芸能

奈美悦子 難治病にかかり「延命治療やめて」と遺書書いた

2004年、女優の奈美悦子さん(60)は、「掌蹠膿疱症性骨関節炎」という免疫不全の難治病にかかった。これは手のひらや足の裏に膿をもった発疹が繰り返しでき、やがて乾燥する皮膚病の一種で、強い痛みを伴い、骨の変形も引き起こす。前触れもなく襲ってきた異変は、50以上の病院を回っても病名がわからず、治療すらできない状態が8か月も続いた。奈美さんはこう振り返る。

「ひとり息子が困らないように遺書を書いたんです。実印はここにはいっているとか、家の権利証はここに預けてあるとか。意識がなくなってからの延命治療は一切やめてほしい、葬式は密葬で、お墓はいらない。山中湖に散骨してほしい…などと2ページぐらい、20項目を箇条書きにしました。

たぶん死んでいくのだろうと思ったんです。余命がわからないので、早く整理しなきゃと焦りました。サングラスやアクセサリー、着物など集めていたものも、息子にとってはゴミですから、すべて処分してくれ、と。でも一方で、仕事を再開したら、これは必要になるかもしれないと思う自分がいて…」

最後にたどりついた病院でやっと病名が判明。治療が始まり、徐々に回復していった。治療途中で食事療法を試すなかで、腸が免疫機能や自律神経と連携する大事な臓器であることを知り、腸内環境を整えるという雑穀に出合う。雑穀料理を勉強し、雑穀アドバイザーの資格も取得。テレビ局で出されるロケ弁当は食べないなど自分で決めたルールに沿った食生活を実践した結果、3年を経て、病をほぼ完治させることができた。

病気を経験したおかげで、毎朝、“今日も目が覚めてありがとう”と思えるようになりました。大きく深呼吸できたとき、あくびができたときに、うれしくて泣きました」

※女性セブン2011年3月31日・4月7日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン