• TOP
  • ライフ
  • 80年代のエレベーターガール あまりに壮絶ないじめと仕返し

ライフ

2011.09.17 07:00  女性セブン

80年代のエレベーターガール あまりに壮絶ないじめと仕返し

 職場の上下関係が厳しい……と悩む方も多いだろうが、一見華やかに見える世界でもそれは同様。かつてデパートの「エレベーターガール」は憧れの職業ではあったものの、そこには阿鼻叫喚の地獄絵図があった。1988年、都内の某デパートに入社3年め、エレベーター係のCさん(20)は、先輩の体育会系ノリの厳しい指導への不満を語っていたが、復讐がエスカレートしていったのだ。(女性セブン1988年10月6日号より)

* * *
 私の勤める会社が特殊なのかもしれないけど、学校の運動部のノリなんですね。最初の1年は先輩後輩の規律がすごく厳しい。「上へまいりま~す」というときの手が曲がっているとか、気取ったいい方をするんじゃないとか、きつい調子で直されるんです。

 一対一で何度も同じことをさせられて、なかには泣くまでやらされた人もいます。30センチの物差しを持ってくる先輩もいて、手のあげ方が悪かったりすると、ビシッと、すぐそれが飛んでくるんです。

 そのうち、いじめられた人たちが自然と固まってしまうんです。で、先輩のお気に入りのコっているでしょ。その子たちに、先輩のうらみ、つらみを向けるわけ。

 そのなかのひとりが休憩時間によく先輩たちにお菓子をあげてたの。生シュークリームが好きな先輩がいて、たいていそれなのね。そこで、生シュークリームを1週間くらい前から仕込んでおいて隠しておき、クリームだけを彼女が買ったものと入れ替えるの。

 6個あったら4個だけ腐ったやつに替えておくのよ。腐ってないやつは形を崩しておくのね。すると彼女、きれいな形をしたほうから先輩にあげるでしょ。じつは、それが腐った生シューなのよね。

 先輩たちにかわいがられてるコで、唇が赤いのを自慢してるコがいたのね。そのコの口紅の中に縫い針を埋め込んでおいたのよ。

 ある日、帰りぎわにロッカールームで「キャーッ」彼女の唇から鮮血がポタポタ落ちてたわ。私たち、「アラ、唇が赤いの自慢だっていったって、なにも血染めにすることないじゃない」って冷ややかなもんよ。

 それから、いつもファッションを自慢してるコがいたの。ある日、彼女がまっ白のパンツルックできたの。ソレーッてなもんよ。

 勤務時間中は制服だから、私服はロッカーにかけてあるわけ。で、私たちのなかで生理中のコがいて、そのコのタンポンを、そのボディコンのまっ白いパンツの股の部分にはさみつけておいたのよ。

 帰りぎわ、彼女が着替えるときになって「ワーッ」と大騒ぎ。でも、証拠がないんだもん、結局、泣き寝入りよ。

関連記事

トピックス