携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20110718_25612.html

注目のビジュアル

東大→長銀→キャバ嬢→株トレーダーの道のりを語る村田美夏さん

愛媛朝日テレビの戸谷勇斗アナ(26才)

ラジオ沖縄出身の伊波紗友里さん

さらに色香を増した井上和香(34)

北斗市のご当地キャラ「ずーしーほっきー」

関連商品も大人気の妖怪ウォッチ

山形テレビ出身の佐々木真奈美さん

「子供の頃から囲碁一筋で幸せです」と藤沢里菜二段

業田良家4コマ「根拠のないデマ」

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


地デジ化の悲劇 徳島県では視聴可能チャンネルが10から3に

2011.07.18 07:00

地デジ化がいよいよ間近に迫ってきた。アナログの場合、微弱な電波であっても画面は映る(いくらかの電波障害が起こる可能性はあるが)。しかしデジタル波は、電波がある一定以下の弱さになると画面がまったく映らない。そのため、佐賀県や徳島県など、民放局が1つしかない県では、地デジ化により視聴できる局が減ってしまうことになった。

例えば、徳島県ではこれまで、岡山・香川・大阪・兵庫などからの電波を受信することによって計10チャンネルの番組を視聴可能だったが、地デジ移行後は、徳島ローカルの四国放送とNHK(総合・教育)の3チャンネルしか見られなくなり、他チャンネルを見たければケーブルテレビに加入しなければならない。

地デジ化が国民利益に反する象徴的な事例だ。総務省に問うと、「県域免許が原則だからやむを得ない」(地上放送課)と、公僕意識のカケラもない回答だった。

※週刊ポスト2011年7月22・29日号


人気ランキング

1.
高橋英樹に罵倒された蛭子能収に「高橋さんは苦手?」と直撃
2.
破廉恥教師 校内性行為で停職3か月、下半身露出が停職6か月
3.
今年流行“モノキニ”水着姿の23才女性「セクシーでしょ?」
4.
壁ドンに続く「股ドン」は定着するか 「されたい」女子も多数
5.
トヨタが虎の子技術を中国生産に「技術流出は織り込み済み」
6.
鹿児島県民 中国に「こんな馬鹿げた国相手にする必要ない」
7.
ネットの「加トちゃんがヤバい」説にロケ地の住民が同調する
8.
結婚してさらに色香を増した井上和香をスペシャル撮りおろし
9.
米国製軍用ジープを丸パクリした中国製軍用ジープの写真公開
10.
韓国人男性 フィリピン人女性と子を置き去りで帰国する理由

今日のオススメ

提供元一覧

エストロゲン

がんの花道

中国に立ち向かう覚悟

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。