ライフ

日本男子が美人米国女性をナンパできぬ理由を大前研一氏解説

 世界的な経営コンサルタント・大前研一氏の英語力は、国際的に活躍する日本人の中でも群を抜いている。その大前氏が、日本の英語教育の問題点を指摘する。

 * * *
 4月から小学校5・6年生の英語必修化がスタートする。だが、これはやらないほうがいい。今からでもストップする方法はないものか、と私は真剣に案じている。

 なぜかと言えば、まず小学校には英語の先生がいない。英語を教えなくていいという理由で、中学校・高校の先生ではなく、小学校の先生になった人が多いとも聞く。だから「小学校英語指導者資格」(NPO小学校英語指導者認定協議会による認定資格。今年1月時点で3万人以上が取得)などという聞いたことのない資格が出現したのだろう。

 さらに日本では、英語教員のTOEICの平均スコアが中学校560点、高校620点という統計がある。文部科学省はすべての英語教員に730点以上を求めているが、たとえば韓国でトップ5の大学に合格するためには800点以上が必要だ。

 つまり、日本の中学校・高校の英語教員は海外では“英語を教わるレベル”なのだ。ましてや小学校の先生となれば、中学校の英語教員よりさらに低いだろう。つまり、小学校の先生に真っ当な英語を教えられるとは、到底思えないのである。

 また、文科省の指導要領に基づいて英語を教えたら、必ず英語ができなくなることも、すでに証明されている。

 文科省の教育は、英語も○×式である。しかし、英語はコミュニケーションのツールだから○×はない。それを○×で判定するというのは最悪の教え方である。日本人が中学校・高校で6年間も勉強していながら英語ができない最大の原因は、○×式の教育にあるのだ。

 日本人は「○か×か」、すなわち「合っているか間違っているか」という領域に入った途端に緊張する。だから外国人に英語で話しかけようとすると、単語や文法、構文などが合っているかどうかを気にするあまり、言葉が出なくなってしまう人が多い。

 その点、たとえばイタリア人の英語は日本人と違って“実戦的”だ。彼らは「通じてナンボ」と思っている。イタリア人の男性がローマの街角でアメリカ人のかわいい女性旅行者を見かけたら、必ず英語で声をかける。間違えることに対する羞恥心がないから、ブロークンでも単語の羅列でも絶対に躊躇しない。

 だが、日本人の男性が東京の街角でアメリカ人のかわいい女性旅行者を見かけても、英語で声をかける人はほとんどいない。間違えると恥ずかしいからだ。

 つまり日本人は○×式の教育によって、英語についても×をつけられること、間違えることに恐怖を感じる“パブロフの犬”になってしまったのである。

※SAPIO2011年4月20日号

関連キーワード

トピックス

大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
「What's up? Coachella!」約7分間、圧巻のパフォーマンスで観客を魅了(写真/GettyImages)
Number_iが世界最大級の野外フェス「コーチェラ」で海外初公演を実現 約7分間、圧巻のパフォーマンスで観客を魅了
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
天皇皇后両陛下、震災後2度目の石川県ご訪問 被災者に寄り添う温かいまなざしに涙を浮かべる住民も
天皇皇后両陛下、震災後2度目の石川県ご訪問 被災者に寄り添う温かいまなざしに涙を浮かべる住民も
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン