ライフ

血栓を抑える「抗凝固薬」 約50年ぶりの新薬承認される

 血液を固まらせない抗凝固薬の内服薬は、これまで「ワルファリン」1種類しかなかったが、約50年ぶりに新薬が承認された。新薬は服用後すぐに効果が現われる、納豆などの食品や他の薬品との相互作用による効果の変動が少ない、使用量が決められていてクリニックでも安全に使用できるといった利点がある。しかし、薬価が10倍以上と高く、新薬への移行は時間がかかりそうだ。

 抗凝固薬は、震災時に問題になった脱水や、長時間同じ姿勢でいることで血栓ができるエコノミークラス症候群に代表される深部静脈血栓症や肺塞栓症、心房細動による血栓が脳の動脈に飛ぶ心原性脳塞栓症などの予防と治療に処方される。日本では1962年に承認されたワルファリン(商品名:ワーファリン)が唯一の抗凝固薬として長年使用されてきた。この薬はアンチトロンビン、プロテインC、プロテインSなど抗凝固因子の先天性欠損症の静脈血栓症予防にも使われている。

 東京医科歯科大学医学部附属病院血液内科の小山高敏准教授に話を聞いた。

「血栓形成には、血小板と凝固因子が関与しています。動脈血栓は主に血小板によって、静脈血栓は主に凝固因子によって生じます。動脈血栓の予防にはアスピリンなどの抗血小板薬が有効で、静脈血栓予防には抗凝固薬のワルファリンが用いられてきました。しかし、高齢化に伴い心原性脳塞栓症も増えていることから抗凝固薬の需要の増加が見込まれ、約50年ぶりに新薬が承認されました」

 今回承認された新薬「ダビガトラン(商品名:プラザキサ)」は、活性化された凝固因子IIa(トロンビン)を直接阻害する薬で、同様に活性化Xa因子をじかに阻害する「エドキサバン」(同:リクシアナ)、「リバロキサバン」も承認予定だ。いずれも直接凝固因子を抑制するので、飲んですぐに効果を発揮し、食品や薬品などとの相互作用がない。

 ワルファリンは薬価が1錠10円程度で、大多数の患者が1日40円以下(保険適応では自己負担が3割)と金銭的負担が少ないが、ダビガトランは1日540円と10倍以上の高額である。「納豆を禁止されるだけなら安いほうがいい」という考えもあり、病状や患者の希望、医療機関に応じた使い分けがなされるものと思われる。(取材・構成/岩城レイ子)

※週刊ポスト2011年7月8日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

春夏合わせて15回の甲子園出場
野球部員の飲酒を公表しなかった九州学院 「甲子園飲酒県議」との対応の違いに疑問の声
NEWSポストセブン
松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)
解説・松木安太郎氏の「いいボールだ!」絶叫はなぜ減った? 研究家が感じ取ったW杯の“異変”
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明
引退後に学生へ転身した元プロ野球選手 医師を目指す者、研究者を目指す者
週刊ポスト
後見人のふたりが一騎打ち?(時事通信フォト)
動き出す「ポスト岸田選び」本命・茂木、対抗・河野を押しのけ、麻生vs菅の一騎打ちも
週刊ポスト
(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
拡散している動画(ツイッターより)
札幌市内『すき家』深夜「気温4℃で半袖トレーニング」 広報が答えた衝撃動画の真相
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト