携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20110518_20367.html

注目のビジュアル

九州朝日放送の三澤澄也アナ(25)

長野放送出身の岸田あさみさん

業田良家4コマ「平和小学校の校則」

藤沢里菜二段。史上最年少15歳のタイトルホルダー

高級路線に舵を切った牛丼チェーン「松屋」

『らーめん天神下 大喜』の「冷やし中華」

アメリカ・ワイオミング州の「青い温泉」

ラジオ沖縄出身の伊波紗友里さん

五重屋根のほぼ全体が見られるようになった姫路城大天守

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


国際情報

福島原発事故 子供の被曝許容量はチェルノブイリの4倍相当

2011.05.18 16:00

 東日本大震災の影響で発生した福島第一原発の事故。その国際的な基準に基づく事故の評価は、1986年に発生したチェルノブイリ原発事故と同じ「レベル7」に引き上げられた。いまだなお収束のめどが立たない福島第一原発事故について、チェルノブイリ事故直後から現地を取材し続ける『DAYS JAPAN』編集長で、フォトジャーナリスト・広河隆一氏がレポートする。

 * * *
 チェルノブイリ事故(1986年4月26日)のときは、原発から120km離れたウクライナの首都・キエフの子供たちすべてが、5月半ばから9月までの間、旧ソ連の各地の保養所に収容された。日本でも政府は国内の国民宿舎などすべてを借り切って、被曝が疑われる地域に住む妊婦と子供たちの収容に踏み切るべきである。

 それなのに、日本では政府が逆のことをやっている。福島市と郡山市の学校の土壌が放射能に汚染されていることを受け、政府は子供の被曝量の基準値を、毎時3.8マイクロシーベルト、年間20ミリシーベルトとした。これには国内からだけでなく、世界から猛烈な批判が出ている。

「20ミリシーベルト」という数字は、「国際放射線防護委員会(ICRP)」が、「非常事態が収束した後の一般公衆における参考レベル」とされる<年間1~20ミリシーベルト>のもっとも高い数値であり、大人を対象にしていることはいうまでもない。

 それが特に子供たちにとっていかに高い被曝量であるかは、私の知る限り、チェルノブイリに汚染された土地のどの地域を居住禁止地区にするかについて、1991年にウクライナ議会が行った決定が参考になる。そこでは1平方キロメートルあたり15キュリー(放射能の旧単位)の汚染地域を立ち入り禁止地区とする、つまり居住禁止地区に規定したのだ。現在の単位に換算して、ここに住むと、年間5ミリシーベルト被曝してしまうという理由である。

 日本ではその4倍を許容量として、子供たちの学校の使用を許可したのである。また、「毎時3.8マイクロシーベルト」という数字は、いまは死の街となったプリピャチ市の数値とほぼ同じである。私はかつて5万人が住んでいて、いまや荒涼としたプリピャチの廃墟の中に、日本の子供たちが走り回る姿など想像したくもない。

◆広河隆一氏の最新刊『暴走する原発 チェルノブイリから福島へ これから起こる本当のこと』(小学館刊)は5月22日発売予定。

※女性セブン2011年5月26日号


人気ランキング

1.
古舘伊知郎氏 情報を処理できずピント外れの発言を繰り返す
2.
甲子園地方大会で珍事件 「スタメン9人中7人が『菊池』」
3.
20歳で逝った巨人ドラ1位 地方出身高卒投手が陥るパターン
4.
いしだ壱成 谷原章介に託した長男と5年間一度も会ってない
5.
フジの月9「HERO」 高視聴率はキムタク1人の功績ではない
6.
L.A.で毎月逮捕される売春婦の9割が韓国人と韓国紙報じる
7.
元沖縄局アナ 会社に内緒でミス日本に応募し最終選考に残る
8.
胸ポチ上等の長澤まさみ「ノーパットブラをつけたい気分」
9.
水卜アナ「ぽっちゃりイジり」に耐え切れず収録後に大号泣
10.
DeNA・筒香と巨人・大田に明暗 高卒大砲候補が開花する時期は

今日のオススメ

提供元一覧

日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実

中国に立ち向かう覚悟

僕の死に方 エンディングダイアリー500日

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。