• TOP
  • ライフ
  • 残業代も出ない管理職への昇進を育児理由に断ることできる?

ライフ

2010.11.11 17:00  週刊ポスト

残業代も出ない管理職への昇進を育児理由に断ることできる?

「管理職への昇進を断わることはできるのでしょうか」…そんな相談が弁護士の竹下正己氏のもとへ寄せられた。
 
【質問】
 上司から管理職への昇進の話をほのめかされました。しかし、現在は妻と共働きで、育児の手間もかかるため、負担が増えることは避けたいのです。それに管理職といっても、仕事の責任が増えるだけで、残業代も出ないし、今は引き受けたくありません。断わることはできるでしょうか。
 
【回答】
 元来企業は、労働契約によって労働者から労働力の管理処分権を委ねられたものと解釈されていますが、人事権は、その委ねられた管理処分権にほかなりません。
 
 すなわち、会社は包括的な人事権を持っており、現在の人員配置の必要性だけでなく、将来に備えた人材育成の観点からも、適宜の職種や職階に配置できます。
 
 労働契約や労働協約によって制約されている場合を除き、労働関係の法律に違反したり、組合潰し目的のような濫用といえない限り、企業は自由に行使できます。改めて労働者の同意を要するものではありません。
  
 したがって人事権が発動されたら、このように労働力の管理処分という、労働契約の根幹に関わる権利が行使されたことになります。こうなっては、労働者は従わないわけにはいきません。会社としても、労働者の拒否で人事政策を変更することもできません。
 
 そこで、労働者が辞令に従わなければ、会社としても業務命令違反として何らかの処分をせざるを得なくなります。直ちに解雇に至らなくても、辞令が出されたあとは、それまでの職場では就労できなくなっているはずで、会社に出ることもできなくなります。そして解雇という事態が起きる可能性もあります。
 
 そこでそのような人事権の行使を受ける前に、昇格と子育てが矛盾する事情を十分に説明して、配慮を求めるのがよいでしょう。育児介護休業法の第26条では、事業者に配置場所の変更による子育て困難化に対する配慮を求めています。勤務場所の変更を伴わない昇格はこれに該当しませんが、子育てに影響する場合には配慮されると思います。
 
 しかし、責任が重くなるから嫌だという理由で、昇格の辞令を拒否することはできないでしょう。
 
※週刊ポスト2010年11月19 日号

関連記事

トピックス