• TOP
  • 芸能
  • 有吉弘行 忙しすぎて父の死に目にあえず、葬儀も欠席していた

芸能

2010.12.10 10:00  女性セブン

有吉弘行 忙しすぎて父の死に目にあえず、葬儀も欠席していた

 9月3日、毒舌芸人・有吉弘行(36)の父・博文さん(享年70)が実家のある広島県内の病院で亡くなった。博文さんは、今年2月に脳梗塞で倒れて意識不明のまま入院。7か月間の闘病の末、帰らぬ人となった。

 だが、多忙な有吉は博文さんの死に目にあえなかったばかりか、葬儀への出席も果たせなかった。有吉の様子を母が明かしてくれた。

「電話で主人の死を伝えたとき、最初は無言でしたけど、少し落ちつくと“お母さん、長い間お父さんのこと看てもらってありがとうございました”っていってくれて…。そして続けて“ぼくは仕事でいますぐには帰れないから、後はよろしくお願いします”って…」

 父が認めるほどの売れっ子芸人になってしまったがゆえに、葬儀にも参列できなかったのは皮肉というほかない。有吉はその夜、ツイッターでこんなことをつぶやいていた。

 <親父逝く。やっぱり悲しいものです『お疲れ様でした』>

 それから1週間後、有吉はようやく休みをもらい帰省した。「弘行は、仏壇の隣に置いてあった父親のお骨の前に座って、ずいぶん長い間じっとしていました。きっと心の中で主人といろんな話をしていたんでしょうね」

 そういって目に涙を浮かべた母。きっとこのとき、あの毒舌・有吉も誰にも気づかれぬように涙を流していたに違いない。

※女性セブン2010年12月23日号

関連記事

トピックス