• TOP
  • ライフ
  • 脱原発電力システムの鍵を握る「スマートグリッド」とは?

ライフ

2011.06.16 16:00  SAPIO

脱原発電力システムの鍵を握る「スマートグリッド」とは?

 日本が今後、脱原発へと進んでいくということは、この国に巨大な「新エネルギー関連需要」が生まれるということだ。キーワードは「スマートグリッド」だ。スマートグリッドとは直訳すれば「賢い送電網」だが、細かい定義は専門家の間でも異なる。

 簡単に説明すると「IT技術を駆使して、電力を供給と需要の双方から調整する、次世代型の電力網システム」である。つまり、どこでどれだけの電力が作られ、また消費されるかを細かく把握し、エネルギーを効率よく配分する仕組みそのものを指す。

 太陽光は悪天候の時、風力は無風の時に、発電できない。環境エネルギーは原発などに比べて出力が不安定である。そのため、スマートグリッドによるきめ細かい調整が不可欠となる。

 この分野で日本が遅れていると指摘するのは、国内外のエネルギー情勢・政策に詳しいエネルギー戦略研究所の山家公雄(やまか・きみお)所長だ。

「震災直後にエリアごとの輪番停電が実施されたことで図らずも明らかになりましたが、日本の送電網では大ざっぱにしか、『ON/OFF』の切り替えができません。

 もしスマートグリッドが導入されていれば、戸別にピンポイントで調整したり、信号や病院の電気は生かしたりといった処置ができたはずです」

 停電がたびたび起きる欧米に比べ、日本の送電網は進んでいるというイメージからすると意外だが、実際、5月26日には国際エネルギー機関が、「日本の送電網の再生可能エネルギーへの対応能力が世界の主要国の中で最低水準にある」とする報告書をまとめている。

 つまり日本が脱原発に進むためには、スマートグリッドの整備が急務であり、だからこそ国内外から「これからの需要」が注目されているのだ。

 一言でスマートグリッドと言っても、その裾野は非常に広い。資源エネルギー産業に詳しいジャーナリストの井元康一郎氏が説明する。

「スマートグリッドは、よく自動車技術と比較して説明されます。自動車の部品は、エンジンやタイヤなど、何万点もある。同じように、スマートグリッドを構成する要素には多種多様なものが含まれ、様々な技術の集合体がスマートグリッドなのです」

 具体的には太陽光、風力発電などの発電装置、それをロスなく送る送電技術や蓄電技術、その配分を調整する技術などが挙げられる。

「発電装置の部分では、日本の技術は高い。特に風力発電の増速機(羽根の回転を増幅して発電機に伝える機器)の世界シェアでは5~6割を日本の数社で占めています。他社に決定的な差をつけるだけのテクノロジーを持っているのです」(山家氏)

※SAPIO2011年6月29日号

関連記事

トピックス