携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20121222_161584.html

注目のビジュアル

五重屋根のほぼ全体が見られるようになった姫路城大天守

高級路線に舵を切った牛丼チェーン「松屋」

九州朝日放送の三澤澄也アナ(25)

藤沢里菜二段。史上最年少15歳のタイトルホルダー

業田良家4コマ「平和小学校の校則」

『らーめん天神下 大喜』の「冷やし中華」

ラジオ沖縄出身の伊波紗友里さん

アメリカ・ワイオミング州の「青い温泉」

長野放送出身の岸田あさみさん

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


国際情報

習近平氏 チベット亡命政府に高官を派遣し関係改善を打診か

2012.12.22 16:00

 チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世らチベット亡命政府と激しく対立している中国政府の高官が今年8月、亡命政府(中央チベット政府)のあるインド北西部のダラムサラを訪れ、同政府のロブサン・センゲ首相やダライ・ラマに次ぐ高僧であるカルマパ16世と会見し、ダライ・ラマの中国帰還問題などを話し合っていたことが分かった。在京のチベット筋が明らかにした。

 センゲ首相らと会見したのは中国政府傘下のアジア太平洋交流・協力基金会の肖武男・執行副主席。肖氏はもともと中国工商銀行や対外経済貿易省などで国際経済を担当しており、その後、国連の経済関連部門に出向。

 これがもとで、国連の非政府組織(NGO)、宗教理解・協力協会主席や中国社会経済文化交流協会副会長、あるいは中国チベット民族文化保護基金会副会長など宗教関係機関との関わりを深めてきた。

 同筋によると、肖氏は8月16日に行なわれたセンゲ首相との会見で、中国のチベット人居住区内でダライ・ラマの中国帰還や宗教の自由を求めて、チベット人による抗議行動や焼身自殺が絶えないことを憂慮。2009年1月以降、中断している中国政府と亡命政権との対話の再開を強調した。

 肖氏は「これは中国共産党の最高指導者の個人的な意見でもある」と述べて、肖氏がダラムサラを訪問したのも党最高幹部の強い意向が働いていることを示唆した。同筋は「この最高指導者は10月の共産党大会でトップに就任した習近平氏である可能性が高い」と明らかにした。

 肖氏はセンゲ首相との会見で、「ダライ・ラマ14世が中国に敵対したり、反中的活動を行なうのを止めて、中国共産党政権を支持するのならば、中国政府はダライ・ラマを北京に迎えて、生活をすることを歓迎するだろう」と述べたという。

 これを受けて、ダライ・ラマは習近平政権の発足に強い期待感を抱いているという。これを裏付けるように、ダライ・ラマは今年8月29日、ロイター通信との単独会見で、「中国側が自身の利益を考えて、合理的で実務的、現実的な考え方をするのならば、われわれは彼らと十分協力することになろう」と語り、中国との関係改善に強い意欲を示している。

 だが、その後も中国内でのチベット人の焼身自殺が絶えず、中国側はダライ・ラマ側が焼身自殺を政治的に利用しているなどと非難。ダライ・ラマもメディアとのインタビューで、中国の主張を批判するなど、習近平体制発足後も両者は歩み寄る気配すらみせていない。同筋は「まだ新体制が発足したばかりで、習近平もこれまでのチベット政策をすぐに変えるわけにはいかないだろう。半年後、あるいは1年後というスパンで変化を見る必要がある」と指摘する。


人気ランキング

1.
ジャニーズ六本木騒動 24歳の被害女性が真相を週刊誌に告白
2.
古舘伊知郎氏 番組で都合のいい「権威」を見つけてひれ伏す
3.
加藤茶の体調不安 「テレビで見る姿以上に深刻」との証言も
4.
ASKA逮捕で芋づる式か 元プロ野球選手や有名歌手も戦々恐々
5.
松坂大輔 日本球界復帰なら横浜DeNAや中日が争奪戦に参加か
6.
「プロ野球投手は休みすぎ。中4日で」金田と桑田が意気投合
7.
東大卒2億稼ぐトレーダー村田美夏さん キャバ嬢経験も活かす
8.
倉敷・小5女児監禁 極秘捜査は周辺住民にバレバレだった
9.
160キロ記録の大谷翔平に村田兆治氏が球速アップのアドバイス
10.
韓国人の国際結婚お見合いツアー 全裸チェックがあることも

今日のオススメ

提供元一覧

がんの花道

不幸は人生の財産

小学館創業90周年記念企画 ウチノヨメ。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。