• TOP
  • 国際情報
  • 【キャラビズム】友情とは電池のように使うほど減っていくもの

国際情報

2011.10.01 16:00  NEWSポストセブン

【キャラビズム】友情とは電池のように使うほど減っていくもの

 アンドレ・キャラビ氏は、1927年フランス生まれの84歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム」。さて、あなたはどう受け止めるか? 今回は、「友情」編である。

  * * *

・Un  Ami,c’est quelqu’un que l’on est prêt à aider , une Relation,c’est quelqu’un que l’on est prêt à exploiter.

 友だちとは喜んで助け合う人、  付き合いとは利用しあう人!

・ L’amitié c’est comme une pile,elle s’use au fur et à mesure que l’on s’en sert.

 友情は電池のようなもの、使うほど減っていくもの!

・Les faux amis,sont ceux qui agissent comme les banques, ils sont prêts à vous aider quand vous n’en avez pas besoin.

 見かけの友だちは銀行のようなもの、必要な時に助けてくれない!

関連記事

トピックス