• TOP
  • 国内
  • 女性が一番きれいなのは40代と『セカンドバージン』脚本家

国内

2010.11.23 17:00  女性セブン

女性が一番きれいなのは40代と『セカンドバージン』脚本家

 40代女性の“二回目の初めて”に直面する恋、そして苦悩を描き、同世代の女性たちの共感を呼んでいる連続ドラマ『セカンドバージン』(NHK・火曜22時~)。

 同作の脚本家・大石静さんは話す。

「私は40代が女性がいちばん旬できれいなときだと思いますよ。年齢と経験を重ねた大人の女の方がずっと素敵だと思うの。でもその一方で何か欠落感のようなものを感じる年代でもある。その欠落を何で埋めるのか……大人のラブストーリーを通し女性の葛藤を描きたいと思ったんです」

 ドラマで話題となっているのは、主人公・るいがいい放つその赤裸裸な台詞だ。

「今あなたを手に入れたら、私の仕事はうまくいかなくなるわ。普通の奥さんが家庭の平安を失いたくないように、私も今の仕事を失いたくないの」――。揺れ動く女の心。そして男女の話を展開する上で避けて通れなかったのが“セックスの問題”だという。

「るいは美人で子供も産んで、仕事もばりばりやって生きてきたけれど、40才になって気づけば20年も恋愛をしてない。もちろんいいよる男は山のようにいたけど、仕事一筋で成功を勝ち取ってきたんです。

 でも、やっぱり、るいにも欠落感がある。すべてを持っているはずなのに何か足りない。そこで“本気の恋”に直面するんです。本気の恋とは何か?と考えたときに、私はセックスの話は避けて通れないと思いました。

 しかも、40代になると女性はホルモンが減ってきます。 閉店前の大売り出しではないですが、自分の中に隠れていた性的欲求が出てくるのが40代だと思うんです。自分の誇りと欲望の間で闘いがあるんですね、きっと」(大石さん)

 なかなか恋愛に踏み出せない大きな理由として、女はまず裸になることに対する抵抗感がある。

 若いころの“最高の自分”を知っているだけに、みんな言葉にしないけれど、男性の前で裸になることに対する抵抗感が、恋に落ちることを踏みとどまらせているのかもしれないと大石さんはいう。

 ドラマの中で、行への思いに悩むるいは、自分の裸を鏡に映して憂鬱そうな表情を浮かべる。

「40代半ばになると、胸の位置が下がってきて、体全体がだらっとした感じになってきますよね。日常的に人に見せ慣れているならまだしも、そういうことから遠ざかっていると不安が大きくなります。

 20年セックスしていないということは、ほとんどバージンも同然。いや本当のバージンよりもセックスをすることが怖いかもしれない。腟も硬くなって、潤いもなくなっていないか、挿入できなくて“痛い”といったらみっともないんじゃないか‥‥そんなことも考えてしまうでしょう。40代になって新たな何かに踏み出すというのは難しい。でもそれだけ価値があるんだと思います」(大石さん)

※女性セブン2010年12月2日号 

関連記事

トピックス