• TOP
  • 国内
  • ゴミ騒動の小金井市長は朝日新聞出身で3年前まで小説家志望

国内

2011.11.07 16:00  週刊ポスト

ゴミ騒動の小金井市長は朝日新聞出身で3年前まで小説家志望

文字通りの土下座行脚のおかげで、何とか街中にゴミがあふれる事態は回避できそうである。自前のゴミ焼却施設を持たない東京・小金井市がゴミ収集停止の危機に瀕している問題で、佐藤和雄市長(54)が辞職を発表した。

佐藤氏は、山口県阿知須町の出身。早稲田大学政治経済学部を卒業後、電気メーカーを経て、1983年に26歳で朝日新聞社に入社した。政治畑を歩み、首相官邸キャップや政治部次長を歴任。ニューヨーク特派員も務めた。

朝刊2面のコラム「ニュースがわからん!」は、同氏の発案だという。2003年には『検証日露首脳交渉』(共著/岩波書店)という著作も発表している。そんな佐藤氏が、朝日新聞社を飛び出したのは3年前のこと。当時を知る関係者はいう。

「本人は『新聞記者は50歳まで』と決めていたそうですが、まだ年頃の子供さんが2人いましたし、突然のことだったので周囲は驚いていました。創作活動、執筆活動をしたいということでした。取材経験などを生かした小説でも書くのかと思っていました」

しかし心変わりも早かった。朝日退社後、目立った著作を発表することなく、「ジャーナリストゆえの疑問がむくむく」(本人HPより)湧き出て市民活動に励むようになり、市長選出馬を「ある日落雷に打たれるように決意」(同)した。3・11後の混乱のさなか、5選を目指した現職を破って当選。が、現実は厳しかった。

「大新聞の政治部出身といっても、実際の政治は素人。頭はいい人だと思ったが、何より立ち回りが下手で人の動かし方を知らなかった。議会とはずっとうまくいっていなかった」(小金井市議会議員)

※週刊ポスト2011年11月18日号

関連記事

トピックス