携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20121222_161584.html

注目のビジュアル

昨年5月、東京・京橋にオープンした『獺祭Bar 23』

謎の美女・祥子

『ようかい体操』が子どもたちの間で大人気

一見すると日本画のように映る富士山の屏風

官能的なボディを披露する森下悠里

SDN48の佐藤由加理(左)と芹那

おいしく見せるための食レポのテクニックを語る彦摩呂

会見で涙を拭う小保方晴子氏

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


国際情報

習近平氏 チベット亡命政府に高官を派遣し関係改善を打診か

2012.12.22 16:00

 チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世らチベット亡命政府と激しく対立している中国政府の高官が今年8月、亡命政府(中央チベット政府)のあるインド北西部のダラムサラを訪れ、同政府のロブサン・センゲ首相やダライ・ラマに次ぐ高僧であるカルマパ16世と会見し、ダライ・ラマの中国帰還問題などを話し合っていたことが分かった。在京のチベット筋が明らかにした。

 センゲ首相らと会見したのは中国政府傘下のアジア太平洋交流・協力基金会の肖武男・執行副主席。肖氏はもともと中国工商銀行や対外経済貿易省などで国際経済を担当しており、その後、国連の経済関連部門に出向。

 これがもとで、国連の非政府組織(NGO)、宗教理解・協力協会主席や中国社会経済文化交流協会副会長、あるいは中国チベット民族文化保護基金会副会長など宗教関係機関との関わりを深めてきた。

 同筋によると、肖氏は8月16日に行なわれたセンゲ首相との会見で、中国のチベット人居住区内でダライ・ラマの中国帰還や宗教の自由を求めて、チベット人による抗議行動や焼身自殺が絶えないことを憂慮。2009年1月以降、中断している中国政府と亡命政権との対話の再開を強調した。

 肖氏は「これは中国共産党の最高指導者の個人的な意見でもある」と述べて、肖氏がダラムサラを訪問したのも党最高幹部の強い意向が働いていることを示唆した。同筋は「この最高指導者は10月の共産党大会でトップに就任した習近平氏である可能性が高い」と明らかにした。

 肖氏はセンゲ首相との会見で、「ダライ・ラマ14世が中国に敵対したり、反中的活動を行なうのを止めて、中国共産党政権を支持するのならば、中国政府はダライ・ラマを北京に迎えて、生活をすることを歓迎するだろう」と述べたという。

 これを受けて、ダライ・ラマは習近平政権の発足に強い期待感を抱いているという。これを裏付けるように、ダライ・ラマは今年8月29日、ロイター通信との単独会見で、「中国側が自身の利益を考えて、合理的で実務的、現実的な考え方をするのならば、われわれは彼らと十分協力することになろう」と語り、中国との関係改善に強い意欲を示している。

 だが、その後も中国内でのチベット人の焼身自殺が絶えず、中国側はダライ・ラマ側が焼身自殺を政治的に利用しているなどと非難。ダライ・ラマもメディアとのインタビューで、中国の主張を批判するなど、習近平体制発足後も両者は歩み寄る気配すらみせていない。同筋は「まだ新体制が発足したばかりで、習近平もこれまでのチベット政策をすぐに変えるわけにはいかないだろう。半年後、あるいは1年後というスパンで変化を見る必要がある」と指摘する。


人気ランキング

1.
不動裕理プロ結婚 お相手の御曹司からの猛アタックだった
2.
『アナ雪』声優の神田沙也加に大絶賛 来日の監督も生歌に涙
3.
泥沼離婚裁判中の上原さくら弁護士 ラブホ報道に頭を抱える
4.
今すぐやめて!タバコと同じくらい健康によくない生活習慣6つ
5.
羽生結弦 恋人との噂ある今井遥との共演にファンヤキモキ
6.
韓国経済苦境 サムスン巨額賠償で現代自動車シェア大幅低下
7.
1枚500円 「宝くじの日記念くじ」が1000万枚限定で発売へ
8.
SDN48【7】佐藤由加理と芹那がビキニ姿で濃厚密着する
9.
NHK朝ドラ「花子とアン」 元少女愛読者から賛否両論が噴出か
10.
小保方会見 「最もゲスな質問」についてベテラン記者が検証

今日のオススメ

提供元一覧

日本人が知っておくべき 嘘つき韓国の正体

日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実

不幸は人生の財産

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。