国際情報

ゴーン氏 タイでマーチ生産指示、ドライな決断は日本人は無理

 東日本大震災に苛まれて、一時は日本の自動車産業全体に急ブレーキがかかった。だが、徐々回復基調が鮮明になりつつある。その中でも、反転攻勢いちじるしいのがカルロス・ゴーン社長率いる日産自動車だ。経営コンサルタントの大前研一氏がその強さの秘密を分析する。

 * * *
 日産は日本でホンダと2位を争い、アメリカでもヨーロッパ勢に比べれば強い。世界的にもトヨタが低迷する中で伸びている。中国をはじめとする新興国や途上国で躍進しているからだ。これは良い意味で日本人の神経を持っていないゴーン社長のお陰だと思う。
 
 日本人の経営陣は、新興国や途上国に突っ込んでいくのはリスクが高いという発想になって腰が引けてしまう。しかし、ブラジル生まれでレバノン育ちのゴーン社長には、そういう恐れはないようだ。それどころか彼のグローバルな視点から見れば、未知の市場はリスクではなくチャンスと映るのだろう。だから新興国や途上国に積極果敢に進出する世界戦略を展開しているのだと思う。
 
 たとえばコンパクトカー「マーチ」は、今やすべてタイ製だ。内外に強力なライバルが多いマーチは価格を上げられないため、人件費が高い日本で生産していたらコスト競争力がなくなる。したがってゴーン社長は、タイで日本と同じ品質の商品が生産できるようになったら、さっさと日本の工場を閉め、日本市場向けもタイからの「逆輸入」にして、100万円切りの低価格を実現したのである。
 
 これほどドライな決断は、日本人の経営陣だと、そう簡単にできるものではない。そこがBRICs(Brazil,Russia,India,China)で大きく出遅れたトヨタとの違いであり、東日本大震災後に下がった株価が日産は回復しているのにトヨタは回復していないという株式市場の評価にもつながっている。
 
「世界の最適地で作って最も有力なマーケットに届ける」ことがボーダレスワールドにおけるグローバル化の鉄則だ。そう私は1989年から口を酸っぱくして言ってきたが、まさにゴーン社長はそれを実践しているわけだ。

※SAPIO2011年8月17日・24日号

関連記事

トピックス

同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
遺体が見つかった直後の様子(時事通信フォト)
松戸市女児行方不明、DNA検査で南朝芽さんと判明 捜査員の姿が見えなくなった背景
NEWSポストセブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
(共同通信社)
プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで
女性セブン
首相秘書官に就任した長男の岸田翔太郎氏
秘書官就任の岸田首相長男「慶応大学時代の選挙応援で教授が激怒」「SNSにワイルド写真投稿」の素顔
NEWSポストセブン
新たな”エースアナ像”を体現しているテレ朝の弘中綾香アナ
資産15億円社長と結婚で“無双状態”の弘中綾香アナを待ち受けるアナウンス室の「出世の掟」
NEWSポストセブン
身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平 記録的シーズンの途中での異例1年契約は「WBC出場への決意」だと識者は指摘
NEWSポストセブン