を発表した後だったから、親として自らの言葉で説明したいという気持ちもあったのかもしれません」 その後、Aくんと会う頻度は増えていったという。前出の親族が言う。「Aが将来について、愛之助さんに相談することもあるようです。最近、Aは笑いながらやけど、“歌舞伎役者は嫌やぁ”と言うとります」 Aくんがこう口にするのは、愛之助との会話の中で、歌舞伎が話題にのぼることがあるからなのかもしれないが、そこには、愛之助の親心が見え隠れする。「愛之助さんは部屋子出身という事情はあるけれど、歌舞伎界の厳しさを人一倍知っています。だからか、“子供が男の子だったら、歌舞伎役者が宿命づけられてしまう。それが不憫だ”と、口にしていたこともありました。 もともと、B子さんはAくんに歌舞伎役者になってほしい気持ちもあったし、Aくんはそんな母親の思いも知っている。当然、歌舞伎界を意識したこともあるでしょう。でも愛之助さんはAくんに、“歌舞伎役者にならなくていい”“自分の思う道を行ってほしい”と話しているようです」(前出・愛之助の知人) 愛之助は2018年に、自分と同じ一般家庭出身の片岡愛三朗(当時15才)を部屋子として弟子にとり、一門の次世代を担う後継者としての育成を始めている。『八月花形歌舞伎』出演後の愛之助を、歌舞伎座で直撃した。 Aくんの「認知」や「現在の関係」について口を開くことはなかったが、Aくんが冗談交じりに「歌舞伎役者にはなりたくない」と周囲に話していることを伝えると、「フフフフフ」と笑みを浮かべて、優しい父親の表情になったのだった。 新たな親子関係が築かれていた。※女性セブン2020年9月10日号
2020.08.27 07:00
女性セブン
ついに続編が始動か
『99.9』再放送の裏に『半沢直樹』続編にかけるTBSの狙い
 コロナ禍でドラマ制作が苦戦を強いられる中、再放送で過去の名作ドラマが放送されるケースが増えている。TBSの日曜劇場では『下町ロケット』『ノーサイド・ゲーム』が放送。同枠では、その次に『99.9 刑事専門弁護士』の特別編が放送される。そこにはTBSのある狙いがあるという。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * 5月31日21時からTBSの名門枠・日曜劇場で『99.9 刑事専門弁護士 特別編 第1夜』が放送されます。同作は松本潤さん主演のリーガルドラマで、2016年と2018年の二度に渡って放送。一話完結で事件解決する爽快感と、小ネタをふんだんに盛り込んだ脱力感がウケて、2作とも全話平均17%超の世帯視聴率を獲得しました(ビデオリサーチ、関東地区)。 そのため特別編の放送が発表されたとき、ネット上には喜びの声が飛び交っていましたが、一方で「『半沢直樹』はまだか」「放送中止だけは避けてほしい」などと落胆するコメントも見られました。視聴者が複雑な心境になってしまうのも仕方がないでしょう。今春の日曜劇場には、7年ぶりの続編となる『半沢直樹』が予定され、4月19日の第1話スタート前となる5日と12日にも『半沢直樹 特別総集編』(前シリーズの再放送)が予定されていました。 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で『半沢直樹』の続編は撮影休止になってしまい、急きょ4月5日、12日、19日に『下町ロケット 特別総集編』、4月26日、5月3日、10日、17日、24日に『ノーサイド・ゲーム 特別編』が放送されました。この3作はいずれも池井戸潤さん原作小説のドラマであり、「『半沢直樹』続編にいい形でつなぎたい」という戦略によるものです。 ネット上には『下町ロケット』『ノーサイド・ゲーム』『半沢直樹』と続く流れを知った人々が親しみを込めて、「日曜劇場が“池井戸劇場”になった」なんて声をあげていましたが、撮影休止期間は当初の想定以上に長期化。8週間に渡って『下町ロケット』『ノーサイド・ゲーム』を放送しても、まだ『半沢直樹』続編スタートのメドが立たなかったのです。 池井戸潤さんの原作小説を日曜劇場で放送したドラマには、まだ『ルーズヴェルト・ゲーム』『下町ロケット2』『陸王』の3作が残っていて、これらの特別編を放送することもできたでしょうが、実際に選ばれたのは『99.9 刑事専門弁護士』。なぜ8週間に渡って放送された“池井戸劇場”の流れを断ち切って、世界観の異なる『99.9 刑事専門弁護士』に変更されたのでしょうか。◆すべては『半沢直樹』続編のために 池井戸潤さん原作小説のドラマと『99.9 刑事専門弁護士』は、2010年代の日曜劇場で最も多くの人々から支持された、言わば“2大切り札”。TBSにとっては絶対的な自信のある作品であり、前例のないコロナ禍のピンチだからこそ、この両作を編成したのでしょう。 あらためて経緯を振り返ると、コロナ禍がこれほど深刻化するとは思っていなかった3月から4月の段階では、『半沢直樹』続編にいい形でつなげるために、同じ池井戸潤さん原作の『下町ロケット 特別総集編』が編成されました。これはドラマにおける番宣のセオリー通りであり、何の不安もなかったでしょう。 しかし、その後『ノーサイド・ゲーム 特別編』を編成しても『半沢直樹』続編の撮影は再開できませんでした。このまま池井戸潤さん原作のドラマを続けると、名作であるにも関わらず視聴者が慣れてしまい、『半沢直樹』続編の放送前に「お腹いっぱい」の印象を与えかねません。それよりも「池井戸潤さん原作のドラマからいったん離れて、もう1つの自信作である『99.9 刑事専門弁護士』でリフレッシュしてらおう」という考えは合点がいきます。 また、『下町ロケット 特別総集編』『ノーサイド・ゲーム 特別編』の放送時に、「面白いんだけど、やっぱり『半沢直樹』が待ち遠しい」「できれば『半沢直樹』の前シリーズをもう一度フルで見たい」というコメントを多数見かけました。前シリーズが放送された2013年から7年間も待たされた視聴者の待望論は強烈なものがあるだけに、TBSとしても難しい選択を強いられていたのでしょう。 4月5日から8週にわたって“池井戸劇場”を放送し続けたのも、5月31日から『99.9 刑事専門弁護士』を放送するのも、すべては「『半沢直樹』の続編を存分に楽しんでもらうため」なのです。◆「半沢直樹イヤー」だから『99.9』が必要 TBSは「2020年は半沢直樹イヤー」というフレーズを掲げて、正月三が日の1月3日に『エピソードゼロ ~狙われた半沢直樹のパスワード~』を放送。これは『半沢直樹』続編の前日譚となるストーリーであり、「春の続編に向けたウォーミングアップ」というムードでファンを喜ばせました。 次に2月11日から3月31日まで、ラジオドラマ『半沢直樹 敗れし者の物語by AudioMovie』 を8週間にわたって放送。前シリーズに登場した東京中央銀行大阪西支店の浅野匡支店長(石丸幹二)、「机バンバン」こと人事部長の小木曽忠生(緋田康人)、西大阪スチール社長の東田満(宇梶剛士)、金融庁検査官の黒崎駿一(片岡愛之助)ら悪役が登場して話題になりました。 さらに特筆すべきは、「続編スタートに先がけて前シリーズの特別総集編を日曜劇場で放送する」という戦略。ドラマの総集編(再放送)をゴールデンタイムで2週×約2時間にわたって放送するのは異例の編成であり、この情報が解禁された3月15日は各メディアが驚きを交えて報じました。『半沢直樹』続編にかけるTBSの熱量は過去最高レベルであり、だからこそ「誤算はあったけど、いったん“池井戸劇場”から離れて『99.9 刑事専門弁護士』を放送することを最善策として選んだ」ことが推察されるのです。 視聴者を7年間待たせた上に、放送直前になって2か月以上待たせていることが、『半沢直樹』の続編にどんな影響を及ぼすのか。いまだ第1話の放送日が発表できないだけに『99.9 刑事専門弁護士』にかかる期待は大きく、新たに撮影された松本潤さんらの特別メッセージや、DVD-BOXに収録されていたオーディオコメンタリーを副音声で放送するなどの工夫も見られます。まずは『99.9 刑事専門弁護士』がどのくらい盛り上がるのか、注目してみてはいかがでしょうか。【木村隆志】コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。
2020.05.31 07:00
NEWSポストセブン
【動画】藤原紀香&片岡愛之助 ラブラブ“ペアルック”写真
【動画】藤原紀香&片岡愛之助 ラブラブ“ペアルック”写真
 4月中旬、藤原紀香さんと片岡愛之助さんの姿を都内でキャッチしました。 愛之助さんの運転する高級外車から降りたふたりは、黒のキャップに色違いのおそろいのパーカーという姿。結婚5年目を迎えたいまも、ラブラブのペアルック姿で寄り添いながら歩く姿が印象的でした。 舞台やドラマの現場はストップしていますが、ふたりは仲良く過ごしているようです。うらやましいですね!
2020.04.27 16:00
NEWSポストセブン
帽子&フードを被った愛之助&紀香
藤原紀香&片岡愛之助 黒キャップ&パーカーのペアルック
 新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続くなか、自慢の手料理とともに、自らの自粛ライフを頻繁にブログにアップしている藤原紀香(48才)だ。 彫刻のようにメリハリあるカラダに導くという「彫刻リンパマッサージ」なる聞き慣れない施術を受けているなど、“メンテナンス情報”がアップされることも多い。 しかし、その一方で、夫の片岡愛之助(48才)との日常が綴られることは、ほとんどない。もしや、巷で話題の新型コロナによる家庭不和か?と思いきや…。 4月中旬、紀香と愛之助のふたりの姿を都内でキャッチした。 愛之助の運転する高級外車から降りたふたりは、黒のキャップに色違いのおそろいのパーカー姿。結婚5年目の木婚式を迎えたいまも、ラブラブの“ペアルック”だった。 外出自粛の生活も仲良く過ごしているようだ。※女性セブン2020年5月7・14日号
2020.04.25 16:00
女性セブン
帽子をとって挨拶する愛之助と今井
今井翼が松竹所属へ、地元の先輩・中居正広に相談か
 元「タッキー&翼」の今井翼(38才)が、片岡愛之助(48才)や尾上松也(35才)らが所属する松竹エンタテインメントに電撃移籍する。4月1日付で正式加入するが、その裏には約10か月におよぶ葛藤があったという。「中居正広さん(47才)や錦戸亮さん(35才)をはじめジャニーズ事務所を退所して“独立”するケースは多いですが、ほかの事務所への移籍は、大変珍しいことです」(芸能関係者) 今井は滝沢秀明(37才)とのユニット「タッキー&翼」で活躍したが、2014年にメニエール病を発症し、2018年3月に芸能活動を休止。同年9月にジャニーズ事務所を退所し、治療に専念していた。「昨年の4月頃、体調が戻りつつあった今井さんは本格的に芸能活動の再開を考え始めました。ただ、個人事務所でやっていく自信はなかったようで、ほかの芸能事務所への所属を模索したんです。そこで頼ったのが、2014年の舞台『GOEMON 石川五右衛門』での共演以来、公私共に仲のよい愛之助さんでした。今井さんが今年2月の歌舞伎舞台、『NOBUNAGA』で復帰したのも愛之助さんの尽力があったようです」(前出・芸能関係者) 松竹への所属についてもトントン拍子で進んだというが、当の今井はなかなか一歩を踏み出せなかったという。「芸能活動は続けられないとジャニーズ事務所を退所したのに、別の事務所で復帰することはファンやスタッフへの裏切りにならないか葛藤があったようです」(前出・芸能関係者) 今井の相談に乗っていたのが中居だったという。中居は今井にとって小中学校が同じ地元の先輩。普段から何かと面倒を見てもらっている仲だ。「中居さんの後押しもあり、今井さんは決断。当初の予定では2月の復帰舞台で移籍を発表するはずでしたが、お世話になった先輩が退所をすることを知り、中居さんの会見を待っての発表となったようです」(前出・芸能関係者) 新天地で大きな翼を広げてほしい。※女性セブン2020年3月26日・4月2日号
2020.03.15 16:00
女性セブン
明智光秀(長谷川博己)。第6回では三好・松永の窮地を救う場面が描かれた(写真提供:NHK)
『麒麟がくる』の複雑な人間関係、5分でわかる解説
 NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』は、主人公・明智光秀の“謎に包まれた前半生”に焦点を当てている。2月までに放送は6回を数えたが、耳慣れない登場人物名が続き、その複雑な関係性に戸惑う視聴者も多いかもしれない。歴史作家の島崎晋氏が解説する。 * * *『麒麟がくる』が面白い。番組ホームページも充実していて、大河ドラマ好きとしてはありがたい限りだが、登場人物が多く、物語も京から美濃、美濃からまた京へと舞台が飛び飛びなので、少々混乱している人もいるかもしれない。ここではそんな読者のために基礎的なところを整理しておこう。 ときは戦国時代。室町幕府が存在するとはいえ、その支配は後の江戸幕府とは比較にならないほど形骸化していた。江戸幕府と同じく全15代を数えながら、3代・足利義満を頂点として将軍の権勢は弱まるばかり。幕府の実権は将軍の補佐役である「管領(かんれい)」や都である京周辺の治安を司る「侍所頭人(さむらいどころとうにん)」の手に移っていった。 地方に目を転じれば、「守護(*注1)」や「守護代(*注2)」による支配から、戦国大名による領国支配へと変化した時期でもあった。ドラマ第6回までに登場した人物では、美濃の斎藤道三(本木雅弘)、尾張の織田信秀(高橋克典)、今川義元(片岡愛之助)が挙げられる。【*注1:守護/室町時代には一国全体の支配権を確立した。守護大名とも】【*注2:守護代/数か国を兼ねる守護が任国の管理のために派遣する家臣】 この頃に特徴的なのが、盛んに起こった一揆や戦国大名の台頭に象徴される「下剋上」の風潮だ。今川義元がれっきとした駿河守護の家系であるのに対し、親子二代で国盗りをしたと言われる斎藤道三は守護代・斎藤氏の家名を奪い、織田信秀にいたっては守護代・織田氏の傍流に過ぎなかった。全国的に見れば、守護大名がそのまま戦国大名に移行する例は稀だった。 各地の戦国大名が京の天皇と将軍を敬うのは官位官職が欲しいときだけ。あとは一切命令に従わず、隣国との戦乱に明け暮れる──それこそが、『麒麟がくる』の主人公・明智光秀(長谷川博己)がまだ斎藤道三の家臣だった頃の実情だった。 美濃国の本来のトップは守護職を代々務める土岐氏だが、織田信秀と結んで道三から権力奪回を図ろうとした土岐頼純(矢野聖人)は毒殺され(ドラマ第2回)、新たな傀儡として土岐頼芸(尾美としのり)が擁立された(同3回)。斎藤道三がみずから守護職につかないのは、父の代に他国から流れてきた新参者で、土着勢力から心服を得るまでにいたらずにいたからだった。 一方、京とその周辺では、13代将軍・足利義輝(向井理)、幕府管領・細川晴元(国広富之)、細川の家臣・三好長慶(山路和弘)、その三好の家臣・松永久秀(吉田鋼太郎)らが暗闘を続けていた。 表向きは足利義輝→細川晴元→三好長慶→松永久秀の序列が尊重されながら、現実には下3人がほぼ横一線上にあった。三つ巴と言うか三すくみと言うべきか。天秤を動かす力が現われれば、いつ均衡が崩れてもおかしくなかったのが当時の京の勢力図であった。 ドラマ第6回では、将軍と細川晴元、三好・松永陣営の三者間による鉄砲獲得競争に加え、細川晴元による三好・松永襲撃事件が描かれた。ひょんなことから計画を知った光秀が助太刀に馳せ参じ、三好・松永の窮地を救うという展開だったが、そうした史実はない。襲撃事件自体も完全な創作だが、当時の空気をわかりやすく見せてくれており、多くの視聴者の期待に応えたと言えるのではないか。 同じく第6回では、細川晴元が諸臣が居並ぶ将軍の御前で許可なく鼻をかんだことを例に挙げ、将軍側近の細川藤孝(眞島秀和)が憤る場面が出てくる。これは現実にあってもおかしくない光景だろう。 将軍側近の三淵藤英(谷原章介)や細川藤孝からすれば、幕臣・細川晴元の家臣である三好長慶や三好の家臣・松永久秀は本来、歯牙にもかけないような存在だ。下剋上はびこる戦国の世であれば、実力こそが物を言う。