• TOP
  • ライフ
  • 日野原重明 手帳の自由記入スペースは“心の管理”に使おう

ライフ

2010.09.30 07:00  週刊ポスト

日野原重明 手帳の自由記入スペースは“心の管理”に使おう

 毎年、有名人がプロデュースする手帳が人気となっているが、スケジュール管理だけでなく、「心を豊かにする」手帳として人気を集めているのが、聖路加国際病院理事長・日野原重明氏の『生きかた上手手帳』だ。(週刊ポスト2008年12月26日号より)

 週間スケジュール欄には、「今週のことば」として日野原氏の人生哲学が記されている。例えば2009年版の1月第1週のページにはこうあった。

<希望をもつということは、人間の精神力のいちばんの原動力です。ただじっと待っているだけでなく、つねに、希望を実現させようと準備を整えていてください>

 こんな日野原氏の講話が読めることに加え、手帳は自由記入スペースが大きいことも特徴。その意図を日野原氏自身が説明する。 

「“心の管理”をしてほしいからです。悲しいとか寂しいとかでもいい、日々の思いを書き留めてください。後で見返すことにより、心の状態を自己観察できます。自分自身の心の状態を知って初めて、人は成長できるのです」

 さらに、1週間ごとに体重、体温、血圧を記入する欄があり、生活習慣病予防に役立つという。「心と体を元気にする手帳」といえそうだ。

関連記事

トピックス