ライフ

血栓を抑える「抗凝固薬」 約50年ぶりの新薬承認される

 血液を固まらせない抗凝固薬の内服薬は、これまで「ワルファリン」1種類しかなかったが、約50年ぶりに新薬が承認された。新薬は服用後すぐに効果が現われる、納豆などの食品や他の薬品との相互作用による効果の変動が少ない、使用量が決められていてクリニックでも安全に使用できるといった利点がある。しかし、薬価が10倍以上と高く、新薬への移行は時間がかかりそうだ。

 抗凝固薬は、震災時に問題になった脱水や、長時間同じ姿勢でいることで血栓ができるエコノミークラス症候群に代表される深部静脈血栓症や肺塞栓症、心房細動による血栓が脳の動脈に飛ぶ心原性脳塞栓症などの予防と治療に処方される。日本では1962年に承認されたワルファリン(商品名:ワーファリン)が唯一の抗凝固薬として長年使用されてきた。この薬はアンチトロンビン、プロテインC、プロテインSなど抗凝固因子の先天性欠損症の静脈血栓症予防にも使われている。

 東京医科歯科大学医学部附属病院血液内科の小山高敏准教授に話を聞いた。

「血栓形成には、血小板と凝固因子が関与しています。動脈血栓は主に血小板によって、静脈血栓は主に凝固因子によって生じます。動脈血栓の予防にはアスピリンなどの抗血小板薬が有効で、静脈血栓予防には抗凝固薬のワルファリンが用いられてきました。しかし、高齢化に伴い心原性脳塞栓症も増えていることから抗凝固薬の需要の増加が見込まれ、約50年ぶりに新薬が承認されました」

 今回承認された新薬「ダビガトラン(商品名:プラザキサ)」は、活性化された凝固因子IIa(トロンビン)を直接阻害する薬で、同様に活性化Xa因子をじかに阻害する「エドキサバン」(同:リクシアナ)、「リバロキサバン」も承認予定だ。いずれも直接凝固因子を抑制するので、飲んですぐに効果を発揮し、食品や薬品などとの相互作用がない。

 ワルファリンは薬価が1錠10円程度で、大多数の患者が1日40円以下(保険適応では自己負担が3割)と金銭的負担が少ないが、ダビガトランは1日540円と10倍以上の高額である。「納豆を禁止されるだけなら安いほうがいい」という考えもあり、病状や患者の希望、医療機関に応じた使い分けがなされるものと思われる。(取材・構成/岩城レイ子)

※週刊ポスト2011年7月8日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
『君の名は。』のプロデューサーだった伊藤耕一郎被告(SNSより)
《20人以上の少女が被害》不同意性交容疑の『君の名は。』プロデューサーが繰り返した買春の卑劣手口 「タワマン&スポーツカー」のド派手ライフ
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
《大好評ドラマ》『アンメット』杉咲花を歌で支える女性アーティストたち 木村カエラらのCMはドラマと“最高のコラボ”
NEWSポストセブン
綾瀬はるかが結婚に言及
綾瀬はるか 名著『愛するということ』を読み直し、「結婚って何なんでしょうね…」と呟く 思わぬ言葉に周囲ざわつく
女性セブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン
やりたいことが見つかると周りがみえなくなるほど熱中するが熱しやすく冷めやすいことも明かした河合優実
大ブレイクの河合優実、ドラマ『RoOT/ルート』主演で感じる役柄との共通点「やりたいことが見つかると周りが見えなくほどのめり込む」
NEWSポストセブン