• TOP
  • 国内
  • 小野田元少尉はジャングルの中で大阪万博開催を知っていた

国内

2010.09.30 07:00  週刊ポスト

小野田元少尉はジャングルの中で大阪万博開催を知っていた

 終戦後もフィリピンのルバング島で“戦争”を続け、1974年に帰国した小野田寛郎元少尉。ジャングルの中で終戦すら知らずにいた「浦島太郎」のような存在と思われがちだが、実は終戦後の日本の様子を驚くほど詳細に知っていたという。ジャーナリスト・山根一眞氏との対談で当時の様子を語っている。(週刊ポスト1997年3月28日号より)

小野田 私はね、日本で戦後、何が起こっているかはだいたい知っていた。ラジオを聴いてましたから。

山根  ラジオを聴いていた?

小野田 住民のオールウェーブのトランジスタラジオ奪って。

山根  どんな放送を?

小野田 北京放送の日本語放送とかですよ。

山根  1960年代から70年代にかけて、北京放送はしきりに「アメリカ帝国主義は……」とやってました。

小野田 そういうのを聴けば、やっぱりアメリカは、と思いますよ。でも、文化大革命が始まってからは、放送内容が全然面白くなくなったですね。

山根  ほかには?

小野田 BBCとABC。

山根  イギリスのBBCの日本語放送は確かシンガポールで中継していたから、電波が強かった。ABCはカワセミの鳴き声で始まるラジオオーストラリア。あの日本語放送も人気があった。

小野田 モスクワ放送もラジオピョンヤンも。

山根  日本の放送は?

小野田 ラジオジャパンを聴いてましたよ。

山根  聴いていた!

小野田 新幹線営業開始も大阪の万国博覧会も知ってました。

 ただし、終戦については「偽の情報で敵をだますのは諜報戦術としてはふつうのことです。偽の新聞をつくることだってする」(小野田氏)と、最後まで完全に信じることはなかったようだ。

関連記事

トピックス