国内

三橋貴明氏 バブルがデフレの元凶という論理は全くの間違い

 日本では「バブル」は経済失敗の代名詞として否定的な見方がなされている。

 バブル経済の期間には諸説あるが、1980年代半ばから1990年代前半にかけて、日本は実質成長率が最高6%台という高度成長期に次ぐ経済拡大を経験した。日経平均株価は3万9000円に迫り、地価は高騰。日本企業は「強い円」を武器に海外で不動産を買い漁り、サラリーマンの給料が上がって庶民や学生がブランド物を持つようになった。

 しかし、経済学者の多くや大メディアは次のような論理を展開し、バブルを否定する。

「あのとき国民や企業が投機に走ったから膨大な不良債権が残り、日本に長期不況をもたらした」「就職氷河期も高い失業率も、バブルの後遺症だ」

 国民もバブルがデフレの元凶だと刷り込まれている。

 しかし、経済評論家の三橋貴明氏は、そうした「バブル原罪論」をキッパリ否定する。

「バブルとは株や不動産などに対する投資で資産価値がどんどん上がっていく状態だと考えるとわかりやすい。国の富が増えるのだから決して悪いことではないし、資産価値の上昇で消費も活発化し、景気が拡大するという好循環に繋がった。

 しかも、円高で輸入物価が下がったことで、株や不動産が上がっても列島改造ブームのような生活必需品の狂乱物価は起きず、国民にとって物価安定と資産拡大のチャンスという理想的な環境が生まれた。ちなみに高度成長期は消費拡大で経済が成長したので、バブルとはいいません。資産価値を高める原動力は、あくまで投資であり、消費ではありません。

 日本ではバブル崩壊で株や不動産が暴落し、企業や金融機関の破綻が相次ぐなど痛い目にあった人が多いだけに、バブルはもう懲り懲りという意識が強い。しかし、バブルがデフレの元凶という論理は明らかに間違い。現在の不況を解消するために、意図的にバブルを作り、インフレに誘導することは有効な手段です」

※週刊ポスト2011年2月4日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二 YouTube開設も厳しい現実「ヒロミパターン」の復活はあるか
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言
週刊ポスト
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン