国内

有名校試験日に塾講師が激励する光景に「バカバカしい」の声

中学受験に関する独特の「業界ことば」は数多い。中高一貫校、学習塾、そして保護者の間で使われている「受験用語」を3つ紹介しよう。

■エコノミークラス【えこのみーくらす】
入試偏差値の低い中高一貫校のこと。偏差値の高い最難関校、難関校は「ファーストクラス」「ビジネスクラス」と呼ぶ。進学塾は塾の評価に直結する「ファーストクラス」の入試対策に力を入れる傾向があるため、「エコノミークラス」を受験する場合は、過去問の傾向など、自分で対策を立てる必要がある。

■学徒出陣【がくとしゅつじん】
有名校の試験日に、会場に入る受験生の行列を保護者や学習塾関係者が激励して見送る光景のこと。学習塾講師の間では、「バカバカしい」という意見と、「これをやらないと指導が終わった実感がしない」という意見に分かれている。

■五分五分【ごぶごぶ】
合格の可能性が20%以下のこと。学習塾が生徒に志望校を変えさせる責任を回避するための方便。使う時には「深刻そうな表情」がセット。
用例:「息子さんの成績だと○×学園は五分五分です。別の学校も検討してみましょう」

※週刊ポスト2011年11月4日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン