携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20130521_188815.html

注目のビジュアル

山形テレビ出身の佐々木真奈美さん

愛媛朝日テレビの戸谷勇斗アナ(26才)

北斗市のご当地キャラ「ずーしーほっきー」

さらに色香を増した井上和香(34)

関連商品も大人気の妖怪ウォッチ

業田良家4コマ「根拠のないデマ」

ラジオ沖縄出身の伊波紗友里さん

東大→長銀→キャバ嬢→株トレーダーの道のりを語る村田美夏さん

「子供の頃から囲碁一筋で幸せです」と藤沢里菜二段

注目のキーワード

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


アニソン四天王の大杉久美子さんがデビュー当時を振り返る

2013.05.21 07:00

 アニメの映像とともに心に響くのが主題歌。何年経っても歌えるから不思議。誰もが一度は聞いたことのある“あの声”の持ち主・大杉久美子さん(61才)。

 水木一郎、ささきいさお、堀江美都子とともに“アニソン四天王”のひとりと称される大杉さんは、アニソンデビュー当時を振り返る。

「『アタックNo.1』(1969年)を歌ったのは18才のときでした。そのとき通っていた音楽教室の先生にオーディションに出てみないかと言われて。現場に行くと、作曲家の渡辺岳夫先生がいらして。先生がとっても厳しくて“もっと声出して!”って言われ続けて、ついには非常階段に連れていかれて“ここで声出してごらんなさい!”って。世の中にはこんな怖い人がいるんだなと(笑い)」

 安心したのも束の間、今度は、女の子だから涙が流れるという歴史に残る名セリフの録音が待っていた。

「あれも苦労しました。演技の経験なんてないのでホントに難しくて。“ヘタだねぇ”“なんか違うんだよなぁ”って渡辺先生にはっきり言われるんです。本当に涙が出ちゃうような心境で“だけど、なんで私がこんな目に遭うの!?”って言いたかった(笑い)。そんな思いがにじみ出たのか、実際に聞いて見ると“だけど”の部分は怒っているように聞こえます(笑い)」

※女性セブン2013年5月30日号


人気ランキング

1.
ASKAに覚せい剤を教えたのは世界的な大物ミュージシャンか
2.
キンコン西野「結婚をリアルに考えられん」と植村花菜と破局
3.
隔離病棟のASKA 反省文書いたりタコ糸ブレスレット作ったり
4.
栩内被告追い詰める ASKAの第3、第4のシャブ愛人の存在
5.
鹿児島県民 中国に「こんな馬鹿げた国相手にする必要ない」
6.
加藤茶の体調不安 「テレビで見る姿以上に深刻」との証言も
7.
高1殺害容疑者 勉強していることを小バカにされ、給食に薬剤
8.
米軍慰安婦問題 韓国政府やメディアの見て見ぬふりこそ問題
9.
ネットの「加トちゃんがヤバい」説にロケ地の住民が同調する
10.
故・渡辺淳一氏「不倫なんかしても利益はない。危険なだけ」

今日のオススメ

提供元一覧

いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話

ようこそ、わが家へ

僕の死に方 エンディングダイアリー500日

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。