• TOP
  • 芸能
  • 織田裕二の妻 「黒木メイサを柔らかくした感じ」と知人

芸能

2010.09.29 00:17  女性セブン

織田裕二の妻 「黒木メイサを柔らかくした感じ」と知人

 今年8月21日、自身の公式ホームページで結婚を発表した俳優・織田裕二(42)。お相手は「30才の一般女性」とされたが、一体彼女はどんな人物なのか。

 彼女は都内在住のM子さん。7月に寿退社するまでは、ファッション誌編集者として活躍していた。M子さんは兵庫県芦屋市出身。両親と3才上の兄の4人家族だ。地元の小学校を卒業後、関西では有数のお嬢さま学校に入学、大学までエスカレーター式に進学した。

 M子さんは近所の小さな子供たちの面倒見がよいと評判だった。M子さんを知る女性は語る。「とにかくきれいなお姉ちゃんで大好きやったなぁ。黒木メイサさんを柔らかくした感じで。M子ちゃんとは9才くらい離れてるんやけど、私がひとりっ子やったもんで、小学校低学年くらいのときは、家の前でひとりで遊んでる私をみつけては一緒に遊んでくれはりました」

 大学に進学すると、その美貌でファッション誌にモデルとして登場することも。そして卒業後は美容研究家に転身した。美容師やファッション誌でアドバイザーとして特集を持ったり、『ナイナイサイズ!』(日本テレビ系)にゲスト出演したこともあった。

「学生時代にアメリカに留学していたこともあって、ハキハキしたものいいなんですけど、上品でほんわかした雰囲気がある。読者からの人気も高かったですよ。センスもよかったし、美容の知識も深かったですから」(ファッション誌関係者)

※女性セブン9月23日号

関連記事

トピックス