• TOP
  • スポーツ
  • 高校女子サッカーで注目「次世代なでしこ」は17歳色白美少女

スポーツ

2011.08.03 16:00  週刊ポスト

高校女子サッカーで注目「次世代なでしこ」は17歳色白美少女

「次世代なでしこ」の呼び声高い仲田歩夢・17歳

 なでしこフィーバーが冷めやらぬ中、静岡で行なわれた全日本高校女子サッカー選手権大会。中でも注目されたのが、圧倒的な強さで決勝まで勝ち上がった常盤木学園(宮城)の11番、仲田歩夢(あゆ・17)だ。中盤の選手ながらゴールを量産。色白で端正な顔立ちということもあり、雨で濡れたピッチの中でも一際目立っていた。

 左足から変幻自在にパスやシュートを放つ。憧れの存在は同じ左利きであるバルセロナ所属のメッシ。暇さえあれば彼のDVDを観てプレーを研究しているそうだ。

 この仲田らユース年代の“リトルなでしこ”たちの活躍ぶりは、目を見張るものがある。昨年のU-17W杯では準優勝に輝き、A代表のお姉さんたちより一足先に世界を驚かせた。

 サッカー専門誌記者が語る。

「中盤から前は強さと美しさを備えたタレントの宝庫です。ボランチには澤二世と呼ばれる田中陽子、高校生ながらなでしこリーグでプレーする猶本光がいる。さらにMFながら鋭い得点感覚を持つ川島はるなもいます。ここにドイツW杯の優勝メンバーである岩渕真奈も加わるのだから、この先ますますなでしこは強くなるでしょう」

 このうちの何人かが、来年のロンドン五輪で間違いなく脚光を浴びるはずだ。

※週刊ポスト2011年8月12日号

関連記事

トピックス