• TOP
  • 国内
  • 来年の九州大学数学科後期入試募集 9名の内女子枠5名

国内

2011.03.16 07:00  週刊ポスト

来年の九州大学数学科後期入試募集 9名の内女子枠5名

公平、公正が建て前の、入学試験に女子枠を設け、“女性優先”を打ち出す大学が出てきた。名古屋工業大学、金沢工業大学、福井工業大学、愛知工科大学自動車短期大学、倉敷芸術科学大学など、もともと女子学生が少ない工業系が多いのが特徴だ。

旧帝大の名門・九州大学でも、来年度入試から数学科の入試後期日程で女性枠を設けることに。同学科の後期募集の定員はわずか9名。うち一般枠の4名は男女ともに受験できるが、5名は女子枠とされ、男子は門前払い。男子受験生には狭き門がさらに狭くなるというわけだ。

九州大学数理学研究院長の金子昌信教授は導入の理由をこう説明する。

「他大学、一般企業を見渡してみても、女性の数学者の割合は非常に少ないのが現状。本学の数理学研究院でも、女性教員の在職比率は3%に過ぎません。国が進める男女共同参画の精神に則って、将来的に教育や研究に多様性をもたらすため、数学を学ぶ女子学生が増えてほしいと考えたのです」

数学分野に進む女子学生が少ないのは事実。それでもあえていわせてもらえるなら、「女子枠があるのなら、男子枠もつくってもらえないでしょうか」。

※週刊ポスト2011年3月25日号

関連記事

トピックス