ROLAND一覧

【ROLAND】に関するニュースを集めたページです。

Christian BIG BOSSのプリントがある新庄
新庄剛志監督カリスマホストを匂わせる「キャンプ地入り」前の私服姿
 2月1日のキャンプインを前に、プロ野球選手たちが続々とキャンプ地入りした。昨年11月の就任以降、話題をさらっている日本ハムファイターズの新庄剛志監督は、ド派手な特注衣装で那覇空港に降り立った。しかし、“お色直し前”、私服の新庄監督もまた輝いていた。「これね、すごいんですよ! グローブ! デザイナーさんに“よかったらグローブ(のデザイン)でコート作れない?”って言ったら、ひとつのものができあがった」 1月30日、那覇空港に到着した新庄監督は、特注衣装の製作秘話をそう明かした。 2月1日から始まるキャンプインよりも一足早く、ビッグボス劇場が幕を開けた。100人を超えるファンの度肝を抜いたのは、赤を基調としたロングコート。「道具を大事にするチームにしたい」という思いが込められグローブが縫い付けられた逸品だ。足元も真っ赤な靴で揃え、金のサングラスに白い歯を見せた。 新庄監督は、出迎えのファンへのサプライズのため、飛行機を降りる前にわざわざ“お色直し”をしたという。 さかのぼること数時間前、羽田空港に現れた新庄監督は、グレーのデニムにチェックのアウター、黒のフーディというシックなカジュアルスタイル。インナーの黒Tシャツの胸元には『Christian BIG BOSS』とプリントされていた。「これは、カリスマホストのROLANDさんがプロデュースするアパレルブランドに作ってもらったものだと思われます。新庄監督はROLANDさんをプロフェッショナルと認めており、本人たちは否定しましたがこの春季キャンプで日ハムの臨時コーチとして招集する可能性も報じられました。このTシャツが二人のコラボを示唆しているかもしれませんね」(スポーツ紙記者) 羽田空港での新庄監督は、黒マスクと金色のサングラスで顔はほとんど見えないが、居合わせた人によると「すぐに気づきました。背が高くてスタイルが良くてそれだけでも目をひく。顔を見たら”ビッグボスだ!”って(笑い)」という。「手ぶらで颯爽と歩く姿はオーラ半端なかったです。二度見したくなる格好良さ。搭乗時間が迫っていたようですが、2~3人のファンに声をかけられると、立ち止まって一緒に写真を撮ってあげていました。さすがのファンサービスですよね」(別の居合わせた人)「プロ野球を変えていきたい」と監督就任会見で宣言してから3か月。さまざまな話題を振りまいたオフシーズンが終わり、ついに球春がやってくる。新庄監督の“本業”の成果やいかに。
2022.01.31 16:00
NEWSポストセブン
アニメキャラ化した自身のパネルと2ショットのROLAND
ROLAND 自身のアニメ化に「4K8Kよりも純度高い」と感嘆
“極上のホストソング”を中心とした二次元コンテンツ『FABULOUS NIGHT(ファビュラスナイト)』の発表会が、11月8日に開催。アンバサダーに就任した“ホスト界の帝王”ROLANDのほか、キャラクターボイスを担当する、大塚剛央、立花慎之介、広瀬裕也、豊永利行が登壇した。『ファビュラスナイト』は、欲望の街「ミセランド」を舞台に、美しいホストたちが歴代No.1をかけて競い合うというプロジェクト。 キャラクターによる“ホストソング“が発表されるほか、映像や“口説きセリフ”、オンラインイベントなどが展開されていくという。 今回アンバサダーに就任したROLANDは「オレ以外誰がいるのかって思いました」と自信たっぷりのコメント。さらに、「かつてミセランドを一世風靡した伝説のホスト、通称“ROLAND”」としてアニメキャラクター化されてPVに登場した自分については、「すごい似てるなと思いました。4Kとか8Kかとかあるけど、それ以上にROLANDを純度高く表現してくれました」と満足げだった。撮影/高柳茂
