• TOP
  • 芸能
  • 木村拓哉 『ヤマト』に出られるならロボット役でもよかった

芸能

2010.11.25 10:00  女性セブン

木村拓哉 『ヤマト』に出られるならロボット役でもよかった

 SMAPの木村拓哉(38)が主演する映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』が12月1日、全国東宝系ロードショーでいよいよ公開される。

 ヤマトの乗組員で戦闘班班長の古代進演じる木村拓哉だが、初めて観た映画がアニメの『宇宙戦艦ヤマト』だったという。

「テレビで見ていて、幼稚園のころおばあちゃんと行きました。それから何年もの時間を過ごしてきて、この作品の中に自分がはいることができるとわかったときは、すごくうれしかったです」

 古代進の相棒的存在といえば、ロボットのアナライザー。

「実写化に関わることができるなら、形は何でもいいやと思いました。スタジオに行って“これ着てください”って、アナライザーの衣装があったら、それでもいいくらい(笑い)」

※女性セブン2010年12月9日

関連記事

トピックス