• TOP
  • 国内
  • 16才娘に覚醒剤・売春強要の札幌鬼母 娘と夫の仲に嫉妬か

国内

2011.09.29 16:00  女性セブン

16才娘に覚醒剤・売春強要の札幌鬼母 娘と夫の仲に嫉妬か

8月17日、北海道札幌市内の自宅マンションで覚せい剤を使用したとして、母親(42)の再婚相手である養父(35)とともに逮捕されたA子(16)。供述によると、小学6年生のころから携帯電話の出会い系サイトを使って1回1万~1万3000円で売春し、全額を母親に渡していたという。

またA子は、3か月くらい前に母親に勧められて、養父から10回ほど覚せい剤を注射されたとも話している。鬼母の行状はそれだけにとどまらなかった。地元紙の社会部記者はこう話す。

「A子の胸などには母親のイニシャルなどがはいったタトゥーが少なくとも3か所。さらには、長い売春生活のためか、2度の中絶経験があると話しています」

9月20日には、A子にわいせつ行為をしたとして元暴力団員・山本憲彦容疑者(36)も逮捕。山本容疑者はA子の両親に覚せい剤を売っていた売人で、A子はその代金の代わりに、これまで10回以上も性的行為に及んだという。

しかし、今年2月までA子を保護していたという札幌児童相談所の関係者は、A子の供述に首を傾げる。

「あの子は、ほとんど中学校にも通っていなくて、この施設にいたんですが、小6から売春させられていたなんて話は本人から一度も聞いたことがありません。報道で初めて知ることがあまりにも多いんです。そもそも私たちは彼女が高校に行きたくない、就職したいというので家に帰したんですから…」

一方でこんな話も。前出の社会部記者がこう話す。

「今回事件が発覚したのは、母親が警察に“夫と娘が覚せい剤を使用している”と通報したからなんです。実はA子と養父は恋愛関係にあったんですが、母親は娘と夫の関係に嫉妬したと思われます。それに、母親も覚せい剤使用の過去がありますし、いま行方がわからないのも、薬物反応が消えるまでの時間稼ぎと疑われています」

※女性セブン2011年10月13日号

関連記事

トピックス