織田裕二一覧

【織田裕二】に関するニュースを集めたページです。

『GTO』
90年代ドラマ『GTO』『踊る大捜査線』復活はフジテレビの“シニア向けビジネス”、“懐古主義”なのか?
 最近、90年代にヒットしたドラマの“復活”がたびたびニュースになっている。フジテレビでは『GTO』がスペシャルドラマ化、『踊る大捜査線』がスピンオフ映画化される。その狙いについて、コラムニストでテレビ解説…
2024.04.01 07:00
NEWSポストセブン
織田裕二、江口洋介、反町隆史、竹野内豊 1990年代からアップデートする50代俳優たちの魅力
織田裕二、江口洋介、反町隆史、竹野内豊 1990年代からアップデートする50代俳優たちの魅力
 年齢を重ねれば重ねるほど、新たな魅力が醸し出てくるのが、俳優というもの。アップデートし続ける“50代の俳優たち”について、コラムニストで放送作家の山田美保子さんが綴る。ヒヤヒヤしたけがや大事故も すべ…
2024.03.31 16:00
女性セブン
【動画】織田裕二と不仲説の柳葉敏郎も『踊る大捜査線』続編出演へ
【動画】織田裕二と不仲説の柳葉敏郎も『踊る大捜査線』続編出演へ
 あの大ヒット作が帰ってきます! 織田裕二さんが主演する『踊る大捜査線』が、2025年に映画公開に向けて2024年2月にクランクインする予定だと報じられました。 映画関係者によると「これまで続編に難色を示して…
2023.12.30 16:00
NEWSポストセブン
織田裕二
『踊る大捜査線』続編、2月にクランクインか 難色示していた織田裕二は出演快諾、不仲説があった柳葉敏郎も共演へ
「イメージが定着することを嫌い、これまで続編に難色を示していた織田裕二さん(55才)も出演を快諾したそうです。柳葉敏郎さん(62才)はじめ、ほかのキャストもほぼ固まり、2025年の公開に向けて早ければ2024年2…
2023.12.09 07:00
女性セブン
柳葉敏郎
37年ぶり朝ドラ出演の柳葉敏郎、秋田から撮影現場に通勤 地元飲み会では「毎回記憶なくなるまで」の変わらぬ姿
「クランクイン当初、撮影スタッフの間には常に緊張感が漂っていました。ベテラン俳優というのはもちろん、若かりし頃のギラギラ感と、数々の“伝説”が芸能界で語り継がれている人でしたからね。それだけに、まるで…
2023.10.28 07:00
女性セブン
『シッコウ!!~犬と私と執行官~』は9月12日火曜よる9時最終回(テレビ朝日系)
誰もが債務者になり得る時代…伊藤沙莉『シッコウ!!』が描く「シングルマザーの貧困」「学生の貧困」のリアル
 子どもの貧困、学生の貧困、ひとり親家庭の貧困──本来、社会的に庇護される立場であるはずの人々が陥っているとされる現代の「貧困」は、どのような実態を伴っているのか。近著『メディアは「貧困」をどう伝えた…
2023.09.12 16:00
NEWSポストセブン
世界陸上といえば織田裕二だった(時事通信フォト)
世界陸上中継で「織田裕二ロス」が広がったのはなぜか?心理士が分析
 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、世界陸上中継で話題となっ…
2023.08.25 07:00
NEWSポストセブン
【動画】織田裕二が主演じゃない!30年ぶりに脇役を快諾の背景
【動画】織田裕二が主演じゃない!30年ぶりに脇役を快諾の背景
 脇役を引き受けた背景です。 3年ぶりの民放連続ドラマ出演が発表された織田裕二さん。 なんと「30年ぶりの脇役出演」となり、注目を集めています。 あるテレビ局関係者によると「織田さんは、今作の出演にあた…
2023.06.02 07:00
NEWSポストセブン
江口洋介(2018年撮影)
江口洋介の35周年ライブに「え、歌手だったの?」の声も 織田裕二、反町隆史らトレンディ俳優はなぜ歌わなくなったのか
 俳優の江口洋介(55)が、デビュー35周年を記念して、5月24日に渋谷のSpotify O-WESTでソロライブを開催した。約3年ぶりのライブを前に、ギターを抱えたキービジュアルも公開して、「節目の年ということで、ファ…
2023.05.30 11:00
NEWSポストセブン
3年ぶりの民放連続ドラマ出演が決まった俳優・織田裕二(時事通信フォト)
織田裕二、30年ぶりに脇役を快諾した深い背景 「え、主演じゃない?」「トレンディ俳優の終焉?」の声も
 1990年代に一世を風靡して以来、超一流俳優の1人であり続けてきた織田裕二(55才)の3年ぶりの民放連続ドラマ出演が、業界内外をざわつかせている。次作は、7月スタートのテレビ朝日系『シッコウ!!〜犬と私と執行…
2023.05.28 07:00
NEWSポストセブン
美空ひばり&小林旭、貴花田&宮沢りえ、小室圭さん&眞子さん…女性セブンが見続けてきた“愛の歴史”
美空ひばり&小林旭、貴花田&宮沢りえ、小室圭さん&眞子さん…女性セブンが見続けてきた“愛の歴史”
 この4月で創刊から60周年を迎えた女性セブン。その歴史は世間を賑わせた女と男の“愛の歴史”でもありました。女性セブンだから知る、女性セブンだけが知る珠玉のスクープを一挙公開する。(年齢はすべて当時のもの…
2023.05.03 11:00
女性セブン
西島秀俊の海外志向は強まるが…
西島秀俊と織田裕二が見せた「ベテラン刑事の味」 春ドラマで思い出した藤田まことさんといかりや長介さんの名刑事ぶり
 今期のドラマでは数々の話題の作品が生まれているが、刑事もので存在感を発揮したのが西島秀俊と織田裕二だ。2人が見せた「ベテラン刑事の味」についてコラムニストのペリー荻野さんが綴る。 * * * 小ネタ…
2023.02.25 07:00
NEWSポストセブン
父は石橋凌、母は原田美枝子の俳優一家に育った(時事通信フォト)
石橋静河 七光りを感じさせず「誰にも何にも似ていない」その不思議な魅力
 役者が持つ空気、それがどこに由来するのか、説明することはなかなか難しい。だが、独特の空気を持つ俳優は確かにいる。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。 * * * …
2021.10.16 16:00
NEWSポストセブン
反町は90年代に大人気になった
反町隆史、竹野内豊…90年代“イケメン列伝”癒しや安心感がキーワード?
 バブル景気のきらびやかな時代が終わり、先行き不透明な時代に突入した1990年代。“かっこいい男”の条件も変わった。その時代を象徴する“イケメン”たちを紹介する。バブル崩壊後、不景気とともに男性に癒しを求め…
2021.08.31 16:00
女性セブン
石橋貴明との離婚を発表した鈴木保奈美
鈴木保奈美 石橋貴明との離婚前に3億ション購入していた
「私事で恐縮ですが 私共石橋貴明と鈴木保奈美は離婚したことをご報告致します」──突然、発表された離婚。タレントの石橋貴明(59)が、鈴木保奈美(54)との離婚を自身のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」で発…
2021.07.17 07:00
NEWSポストセブン

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン