携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20130521_188815.html

注目のビジュアル

高級路線に舵を切った牛丼チェーン「松屋」

九州朝日放送の三澤澄也アナ(25)

業田良家4コマ「平和小学校の校則」

長野放送出身の岸田あさみさん

『らーめん天神下 大喜』の「冷やし中華」

五重屋根のほぼ全体が見られるようになった姫路城大天守

アメリカ・ワイオミング州の「青い温泉」

ラジオ沖縄出身の伊波紗友里さん

藤沢里菜二段。史上最年少15歳のタイトルホルダー

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


アニソン四天王の大杉久美子さんがデビュー当時を振り返る

2013.05.21 07:00

 アニメの映像とともに心に響くのが主題歌。何年経っても歌えるから不思議。誰もが一度は聞いたことのある“あの声”の持ち主・大杉久美子さん(61才)。

 水木一郎、ささきいさお、堀江美都子とともに“アニソン四天王”のひとりと称される大杉さんは、アニソンデビュー当時を振り返る。

「『アタックNo.1』(1969年)を歌ったのは18才のときでした。そのとき通っていた音楽教室の先生にオーディションに出てみないかと言われて。現場に行くと、作曲家の渡辺岳夫先生がいらして。先生がとっても厳しくて“もっと声出して!”って言われ続けて、ついには非常階段に連れていかれて“ここで声出してごらんなさい!”って。世の中にはこんな怖い人がいるんだなと(笑い)」

 安心したのも束の間、今度は、女の子だから涙が流れるという歴史に残る名セリフの録音が待っていた。

「あれも苦労しました。演技の経験なんてないのでホントに難しくて。“ヘタだねぇ”“なんか違うんだよなぁ”って渡辺先生にはっきり言われるんです。本当に涙が出ちゃうような心境で“だけど、なんで私がこんな目に遭うの!?”って言いたかった(笑い)。そんな思いがにじみ出たのか、実際に聞いて見ると“だけど”の部分は怒っているように聞こえます(笑い)」

※女性セブン2013年5月30日号


人気ランキング

1.
ジャニーズ六本木騒動 24歳の被害女性が真相を週刊誌に告白
2.
サムスンのスマホ工場 子供に時給120円で11時間労働強制か
3.
東大卒2億稼ぐトレーダー村田美夏さん キャバ嬢経験も活かす
4.
加藤茶の体調不安 「テレビで見る姿以上に深刻」との証言も
5.
パート1200万人が対象 月5万8000円以上稼ぐと手取りが減る
6.
60才過ぎの産婦人科医師 国際結婚した女性患者に耳疑う発言
7.
昨季の田中将大 投手酷使指数ではMLB先発投手の5年分に相当
8.
『花子とアン』モデル白蓮 美智子妃ご婚約に猛反対していた
9.
女子アナマニアの美人キャスター イチ押しはTBSの枡田アナ
10.
古舘伊知郎氏 情報を処理できずピント外れの発言を繰り返す

今日のオススメ

提供元一覧

いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話

がんの花道

うの 樫木やせ DVDでできる簡単16エクササイズ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。