2020.11.14 16:00
NEWSポストセブン
【動画】ホスト界の帝王・ROLAND 2017年の改名秘話
【動画】ホスト界の帝王・ROLAND 2017年の改名秘話
 若年層を中心に大きな支持を集めている“ホスト界の帝王”ことROLANDさん。2017年に突然「東城誠」という源氏名からROLANDに改名したことが知られています。 ホスト専門誌の編集者によると「当時働いていた店舗の経営陣が主導した改名ということもあってか、本人も最初はROLANDという源氏名がしっくりきていなかったようで、親しい先輩ホストに『マジで後悔してます』と嘆いたこともあったとか」とのこと。 しかし、ROLANDという突拍子もない名前が現在のキャラクターと絶妙にマッチし、人気を生んだのかもしれません。
2020.01.21 07:00
NEWSポストセブン
SNS上での発言にも注目が集まる(時事通信フォト)
ホスト界の帝王ROLAND 他人を傷つけないスタンスでブレイク
 いわく「世の中には2種類の男しかいない。俺か、俺以外か」「生きてることが社会奉仕」「人間は酸素を吸うと二酸化炭素を吐くらしいが、俺は酸素を吸うと名言を吐いてしまう」……。“ホスト界の帝王”ことROLAND(ローランド)の名言の数々が、若年層を中心に大きな支持を集めている。 歯の浮くようなフレーズに加えて華麗な金髪とたくましい肉体、「避妊」のために装着しているというサングラスなど、フィクションの世界から飛び出してきたような強烈なキャラクターで“ローランダー”と呼ばれる熱狂的なファンを量産。2019年3月に刊行された初の著書『俺か、俺以外か。 ローランドという生き方』(KADOKAWA)は増刷を重ね、15万部超のヒットを記録した。 現在はホストとしては第一線を退いているものの、タレント・実業家として各メディアに引っ張りだこ。“ホスト界の帝王”という仰々しい肩書きが示すように、大小のホストクラブがひしめく歌舞伎町で名をあげたROLANDだが、現役時代の力量はどれほどのものだったのだろうか。業界に明るいホスト専門誌の元編集者A氏は、以下のように語る。「近年の歌舞伎町には、ROLANDよりも売上金額や指名本数が多いホストも存在します。とはいえ、プレイヤーとしてもトップクラスの実力があったことは間違いありません。ホストが売上記録を狙うときの常套手段である売掛(ツケ)を自ら禁じていた点も、プロ意識の高さを感じさせます。そもそもあまり数字に固執するタイプではなく、あくまでもSNSやメディアを用いたセルフプロデュースを重要視していたようです」(A氏、以下同) かつては「東城誠」という源氏名を用いていたROLAND。前出のA氏によると、思わず二度見してしまうようなド派手なルックスや、突き抜けた“オレ様キャラ”は東城誠時代に確立されていったのだという。当時から人気ホストとしての地位を手にしていたものの、2017年に突然「ROLAND」に改名した際には冷ややかな声も少なくなかったそうだ。「歌舞伎町でも“変わった人”として有名だったので、業界関係者は『またなんかやってるよ』くらいの反応でしたね(笑)。当時働いていた店舗の経営陣が主導した改名ということもあってか、本人も最初はROLANDという源氏名がしっくりきていなかったようで、親しい先輩ホストに『マジで後悔してます』と嘆いたこともあったとか。それが今ではベストセラーに冠番組ですからね。結果的にROLANDという突拍子もない名前が、特異なキャラクターと絶妙にマッチしたのかもしれません」 現在のROLANDのイメージが、ナルシシズムを極限まで煮詰めたような彼ならではのパワーワードによって形成されたことは間違いない。バラエティ番組やSNSでの発言をそのまま受け取ると傲岸不遜な人物のようにも思えてしまうが、A氏は「実際に会うと、とても礼儀正しくてストイックな人ですよ」と明かす。「スパルタで有名な帝京高校のサッカー部に所属していたことも影響しているんでしょうね。ROLANDの名言のほとんどは、一般常識から逸脱した自分をネタにして、なるべく他人を傷つけないというスタンス。頭の回転の速さはもちろん、周囲への気配りを欠かさないタイプだからこそ、多くの人の心を掴めたんだと思います」 たしかに「俺の吐く息は空気清浄機よりも綺麗」「酒に酔えないなら自分に酔えばいい」「明日もROLANDでいられますように」など、数え上げればキリがない“ROLAND語録”だが、直接的に他人を傷つけるような内容は見受けられない。SNSで繰り広げられるファンやアンチとの交流も、もはやユーモアセンスを競う大喜利のような様相を呈しており、二流三流のタレントが陥りがちな“炎上芸”とは一線を画するものだ。 過剰なまでに自分を持ち上げる言動の一方で、フジテレビ系『ダウンタウンなう』出演時には家族とのエピソードをユーモラスに語り、著書でも「食事は1日にコンビニのパンひとつだけ」と下積み時代を回想するなど、等身大のパーソナリティを明かしているROLAND。どこまでもポジティブで自信家な一面と、人間味あふれる素顔のギャップも、“ローランダー”にとってはたまらなく魅力的なのかもしれない。●取材・文/大木信景(HEW)
2020.01.17 16:00
NEWSポストセブン
生駒里奈がテンション爆上げになった展示会とは
生駒里奈がテンション爆上げになった展示会とは
女優でタレントの生駒里奈さんが自身のインスタグラムを更新。2月15日~3月10日の期間、パルコミュージアムにて開催されるホスト界の帝王と称される “ROLAND(ローランド)”初の展覧会「Ro LAND ~俺か、俺以外か~」に訪れた姿を公開しました。https://www.instagram.com/p/Bt-i-N-F_K7/女優の足立梨花さんと展示会に訪れた生駒さん。ROLANDさんの展示品に囲まれた姿に「今日は梨花さんとローランド展に行きました。“俺か俺以外かTシャツ”も買いました」とコメントを添えています。楽しげな生駒さんにほっこりしますね。
2019.02.20 07:57
SNSのニュースメディア Insty
帝王ROLANDはなぜ一滴も酒を飲まずにNo.1になれたのか
帝王ROLANDはなぜ一滴も酒を飲まずにNo.1になれたのか
 歌舞伎町に限らず、繁華街でホストクラブの看板を見かけることは多い。そこにはたいてい、店の看板ホストたちのキメ顔の写真が並んでいる。最近のホストは、かつてと違ってかわいらしい見た目が増えているようだ。人気ホストの日常に迫る5~15分程度のミニドキュメンタリーを放送するホストクラブ・メンズキャバクラ情報サイト『HOST-TV.COM』から、現代ホスト界の帝王ROLAND(ローランド)は、なぜ一滴も酒を飲まずにナンバーワンに上り詰めたのかをイラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が考えた。 * * * 1991年から2005年まで日本テレビで放送されていた情報ドキュメンタリー番組『スーパーテレビ情報最前線』が好きだった。取り上げるテーマは、パチンコ攻略法、浜崎あゆみの真実、神秘体験などなど。月曜21時というバリバリのゴールデンタイムなのにも関わらず、アウトロー系雑誌のようなラインナップ。そのなかで、一番夢中になって見ていたのはホスト特集だ。そこで見たホストたちは、毎度、こんな感じだった。 スーツを着た色男ホスト、金色の過剰な装飾が輝く店内、色めき立つ女とドンペリコール、泥酔して廊下でバタン、朝焼け、そして終わり。新宿は歌舞伎町、家(中野区)からそう遠くない場所にある異界の風景は、中学生の僕に興味深いものがあった。あれから十数年、一時のブームも過ぎ去りホストの活躍をテレビで見る機会もめっきり少なくなった。 夜の人間交差点、電信柱の街灯に群がる虫のように光を求める男女のすれ違い、なめくじの交尾のように艶かしく、刹那的なホストクラブの光景。スポットライトをあてれば面白いに決まっている。「けれども、テレビで特集しない!」と嘆いていた。 しかし、これは僕が情弱だっただけ。現代ホストの群像劇を映す媒体は、いつの間にかテレビからYouTubeへ移っていた。『HOST-TV.COM』というチャンネルでは、ホスト動画を毎日更新している。『HOST-TV.COM』で、十数年ぶりにホストという生き物に触れる。 動画を眺めつつ、自分が抱くホスト像が古いものだと知る。スーツを着て、髪を盛って、キザな表情で女性を口説く。2000年代初頭にナンバーワンとしてテレビにも出演していた城咲仁のようなホストは絶滅危惧種。なかには、オールドスタイルをキープする人もいるが、それは今更モデルチェンジができないベテラン勢だ。若手ホストの風貌は、韓流アイドル的なキュートなルックス。ヤンチャ感は一切なく、男の僕から見ても「カワイイ」と思う顔が並ぶ。服装もスーツではなくてもOKのようで、軽やかにGジャンを羽織る。ホストとは女性にモテる仕事。ま、今の時代のモテを追求したゆえの韓流スタイルなんだろう。 偏差値100超えホスト、兼業ホスト、邪道ホストと様々な動画を漁ってみた。そのなかで特に出色だったのが、”現代ホスト界の帝王”と呼ばれるROLANDなるホストに完全密着したシリーズ。それはもう! 帝王の二つ名に恥じない圧倒的な内容で。ホストの概念をぶっ壊してくる動画だった。 まず、ROLANDは見た目からレベルが違う。オールドスタイルのオラオラ系ホストでもなく、韓流的なルックスでもない。ナニに例えればしっくりくるか……、うーん、漫画『ベルサイユのばら』のオスカルだな。ROLANDは、たぶん日本人のなかで最もオスカルに似ている。美しくウェーブした金髪、陶器のように白い肌、大きく美しい目、細身の鼻が完璧な配置で並ぶ。ただ、これは天然物ではなく整形して作られたもの。ROLANDは美容整形をしていることを隠すことはせず、バリバリ公表している。だから面白い。“神セブン”と称される有名ホストが7人集まりトークをする動画で、話のテーマが「整形」となった。その際「俺、全然別の人だから~」とおどけてみせる余裕っぷり。他の動画では、ヒアルロン酸を注射している様子も公開していた。オスカルフェイスの構築費は1000万円を余裕でオーバーしているらしい。 しかし、整形といったセンセーショナル話題はROLANDの本質ではない。他のホストに比べて、際立っているのは職業人として生き様。ROLANDの根本にあるのは「ホストという職業への偏見をなくしたい!」という熱き想いだ。 ホストなのにROLANDはアルコールを飲まない。酒を飲めない体質というわけではなく、飲まないことを選択している。「なぜ飲まないのか?」と聞かれれば「アルコールをすすってるホストになりたくない。お酒はいいものを適量飲むのが楽しいでしょ」と即答。酒を飲んでいない方がホストして最高のパフォーマンスを披露できることも理由だと続く。営業中に口するものと云えば、チェコで購入した高級グラスに淹れた、ワインボトル入りの水出し高級茶・ロイヤルブルーティーのみ。客からシャンパンが入ってもコールはなく、ただ耳元で「嬉しいよ」と囁くだけ。3000万のコニャック「レミーマルタン ルイ13世 ブラックパール」の注文が入った時もブレることない。満面の笑みで「ありがとう!」とボトルにキスをする。 ノンアル営業だからこそ、自動車通勤も可能。ROLANDは、4000万円の愛車ロールス・ロイスで仕事場である歌舞伎町のホストクラブ『プラチナ本店』へと通う。新宿警察署はROLANDのノンアル営業を知っているらしく、検問もスルーだとか。「(色眼鏡で見られる業界だからこそ)クリーンに見られるのは嬉しい」とROLAND。 また、愛車ロールス・ロイスの助手席は驚くべき状態となっている。なんと! ヘッドレスト部分にはROLANDの直筆サイン。しかも、油性ペンで。 常人には理解できない、この突飛な行動にもROLANDなりの哲学がある。自分がスターになれば、著名人のサイン入りロールス・ロイスには更なる値がつく。しかし、逆の場合はただの落書きが入った中古車に。ROLANDは「4000万円のロールス・ロイスに俺の名前を書いた時点でスターになる自信しかないから」と語る。ロールス・ロイスを世界一高い色紙と言い、誰も求めていないパーフォマンスを勝手に行う。一般人の模範を演じなくてはならないがゆえにタレントが縮こまるなか、ここまでぶっ飛んだことをしてくれるROLANDは頼もしい。 ノンアル営業という特殊なスタイルで、年収3億円を超えを稼ぐだすのもの、このパフォーマンスゆえ。 ROLANDは常人には考えてもつかない価値観を常に示している。そういった意味で、ROLANDは芸術作品なんだ。一見、落書きなのに100億を超える値段が付いている名画。あれは、誰も見たことがない世界観を見せたゆえに高額となる。 アンディ・ウォーホールの版画も技術的には難しいことはない。ただ、一番最初にあのスタイルをから極めた素晴らしい。ROLANDも誰も見たことがないホスト像を表現し続けたから、最高なんだ。ゆえに、アルコールを口にしないこと自体にも価値が生まれる。「アルコールを飲まない、エレガントな接客のROLAND様だから良い!」と女性客はときめく。そして、芸術作品『ROLAND』を愛でるのだ名画のように。「ホスト界最高のトークスキル」と称えられるだけあり、ROLANDから発せられる言葉にはパンチライン(ヒップホップ用語で「印象的な部分」の意味)多め。 自信がないホストに対して。「鏡とジャンケンして勝てると思ったことある? 俺勝てるよ、調子いい時。ホストはそれくらい自信持たなきゃ」by ROLAND 客とのLINEが続かないと悩むホストへのアドバイス。「俺は自分のLINEに自分で返すよ。『今日、寒いよね』と打って返信がなかったら、自分で『超寒いよね』って返す。右側だけでLINEを完成させる」by ROLAND 東京タワーを背景に一足しかない仕事用の革靴を磨きつつ一言。「『良い靴を履くと良い場所に運んでくれる』って言葉あるじゃん。ちょっと他力本願すぎない? 俺は良い靴を、俺様が良い場所に運んでやるって思っているから」by ROLAND すべり知らずの名言機製造マシーン。ROLANDから語られる仕事哲学はマジで勉強になる。「良いスーツを着ていると、それが似合う男になるじゃん。ジャージばっかり着てると、ジャージが似合う男になっちゃうんだよね」by ROLAND ジャージを着て、この原稿を書いていたのでゾクッとした。 ちなみに、現在公開されているROLANDの動画なかで唯一すべった箇所があった。最後にそれを記したい ROLANDの定宿、お台場の超一流ホテルのバルコニーにて。スタッフ「これ以上に住むのに良い場所ってないですよね……」ROLAND「トランプタワーかな?」スタッフ「そういうレベルですよね……」ROLAND「でも俺、ベルサイユ宮殿に行った時、観光じゃなくて、内見だと思われて」スタッフ「はい……」ROLAND「今笑うとこや」 現代ホスト界の帝王は威風堂々しているが、どこか愛らしい。また、ROLANDは今年いっぱいでホスト引退すると名言している。独立し、自分がオーナーとなるホストクラブを“クリエイト”するらしい。プレイヤーではなく裏方に回っても、密着動画シリーズを存続を望見たい。by イチROLANDファン
2018.07.17 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン