芸能

『マルモのおきて』 マルモ役が反町隆史ならヒットしてなかった

 いま大ブームになっているドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系、毎週日曜午後9時~)。7月3日放送予定の最終回では、一家が温泉旅行に出かけ、その後、マルモが双子の姉弟(芦田愛菜、鈴木福)に、ある話を切り出すという注目のストーリーが展開していく。

 毎回、涙を流しながら見ている女性の視聴者が多いといわれるが、実は男性の視聴者も多く“マルモ泣き男子”も急増中とか。

 男性からは、マルモ役の阿部サダヲ(41)を支持する声が多い。毎回、涙を流しながら見ているという30代のサラリーマンは「マルモは、子供に手をあげてしまったり、決して完璧じゃないけど、子供のためにいつも精いっぱい。阿部さんの演技は、そのがむしゃらな姿がズバズバ伝わってくる」とその魅力を語る。

「阿部さんって、あのルックスからしても、自分たちの周りにもいそうな普通のアラフォーのオヤジ。イケてないシーンを見ると、“こういうことって自分もある”“わかるよ~”って思えるんですよ」(40代のサラリーマン)なんて声も。

 マルモは、親友の遺児である双子の姉弟を引き取り“父親”として、家事や子育てに奮闘するが、阿部はその姿を、ときにアツく、ときにコミカルに演じている。男性からは、そんな阿部の演技が共感を呼んでいるようだ。

 ドラマウオッチャーの北川昌弘さんが解説する。

「子役ふたりのパワーもありますが、ヒットしたのはやはり阿部さんの力も大きいと思いますね。今クールでは、同じく家族愛をテーマにした『グッドライフ』(フジテレビ系)で反町隆史さんが父親役を演じていましたが、仮にマルモ役が反町さんだったら、こんなにヒットしてたでしょうか。どこか無難な作品に終わってしまったように思います。“どこにでもいる平凡な男”が家族に起こる問題を悪戦苦闘しながら乗り越えていく、そんな“父親像”は二枚目の役者よりも、阿部さんのほうがハマリ役といえますね。男性視聴者もそんな阿部さんの姿を、自分に置き換えて見ているのではないでしょうか。阿部さんならではの幅広い演技力も、多くの視聴者から支持を集める要因ですね」

 これまでの最高視聴率は17.2%。最終回でどこまで伸ばすのかも注目される。

関連記事

トピックス