携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20110518_20367.html

注目のビジュアル

『ようかい体操』が子どもたちの間で大人気

おいしく見せるための食レポのテクニックを語る彦摩呂

極小ビキニでG乳を見せつけた杉原杏璃

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

壮絶集団痴漢体験を語ったFカップ旅作家

一見すると日本画のように映る富士山の屏風

謎の美女・祥子

会見で涙を拭う小保方晴子氏

昨年5月、東京・京橋にオープンした『獺祭Bar 23』

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


国際情報

福島原発事故 子供の被曝許容量はチェルノブイリの4倍相当

2011.05.18 16:00

 東日本大震災の影響で発生した福島第一原発の事故。その国際的な基準に基づく事故の評価は、1986年に発生したチェルノブイリ原発事故と同じ「レベル7」に引き上げられた。いまだなお収束のめどが立たない福島第一原発事故について、チェルノブイリ事故直後から現地を取材し続ける『DAYS JAPAN』編集長で、フォトジャーナリスト・広河隆一氏がレポートする。

 * * *
 チェルノブイリ事故(1986年4月26日)のときは、原発から120km離れたウクライナの首都・キエフの子供たちすべてが、5月半ばから9月までの間、旧ソ連の各地の保養所に収容された。日本でも政府は国内の国民宿舎などすべてを借り切って、被曝が疑われる地域に住む妊婦と子供たちの収容に踏み切るべきである。

 それなのに、日本では政府が逆のことをやっている。福島市と郡山市の学校の土壌が放射能に汚染されていることを受け、政府は子供の被曝量の基準値を、毎時3.8マイクロシーベルト、年間20ミリシーベルトとした。これには国内からだけでなく、世界から猛烈な批判が出ている。

「20ミリシーベルト」という数字は、「国際放射線防護委員会(ICRP)」が、「非常事態が収束した後の一般公衆における参考レベル」とされる<年間1~20ミリシーベルト>のもっとも高い数値であり、大人を対象にしていることはいうまでもない。

 それが特に子供たちにとっていかに高い被曝量であるかは、私の知る限り、チェルノブイリに汚染された土地のどの地域を居住禁止地区にするかについて、1991年にウクライナ議会が行った決定が参考になる。そこでは1平方キロメートルあたり15キュリー(放射能の旧単位)の汚染地域を立ち入り禁止地区とする、つまり居住禁止地区に規定したのだ。現在の単位に換算して、ここに住むと、年間5ミリシーベルト被曝してしまうという理由である。

 日本ではその4倍を許容量として、子供たちの学校の使用を許可したのである。また、「毎時3.8マイクロシーベルト」という数字は、いまは死の街となったプリピャチ市の数値とほぼ同じである。私はかつて5万人が住んでいて、いまや荒涼としたプリピャチの廃墟の中に、日本の子供たちが走り回る姿など想像したくもない。

◆広河隆一氏の最新刊『暴走する原発 チェルノブイリから福島へ これから起こる本当のこと』(小学館刊)は5月22日発売予定。

※女性セブン2011年5月26日号


人気ランキング

1.
ノーブラで世界一周のF乳旅作家 壮絶集団痴漢体験を告白
2.
平井理央アナ 体のライン強調した服で中畑監督と握手し赤面
3.
韓国で「慰安婦は売春婦と認めよ」と主張の署名サイトが出現
4.
小保方氏 明らかに怪しい答え口にしても凛としてて恐ろしい
5.
20歳で逝った巨人ドラ1位 地方出身高卒投手が陥るパターン
6.
入学式欠席教諭批判の尾木ママ「僕が古くなっちゃったのか」
7.
餃子の王将社長銃殺事件 捜査関係者から早々に白旗宣言出る
8.
バイキング低迷 フジ局内でいいとも終了に今さら疑問の声も
9.
導入検討の残業代ゼロ法案 欧米とは似て非なるただ働き制度
10.
流行のクルーネックに合う「ボブ・ロングヘア」用アレンジテク

今日のオススメ

提供元一覧

不幸は人生の財産

東日本大震災復興応援写真集『3・11以前』 ー美しい東北を、永遠に残そうー

うの 樫木やせ DVDでできる簡単16エクササイズ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。