与沢翼一覧

【与沢翼】に関するニュースを集めたページです。

堀江貴文氏が明かす「ネオヒルズ族」与沢翼氏の実像
堀江貴文氏が明かす「ネオヒルズ族」与沢翼氏の実像
 現在公開中の映画『闇金ウシジマくん Part3』 に登場する「誰でも稼げるようになる」との怪しげなセミナーを主宰する小太りの男……。この人物のモデルと噂されているのが、かつて“ネオヒルズ族”として注目を集めたシンガポール在住の実業家・与沢翼氏だ。当時はその成功体験がメディアを大きく賑わせていたが、その後は資金繰りに苦しみ、一気に転落したとも伝えられている。こうした与沢氏の浮き沈みについて、元祖“ヒルズ族”と呼ばれた堀江貴文氏は以下のように分析している。「彼が展開したのは、カネを儲けるノウハウを売って儲けるという『プロダクトローンチ』と呼ばれる商法の一つ。目先の欲に目が眩んでいる人たちからカネを巻き上げる手口としてはまあまあ効率的で、あれはあれで画期的だった。だが、肝心なところで自分自身が目先の欲に目が眩み、見切りのタイミングを完全に逃して破滅したのではないでしょうか」(以下、「」内は堀江氏) 与沢氏の当時の住まいは六本木ヒルズで、高級外車も多数所有。その豪勢な暮らしぶりをたびたびメディアでアピールし、「秒速で1億円を稼ぐ男」と持てはやされた。与沢氏が展開したビジネスの正体について、堀江氏は新著『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』の中で詳しく説き明かしているが、たびたび対談のオファーも受けていたという。「彼自身は『堀江貴文の影響を受けている』と公言していたが、私は彼に全く興味を持てなかった。一方的に尊敬されているらしいのは伝わっていたが、マスコミに『与沢さんは堀江さんの後継者ですね』と言われるのは本当に不愉快だった。彼のやっていたビジネスの先に私はいない。よく誤解されるが、私はカネ儲けを目的に仕事したことは一度もないからだ」 堀江氏もかつて六本木ヒルズに住み、“ヒルズ族”と呼ばれたが、メディアにはTシャツにジーンズ姿で登場。カネ持ちぶりをアピールすることはなく、ヒルズに住んだのは「職場に近く、時間と体力の節約のためだった」と振り返る。ビジネスとして成立させるため儲ける努力はしたが、カネ儲けを目的に働いたことは一度もないと断言できるという。「私はカネ儲け自体を否定しているわけではない。カネを得ることの意義をしっかり見据えて働いてほしいだけだ。ラクして稼げるビジネスほどつまらないものはない。私も多くの事業を手掛けているが、稼ぎのいい事業はやはり苦労も手間もかかっている。苦労と手間を投じた事業がガンガン稼げるようになると、これほど面白いものはない」 堀江氏はここ数年、違う意味でカネに狂う「与沢翼氏的な若者」がまた増えていると実感している。だが、「何の苦労もせずに儲けられる仕事はないし、仮に儲けられたとしても、充実感を得られることはないだろう」と補足する。ビジネスとしての成功を長続きさせるためには、「やりたいことをやること」が肝心なのだという。◆堀江貴文(ほりえ・たかふみ)1972年、福岡県生まれ。実業家。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。ライブドア元代表取締役CEO。東京大学在学中の1996年起業。以後、プロ野球参入やニッポン放送の買収表明、総選挙立候補など次々と脚光を浴びる。現在は、自身が手がけるロケットエンジン開発など様々な事業で幅広く活躍。最新刊『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』は発売1週間で大増刷。
2016.09.27 16:00
NEWSポストセブン
ホリエモンとウシジマくんがコラボ オラオラ系ヤンキーに?
ホリエモンとウシジマくんがコラボ オラオラ系ヤンキーに?
 人差し指と親指で「円」を作る「カネマーク」のまま両腕をクロス。腕には紙幣や「MONEY」「¥」「$」などのタトゥー。それだけにとどまらず、オラオラ系ファッションに身を包み、葉巻にずり落ちたサングラスでヤンキー座り……。今、ネット上である人物を描いたイラストが話題になっている。出版関係者が語る。「これは、漫画『闇金ウシジマくん』の作者である真鍋昌平さんが、ホリエモン(堀江貴文氏)をイメージして描いたイラストで、堀江氏の新著のカバーイラストに使われています。緻密な取材とリアルな描写に定評がある真鍋さんが描いたがゆえに、様々な憶測を呼んでいます」 堀江氏といえば、現在、放送されているTVドラマ『闇金ウシジマくんSeason3』では、光宗薫に刑務所からの出所シーンを演技指導したり、『闇金ウシジマくんSeason2』のスピンオフドラマ『太客h.帰還の挨拶と夢の大ぼうけん』では主演を務めたりするなど、同作とは浅からぬ関わりがある。「堀江氏はレビューサイトを手がけるなどマンガ通として知られていますが、同氏が読んでおくべきマンガの第1位に推しているのが、『闇金ウシジマくん』です。カネや仕事の重み、人間関係の難しさ、生きる意味など、そこらの啓発書よりも読み応えがある、ということで、堀江氏のこれまでの生き様から考えると、非常に説得力があります」 すでにファンの間では「遂にウシジマくんにホリエモンをモデルにしたキャラが登場か?」などと盛り上がっているが、9月22日に公開される映画『闇金ウシジマくん Part3』では、かつてネオヒルズ族として名を馳せた与沢翼氏がモデルとなったキャラも登場するという。著書が次々とベストセラー化している堀江氏だけに、大ベストセラー『闇金ウシジマくん』とのコラボからも目が離せない。◆堀江貴文(ほりえ・たかふみ)1972年、福岡県生まれ。実業家。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。ライブドア元代表取締役CEO。東京大学在学中の1996年起業。以後、プロ野球参入やニッポン放送の買収表明、総選挙立候補など次々と脚光を浴びる。現在は、自身が手がけるロケットエンジン開発など様々な事業で幅広く活躍。最新刊『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』は9月1日発売。イラスト■真鍋昌平
2016.08.15 16:00
NEWSポストセブン
与沢翼氏 「大体買ったので欲しい物ない」「日本を代表したい」
与沢翼氏 「大体買ったので欲しい物ない」「日本を代表したい」
 六本木ヒルズがオープンから10年を迎えた。かつて「ヒルズ族」といえば、六本木ヒルズに本社を置く企業の代表者たちのことを言った。そして今、「ネオヒルズ族」と呼ばれる新興勢力が台頭している。そのネオヒルズ族の代表格与沢翼氏が、いまの六本木ヒルズについて語った。 * * * 六本木は僕を受け入れてくれる街なんですよ。初めていくキャバクラやクラブでも最初からVIP待遇してくれますから。 成功すると女性の眼は変わりますね。彼女たちはお金に加えて知名度のある男に寄ってきます。お金だけじゃダメ。 最近はテレビ局の人に誘われることが増えました。僕が会計を全部持つからですかね。 昨日は7人で飲みに行って、一晩で86万円くらい使いました。100万まではいいかァと思う。4軒ぐらいハシゴして、朝から仕事なんてしょっちゅう。 キャバクラは大体行きつくして、最近のお気に入りは足湯がついている焼肉屋とか金粉が振ってくるカラオケとかですかね。 26歳の時にミッドタウンに住んでから5年。当時はヒルズかミッドタウンじゃないと家じゃないって感覚でした。 僕が六本木を選ぶ理由はただ一つ。ここが、若くてエネルギッシュなヒトが集まる街だから。その分、胡散くさいヒトも多いですけど(笑)。 会社も六本木だし六本木中心に住まいは5軒。ちなみにミッドタウンのマンションの家賃は250万円で家賃総額は800万以上。車が好きなので7000万円のロールスロイスと4000万円のフェラーリ、3500万円のベントレーを購入し、専属運転手は4人います。大体買ってしまったので欲しいモノはありません。 