携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20130521_188815.html

注目のビジュアル

品川駅と田町駅の間に広がる品川車両基地

(c)2014「STAND BY ME ドラえもん」製作委員会

最も悩ましいパイスラ角度は左右45度と判明

東大→長銀→キャバ嬢→株トレーダーの道のりを語る村田美夏さん

堺雅人主演の大河はどうなる!? キャメレオン竹田が大胆予言

いちごと自家製餡が氷の中で競演するかき氷

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

俳優としての評価も高い田原俊彦

新潟・長岡まつり大花火大会で打ち上げられる「白菊」

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


アニソン四天王の大杉久美子さんがデビュー当時を振り返る

2013.05.21 07:00

 アニメの映像とともに心に響くのが主題歌。何年経っても歌えるから不思議。誰もが一度は聞いたことのある“あの声”の持ち主・大杉久美子さん(61才)。

 水木一郎、ささきいさお、堀江美都子とともに“アニソン四天王”のひとりと称される大杉さんは、アニソンデビュー当時を振り返る。

「『アタックNo.1』(1969年)を歌ったのは18才のときでした。そのとき通っていた音楽教室の先生にオーディションに出てみないかと言われて。現場に行くと、作曲家の渡辺岳夫先生がいらして。先生がとっても厳しくて“もっと声出して!”って言われ続けて、ついには非常階段に連れていかれて“ここで声出してごらんなさい!”って。世の中にはこんな怖い人がいるんだなと(笑い)」

 安心したのも束の間、今度は、女の子だから涙が流れるという歴史に残る名セリフの録音が待っていた。

「あれも苦労しました。演技の経験なんてないのでホントに難しくて。“ヘタだねぇ”“なんか違うんだよなぁ”って渡辺先生にはっきり言われるんです。本当に涙が出ちゃうような心境で“だけど、なんで私がこんな目に遭うの!?”って言いたかった(笑い)。そんな思いがにじみ出たのか、実際に聞いて見ると“だけど”の部分は怒っているように聞こえます(笑い)」

※女性セブン2013年5月30日号


人気ランキング

1.
安室奈美恵 懇意のPとToshl洗脳宗教団体トップとの関係
2.
乳がんのダンカン妻 死の前日まで息子の弁当を作っていた
3.
フジ『おじゃマップ』 ふなっしー出演シーンが放送中止の謎
4.
ダンカンに亡き妻の治療費拒否証言 妻の親族から憎しみも
5.
こども電話相談室の名回答集「天国に行ったらどうなるの?」等
6.
中国情報機関関係者 横田めぐみさん帰国できない事情を語る
7.
竹野内豊の父が肺がんで死去 最後の親孝行は豪邸での4か月
8.
反・江角派のママ「夏休み明けたらどんな顔で会えばいいの」
9.
生活保護を描く漫画家「弱い人が弱い人を叩くのが今の現実」
10.
マイコ GAPでの販売員経験のおかげで妻夫木を落とした説

今日のオススメ

提供元一覧

狼の牙を折れ

ビッグダディ痛快レシピ29

おっぱいバイブル

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。