携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20130111_165499.html

注目のビジュアル

壮絶集団痴漢体験を語ったFカップ旅作家

会見で涙を拭う小保方晴子氏

極小ビキニでG乳を見せつけた杉原杏璃

『ようかい体操』が子どもたちの間で大人気

謎の美女・祥子

昨年5月、東京・京橋にオープンした『獺祭Bar 23』

おいしく見せるための食レポのテクニックを語る彦摩呂

一見すると日本画のように映る富士山の屏風

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


安倍昭恵さん 原発に関し”夫婦の危機報道”あるも否定する

2013.01.11 07:00

 安倍晋三氏(58才)が首相への返り咲きを果たし、2012年12月26日に新政権が発足した。前回の就任時に気さくな人柄で注目を浴びた妻・昭恵さん(50才)にとっても、2度目のファーストレディーとなる。その昭恵さんに作家の大下英治氏が話を聞いた。

 ――昭恵さんは、前回の辞任後、大学院に通い始めました。どうしてですか?

「私は昔、勉強が嫌いで、大学に行っていないので。総理夫人になった時にはなんとも思っていなかったんですが、ファーストレディーとしていろいろな国の首脳の奥様たちとプロフィールを交換する時に、やっぱり向こうのかたって、本当なのかっていうくらいプロフィールが立派なんですよ。首脳夫人同士で対談する時も、専門的な知識がすごいし。その肩書の部分で、何となく圧倒されちゃうようなところがあったので。

 もちろん、もう1回やることを想定してたわけではないんですけど、“今から何か知識を身につけることはできないかな”とは思うようになっていたんです」

――それにしても、大学院とは思い切りましたね。

「私、2008年と2009年と、フルマラソンを2回走って2回とも完走してるんですよ。走ろうと思えば走れちゃうんだと思って。“この年になったって、何かやろうと思えばできる”みたいな感じで、じゃあ、大学院に行ってみようかなと。主人も“行くならいいよ”みたいに言ってくれたので、2009年から2年間通ったんです」

――どんな勉強をしていたんですか?

「夜間の社会人向け大学院で、NPO(非営利団体)などの組織論や危機管理など、テーマはいろいろでしたね。以前は主人が言っていることがすべて正しいと思っていたんですが、対極の考え方もあって、それはそれでアリなんだということがわかりました」

――昭恵さんは脱原発の集会に参加するなど、原発維持の方針でいる安倍さんと意見が対立しているところもあって、“夫婦の危機説”が囁かれたこともありましたが。

「そんな、それはないですよ(笑い)。ただ、原発に関しては、これからもどんな天変地異があるかもわからない。何かあった時に、本当にパッとコントロールできるんだったらいいけれど、それができない限り、やっぱり私は反対なんですね」

※女性セブン2013年1月24日号


人気ランキング

1.
TAKAHIRO EXILEの飲み会へ行かずに板野友美と焼肉デート
2.
宮沢りえ離婚問題が泥沼化 親権主張する夫は「切り札」持つ
3.
ノーブラで世界一周のF乳旅作家 壮絶集団痴漢体験を告白
4.
悠仁さまが学校で仲間はずれ 専門家は充分にいじめと判断
5.
結婚間近報道・観月ありさ 恋人と前妻・上原さくらの泥沼
6.
向井亜紀 昨年8月にS状結腸がんで極秘の摘出手術受けていた
7.
20歳で逝った巨人ドラ1位 地方出身高卒投手が陥るパターン
8.
EXILEがレモンサワーで誕生会 過去に2500杯飲んだことも
9.
悠仁さま 始めての徒競走は最下位も落ち込むことなく声援送る
10.
井戸田潤が安達祐実に怒る「娘が片親引き離し症候群になる」

今日のオススメ

提供元一覧

日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実

いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話

がんの花道

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。