携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20130111_165499.html

注目のビジュアル

北斗市のご当地キャラ「ずーしーほっきー」

「子供の頃から囲碁一筋で幸せです」と藤沢里菜二段

業田良家4コマ「根拠のないデマ」

東大→長銀→キャバ嬢→株トレーダーの道のりを語る村田美夏さん

愛媛朝日テレビの戸谷勇斗アナ(26才)

山形テレビ出身の佐々木真奈美さん

関連商品も大人気の妖怪ウォッチ

ラジオ沖縄出身の伊波紗友里さん

さらに色香を増した井上和香(34)

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


安倍昭恵さん 原発に関し”夫婦の危機報道”あるも否定する

2013.01.11 07:00

 安倍晋三氏(58才)が首相への返り咲きを果たし、2012年12月26日に新政権が発足した。前回の就任時に気さくな人柄で注目を浴びた妻・昭恵さん(50才)にとっても、2度目のファーストレディーとなる。その昭恵さんに作家の大下英治氏が話を聞いた。

 ――昭恵さんは、前回の辞任後、大学院に通い始めました。どうしてですか?

「私は昔、勉強が嫌いで、大学に行っていないので。総理夫人になった時にはなんとも思っていなかったんですが、ファーストレディーとしていろいろな国の首脳の奥様たちとプロフィールを交換する時に、やっぱり向こうのかたって、本当なのかっていうくらいプロフィールが立派なんですよ。首脳夫人同士で対談する時も、専門的な知識がすごいし。その肩書の部分で、何となく圧倒されちゃうようなところがあったので。

 もちろん、もう1回やることを想定してたわけではないんですけど、“今から何か知識を身につけることはできないかな”とは思うようになっていたんです」

――それにしても、大学院とは思い切りましたね。

「私、2008年と2009年と、フルマラソンを2回走って2回とも完走してるんですよ。走ろうと思えば走れちゃうんだと思って。“この年になったって、何かやろうと思えばできる”みたいな感じで、じゃあ、大学院に行ってみようかなと。主人も“行くならいいよ”みたいに言ってくれたので、2009年から2年間通ったんです」

――どんな勉強をしていたんですか?

「夜間の社会人向け大学院で、NPO(非営利団体)などの組織論や危機管理など、テーマはいろいろでしたね。以前は主人が言っていることがすべて正しいと思っていたんですが、対極の考え方もあって、それはそれでアリなんだということがわかりました」

――昭恵さんは脱原発の集会に参加するなど、原発維持の方針でいる安倍さんと意見が対立しているところもあって、“夫婦の危機説”が囁かれたこともありましたが。

「そんな、それはないですよ(笑い)。ただ、原発に関しては、これからもどんな天変地異があるかもわからない。何かあった時に、本当にパッとコントロールできるんだったらいいけれど、それができない限り、やっぱり私は反対なんですね」

※女性セブン2013年1月24日号


人気ランキング

1.
鹿児島県民 中国に「こんな馬鹿げた国相手にする必要ない」
2.
隔離病棟のASKA 反省文書いたりタコ糸ブレスレット作ったり
3.
ASKAに覚せい剤を教えたのは世界的な大物ミュージシャンか
4.
高1殺害容疑者 勉強していることを小バカにされ、給食に薬剤
5.
故・渡辺淳一氏「不倫なんかしても利益はない。危険なだけ」
6.
加藤茶の体調不安 「テレビで見る姿以上に深刻」との証言も
7.
高橋英樹に罵倒された蛭子能収に「高橋さんは苦手?」と直撃
8.
ネットの「加トちゃんがヤバい」説にロケ地の住民が同調する
9.
壁ドンに続く「股ドン」は定着するか 「されたい」女子も多数
10.
米軍慰安婦問題 韓国政府やメディアの見て見ぬふりこそ問題

今日のオススメ

提供元一覧

おっぱいバイブル

神の島 沖ノ島

中国に立ち向かう覚悟

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。