太平の世とは異なる論理が働いていた関係上、第5回で描かれた三淵藤英が松永久秀の陣屋を訪れる場面のように、ため口どころか、松永久秀のほうが恪上のごとく振る舞うことも許されたのだった。 第6回では、細川藤孝から将軍側近になるよう勧められた光秀が、今は無理としながら、「5年先か10年先には美濃一国挙げて将軍にお仕えする」と返答していた。それが果たして実現するのか。実現したとすれば、鉄砲を買いたい光秀のために松永久秀が一肌脱ぎ(第1回)、都の誰からも恐れられる久秀に光秀が好感を抱く(第6回)など、これまで上手くいっていた光秀と松永久秀の関係はどうなるか。それらは今後のお楽しみである。【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。著書に『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)、『いっきに読める史記』(PHPエディターズ・グループ)など著書多数。最新刊は『覇権の歴史を見れば、世界がわかる』(ウェッジ)。
2020.02.29 16:00
NEWSポストセブン
海老蔵主導の「歌舞伎役者の働き方改革」に困惑する人たち
海老蔵主導の「歌舞伎役者の働き方改革」に困惑する人たち
「歌舞伎界にも働き方改革」──こんな見出しがスポーツ各紙に躍ったのは、1月21日のことだった。 松竹は4月から歌舞伎公演に新たに休演日を設定すると発表した。歌舞伎興行は江戸時代から、原則ひと月25日間、昼夜2部制で連続上演されていた。しかし長時間労働が俳優に及ぼす影響を考え、改善した形だ。 この「働き方改革」の立役者となったのが5月に13代目團十郎白猿を襲名する市川海老蔵(42)だ。1月14日、自身のブログで、〈私 一生懸命に 色々話を進めていまして(中略)早ければ今年の四月から中日辺りに休みとなる事が現実になるかもしれません。私の襲名時には 必ずそうなるように頑張ります〉 と俳優たちの「労働環境改善」への意気込みを明かしていた。 SNS上では、ファンから「歴史的な改革だと思う」「これからのためにも本当によかった」と喝采の声が上がった。だが、その影で、歌舞伎の舞台を支える「地方」(音楽を担当する演奏家)たちからは戸惑いの声が上がっている。ベテラン芸能記者が話す。「俳優と違って地方は日給制が多く、それは人間国宝を代々輩出するような名門の御曹司でも変わらない。休みが増えるということはそれだけ収入が減るということで、彼らにとっては死活問題です。江戸時代から続く名家の跡継ぎが『これ以上収入が減ると生活ができず、廃業も考えている』と話すこともあったそうです」 海老蔵や片岡愛之助、中村勘九郎などスターの登場で「歌舞伎ブーム」が起きて久しい昨今、歌舞伎俳優の志望者は増加しているという。 しかし、舞台に欠かせない歌舞伎の音楽を学ぶ国立劇場の養成所では、2019年度、義太夫や三味線などを学ぶコースへの応募者はゼロ。開講中止という異常事態を迎えていた。 海老蔵が推し進める「歌舞伎界・働き方改革」は伝統芸能の将来をどう変えるか。※週刊ポスト2020年2月7日号
2020.01.29 07:00
週刊ポスト
【動画】片岡愛之助が「ひとりメシ」 紀香の影響でミドリムシを…?
【動画】片岡愛之助が「ひとりメシ」 紀香の影響でミドリムシを…?
 都内の人気ラーメン店で片岡愛之助さんの姿をキャッチしました。この日は妻の藤原紀香さんの姿はなく、1人でラーメンをすすり、店を後にした愛之助さん。 実はこのラーメン店、紀香さんが昔からひいきにしている店で、注目メニューのひとつはミドリムシの入ったラーメン。舞台関係者によると「紀香さんは結婚後愛之助さんの健康を気にかけていて、よく夫婦で訪れているそう」とのこと。 この日はミドリムシラーメンを食べたかはわかりませんが、夫婦の絆を感じますね!
2019.10.13 16:00
NEWSポストセブン
ミドリムシラーメンを食べたのか
片岡愛之助が1人ラーメン 紀香の影響でミドリムシ食べたか
 9月26日の午後9時過ぎ、都内の人気ラーメン店に、歌舞伎俳優・片岡愛之助(47)の姿があった。黒のキャップを目深にかぶり、黒いシャツにジーンズというラフな姿。お忍びモードでの来店だった。 この日は妻の女優・藤原紀香(48)の姿はなく、1人でラーメンをすすり、そのまま店を後にした。片岡はこの日、京都・南座で通し狂言『東海道四谷怪談』千秋楽を迎え、帰京したばかり。紀香とは京都では一緒にいたが、「その後、紀香さんは福岡に向かい、愛之助さんは東京に戻って行ったんです」(舞台関係者)。 今夜はひとりメシ……と思いきや、紀香の愛を感じながらの食事だったようだ。実はこのラーメン店、紀香が昔からひいきにしている店で、注目メニューのひとつはミドリムシの入ったラーメンだという。「ミドリムシがどっさり入ったラーメンが有名なお店だそうです。紀香さんが美容と健康のためによく食べていて、自らテレビ番組で紹介したこともあるほどなんです」(同前) ミドリムシと聞くとギョッとしてしまうかもしれないが、“ユーグレナ”という別名でも知られ、ビタミンやミネラル、アミノ酸など豊富な栄養素を含んでいて健康食材として注目されている。最近はコンビニのパンやスイーツにも使われているほどのブームだ。同店のラーメン一杯には、何と6億匹ものミドリムシを使われているという。もっとも愛之助がミドリムシラーメンを食べたのかどうかは定かではないが、前出の舞台関係者はこう続ける。「紀香さんは結婚後、愛之助さんの健康を気にかけていて、よく夫婦で訪れているそう。紀香さんがいない間でも、愛之助さんは健康を意識して訪れたのかもしれませんね」 約1か月の舞台で、愛之助の休演日はたった1日だけだったという。その1日も、紀香が出演していた舞台「サザエさん」の千秋楽を観劇するため、東京・明治座を訪れたことを自身のブログで報告。紀香について直接は触れなかったが、「とても勉強になり、笑えて泣けて感動して、とても沢山のパワー頂けました」と感想を綴っていた。 歌舞伎界きってのおしどり夫婦と呼ばれる2人。離れていても、心はつながっているようだ。
2019.10.09 16:00
NEWSポストセブン
美人セラピストとの「深夜密会」に紀香は…?
藤原紀香vs天海祐希の「サザエ対決」、周囲がざわめく事情
 今年10月、アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)が放送50周年を迎える。さまざまなイベントが企画されるなか、関係者をザワつかせているのが女優2人の“競演”だ。 東京の明治座では9月3日から、藤原紀香(48才)が主演する舞台『サザエさん』を上演中。アニメの10年後を描く内容で、波平役の松平健(65才)、フネ役の高橋惠子(64才)らが脇を固める。 一方のテレビでは、スペシャルドラマ、『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)が11月24日に放送される。こちらの主演は天海祐希(52才)。マスオ役が西島秀俊(48才)、カツオ役に濱田岳(31才)で、磯野家の20年後を描く。 ともに「看板」を張る2人は、華々しい芸歴を誇る。 藤原は1992年にミス日本に選ばれ、翌年女優デビュー。モデルやCM、司会でも才能を発揮し、歌舞伎役者の片岡愛之助(47才)の妻としても有名だ。 一方の天海は史上最速ペースで宝塚・月組のトップに上り詰め、1995年に宝塚を退団後はテレビ、舞台、映画などで幅広く活躍する。竹を割ったような人柄で全世代の好感度が高い。 2人のキャスティングに興味津々なのはテレビ局関係者。「女優としての実績は天海さんが上ですが、藤原さんは天海さんと比べられることを承知でチャレンジしています。視聴率女王とも呼ばれる天海さんを相手に、“厳しい闘い”という辛口意見もあります。ですが、今回の舞台には藤原さんの“素顔”をよく知るスタッフがいて、おっちょこちょいでお調子者のサザエさんがハマり役と評判です。 藤原さんは梨園の妻の経験からチケット捌きはお手のもの。今回も主演が決まるやいなや、友人や知人に購入をお願いしていて、舞台裏でもしっかりと貢献しています」「サザエ対決」を意識しているのは外野ばかりではない。「負けず嫌いの藤原さんは、常に同世代の女優を横目に見ながら演技に磨きをかけるタイプです。ライバル心を臆せず口にするので、それがライバル女優の耳に入ることもあるようです。天海さんのこともいろいろ話していて、それが彼女の耳に入ったこともあったとか。2人はこれまでドラマでの共演はありませんが、そんなこともあって“サザエさん後”は、さらにピリピリして周囲が気を使い、共演NGになるんじゃないかという声も上がっています」(前出・テレビ局関係者) 天海は過去のインタビューで《本当の力量を試されるのは、舞台》と語り、藤原も別のインタビューで《(舞台は)役者にスキルがなければ、観る方は飽きてしまう。観客の皆さんが、直接ジャッジできる世界》と語っていた。“先攻”で上演中の藤原の舞台を、“後攻”の天海はどう「ジャッジ」するだろうか。※女性セブン2019年9月26日・10月3日号
2019.09.11 16:00
女性セブン

トピックス

政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
女性セブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン