芸能

木村拓哉ドラマ効果で品川に係留中の南極観測船見学者8倍に

「船の科学館」前に係留展示されている宗谷

毎回、15%を超える視聴率を記録している木村拓哉主演のドラマ『南極大陸』(TBS系)が話題を呼んでいるが、ドラマ効果で初代南極観測船「宗谷」も脚光を浴びている。

ドラマの放送以来、東京・品川区の「船の科学館」前に係留・永久保存展示されている宗谷の見学者が急増しているという。

「目に見えて変化が表れたのは、ドラマ初回放送(10月16日)の次の週末からです」と語るのは、同館の企画・広報課の山田寛さん。見学者数は、10月23日が1257人、10月24日が3153人で、昨年の3~8倍という盛況ぶり。11月にはいってからも、週末には1000人近い見学者が訪れている。

ドラマのロケも行われたことから、「木村拓哉さんは、どこでロケされたのですか?」と尋ねる人や、木村が立った船首に向かって記念写真する人もいるという。船内を見学することもでき、実際に舵輪を触ることができる操舵室も人気だとか。

宗谷は1937年、もともと貨物船として造られたが、その後、海軍特務艦として太平洋戦争を経験。引き揚げ船、灯台補給船を経て、1956年に日本で初めて南極観測に向かい、数々の困難を経て南極大陸へ到達。その後、6度に渡って南極観測で活躍。

「以前は、お年を召したかたやファミリー層が中心でしたが、女性や学生も増えて、男女問わず幅広い年齢層のかたがお越しになっています。南極観測船になる前の“引き揚げ船”時代に縁のある方が、宗谷の船名をドラマで耳にして、あの船だ…ということで船を見に来たかたも少なくありません。宗谷の歴史を感じます」(前出・山田さん)

きょう11月13日放送の『南極大陸』では、第一次南極観測隊を乗せて日本に帰り着いた宗谷が、再び南極へ向かうために改造工事されることに。ドラマの行方とともに、さらに宗谷の注目度がアップしそうだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン