• TOP
  • スポーツ
  • 阪神真弓監督の放任采配 原点は高校時代のまさかの1回戦負け

スポーツ

2011.08.22 07:00  週刊ポスト

阪神真弓監督の放任采配 原点は高校時代のまさかの1回戦負け

日本球界の頂点を極めたプロ野球選手・監督といえども、高校球児の時の記憶がその後の野球観を作り出している――。スポーツライター・永谷脩氏が、12球団監督たちの采配のルーツを、彼らの高校球児時代に探った。ここでは阪神・真弓監督のケースを紹介する。

* * *
九州最強を謳われた1971年夏の柳川商(福岡)は、予選1回戦で九州工に0-1のまさかの敗退。この試合で3番打者として2安打を放ったのが阪神監督・真弓明信だった。

「あの試合、バントを使えば勝てたかもしれないが、選手の成長のためには自主性に任せる方がいい」

というのが、当時の監督の指導方針。あまり動かず自由にやらせるという真弓采配の原点が見える。同期の若菜嘉晴(元横浜)も、のちに城島健司をダイエーの主力捕手に育て、真弓阪神への入団を手助けした。

※週刊ポスト2011年9月2日号

関連記事

トピックス