よく比較されるのが堀江(貴文)さんを中心とした“元祖ヒルズ族”の方々。でも、やっていることもスキームも異なります。今の地盤をベースにITの全域に挑戦して、日本を代表したいですね。●与沢翼(よざわ・つばさ):1982年生まれ。株式会社フリーエージェントスタイル会長。高校中退後、30種以上の職種を経験した後、大検取得、早稲田大学卒業。アパレル会社設立倒産を経験し、2011年、10万円の元手で、一人でアフィリエイト(成功報酬型広告)事業をはじめて大成功、自身の成功体験をDVDや講座として販売する情報商材ビジネスでも大成功し、“ネオヒルズ族”の象徴となる。撮影■渡辺利博※週刊ポスト2013年6月21日号
2013.06.10 16:01
週刊ポスト
与沢翼氏「いずれ2人に1人がYOZAWAを知るようになります」
与沢翼氏「いずれ2人に1人がYOZAWAを知るようになります」
 株式会社Free Agent Style Holdings代表取締役会長の与沢翼氏(30歳)。アフィリエイト(成果報酬型広告)と情報商材ビジネスなどで、現在グループ企業の年商は50億円。 都内の5か所の高級マンションにそれぞれ部屋を借り、月の家賃は合計820万円。飲み代なども合わせると毎月の出費は3000万円にものぼる。 しかし本人は「物欲はない。値段が付いている物は何でも買えるから」とつまらなさそうに話す。 新たに参入したネットワークビジネスが「マルチまがい」と批判されることもあるが、「商売に貴賎なし。稼げない人間の僻み」と意に介さない。 最近はバラエティ番組でも“色物的”な扱いで紹介されることが多いが、それも「すべて計算」だという。「どんな形でもメディアに露出して知名度を上げることでビジネスチャンスも有望な人材も集まる。この体型もデブのほうがネタになりやすいから、わざとそうしてる面もある。 この情報化社会において無関心こそが一番ヤバイ。いずれ日本人の2人に1人が“YOZAWA”を知るようになります」撮影■藤岡雅樹※週刊ポスト2013年5月24日号
2013.05.15 07:00
週刊ポスト
与沢翼氏「マクドナルドで眠るより100社でも200社でも受けろ」
与沢翼氏「マクドナルドで眠るより100社でも200社でも受けろ」
 ひと晩をマクドナルドで100円で眠る人〈マクド難民〉がいる一方で、ひと晩で100万円飲む男がいる。ネオヒルズ族と呼ばれる与沢翼氏の目には、〈マクド難民〉はどう映っているのか。作家の山藤章一郎氏がインタビューした。 * * * 毎月3000万円以上遣う六本木の男・与沢氏に〈マクド難民〉を知っているかと訊いた。「知ってますよ。でもこんなこというと、めちゃくちゃ批判浴びますけど、クソですね。……自分がね、全く同じようにクソだった時代があるから。 コンビニやサイゼリヤの前でたむろして、脅しやナンパ、くっだらないこと朝までやって。ワープアの人全部がそうではないのはきまってるけど、ぼくがクソだった時代と同じで、彼らは夢とか目標がなく、惰性で生きてるんです。そこから這い上がらないと、本当にクズになっちゃう」(与沢氏・以下「」内同)──ハローワークに毎日通って、みなさん職をさがしていますが。「しかし、安いながらバイトやってればそこそこ食える。彼女もいるし、まあ幸せだと。そういう奴が圧倒的に多いんです。それでいいのか。目を覚ませ、いちどショック受けて自己否定してみろよ。プライドなんかあったらそれ消せよって、強くいいたい」──格差がひろがっています。「社会のせい、会社のせいにしない。自分自身のできることは何かを考える。〈マック〉で眠るより、100社でも200社でも受けたらどうか。1社でもひっかかったら、そこはなんらかの経済性で成り立っている組織です。学べることがきっとある。『仕事がない』とへたれをいううだつのあがらないオッサン、若いフリーターには心を入れ替えてもらいたい。 ぼくは、プライドなんて持ったことない。偉くもない、出自も汚い。だから、自己評価が高くなく、批判されても傷つかない。いまカネがゼロになっても、会社がつぶれても怖くない。どんなことになっても本気出したら、1か月1億稼ぐ自信ありますから。『また与沢倒産した。でも復活した』ってね。それも伝説かな」※週刊ポスト2013年3月29日号
2013.03.23 07:00
週刊ポスト
秒速で1億円稼ぐ男・与沢翼氏は月に3000万円は現金で支払う
秒速で1億円稼ぐ男・与沢翼氏は月に3000万円は現金で支払う
 平均株価が、リーマンショック直前の終値を4年半ぶりで上回った日に、池袋西口のマクドナルドを訪れると、家があっても帰れない、仕事を失い住む場所がないなど様々な事情をもつ人たち、100円で夜を過ごす〈マクド難民〉の姿があった。一方で、ひと晩に100万円を遣う男がいる。ひと晩100万円飲む男、ネオヒルズ族・与沢翼氏を作家の山藤章一郎氏がインタビューした。 * * *「1000万円稼いだら頭の中にリアルな札束が浮かぶんです。でもいつも現金だから、よく落とす。こないだも酔いから醒めたら150万の時計がない。じゃ、今日中に500万稼ぐぞって。ぼく、六本木では超有名なんで。車のナンバーも覚えられて。みんなわあっと来る。じゃ飲みに行くかあで、一晩100万は絶対遣いますもん。平均したらいくらぐらいかなあ。月3000万円は遣ってるな。はい、カードじゃなく、全部現金で」(与沢氏・以下「」内同) 池袋〈マクド〉の100円で眠る人たちと出会った同日午後2時、六本木。地下鉄駅より徒歩5分、六本木通り〈フォルクスワーゲン〉の入ったビル4階にあがる。 黒を基調とした調度品にかこまれた若き会長は丁重に応じる。30歳のアンちゃんである。だが、ただのアンちゃんではない。いま最もふところにカネが唸る立志の人物である。 JR東日本の関東域に自著『秒速で1億円稼ぐ条件』(フォレスト出版)の広告を顔写真入りで出した〈与沢翼〉という。〈(株)Free Agent Style Holdings〉会長。 超ミニの秘書がさっと紙コップのお茶を淹れてきた。 グループ月商4億円、成功報酬型広告と呼ばれる〈アフィリエイト〉で稼いだカネを元手に、投資ファンドやメルマガ配信などのネット関連事業のオーナーを務め、〈ネオヒルズ族〉と呼ばれる。 どこか幼さを残した80キロに迫るぽっちゃり体型である。この若き立志伝者に「カネアル」話はきりがない。一軒家、マンションなど5か所の住まいの総家賃は月800万円。 200万円のスーツを着、4000万円のベントレーやフェラーリを持ち、7000万円のロールスロイスファントムで移動する。 会長室には、「人生は一度きりやりたいことをやりたいようにやれ」の色紙、大きな額の中で鋭い眼光を放つ虎、ヴィトンのトランク、バッグが散らばり、高級酒のが並ぶ。秩父の山奥育ち、母はいまも小学校教師、父は超大手企業役員。小6で大宮市に出てきた。いじめられて、中学校でグレた。高校中退。16歳で警察に検挙され、われに返った。「こんな交友関係をひきずっていては、本当に駄目になる。不良をやってても成功はできない」 土木作業員、板金屋、クロネコヤマト……大人に交じって仕事を覚え、大検を取得して早大社会科学部入学。〈カバン持ちインターンシップ〉に参加して、企業の社長の薫陶を受け、アパレルのビジネスを興した。月商1億5000万円の会社もつくったが、「店舗展開やブランド急拡大が失敗して破産し、精神的にヤバくなった。10代で、喧嘩や暴走ばっかりやってたんだから、ビジネスなんかオレにできるわけない、オレはカスだ、人生の底辺を這いずりまわるんだと思いましてね。 いや、辛かったですよ。ジェットコースターみたいに上がったり下がったり。なんでオレはこうまで成功したいのか、そのことも、いまもってよくわからない。ヒルズに住みベンツに乗って、渋谷マークシティの一等地にオフィス入れて、それが叶った瞬間に、なんだろうって。毎月たくさんの金が入ってくるけど、それがどうしたんだろうって。 値段のついているものは、なんでも買えますけど。でもなあって。で、いまの目標はダイエットなんですよ。朝から夜までアポ入ってるから食べる時間がない。夜遅くにラーメンと焼肉とストレスのドカ食い、酒飲んで。 25歳くらいからどんどん太ってきました。みんなに、35歳ぐらいで死ぬんじゃないのって言われて。それを回避しなきゃ、まずいっす」※週刊ポスト2013年3月29日号
2013.03.22 07:00
週刊ポスト

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン