• TOP
  • 芸能
  • 木村拓哉ドラマ効果で品川に係留中の南極観測船見学者8倍に

芸能

2011.11.13 07:00  NEWSポストセブン

木村拓哉ドラマ効果で品川に係留中の南極観測船見学者8倍に

「船の科学館」前に係留展示されている宗谷

毎回、15%を超える視聴率を記録している木村拓哉主演のドラマ『南極大陸』(TBS系)が話題を呼んでいるが、ドラマ効果で初代南極観測船「宗谷」も脚光を浴びている。

ドラマの放送以来、東京・品川区の「船の科学館」前に係留・永久保存展示されている宗谷の見学者が急増しているという。

「目に見えて変化が表れたのは、ドラマ初回放送(10月16日)の次の週末からです」と語るのは、同館の企画・広報課の山田寛さん。見学者数は、10月23日が1257人、10月24日が3153人で、昨年の3~8倍という盛況ぶり。11月にはいってからも、週末には1000人近い見学者が訪れている。

ドラマのロケも行われたことから、「木村拓哉さんは、どこでロケされたのですか?」と尋ねる人や、木村が立った船首に向かって記念写真する人もいるという。船内を見学することもでき、実際に舵輪を触ることができる操舵室も人気だとか。

宗谷は1937年、もともと貨物船として造られたが、その後、海軍特務艦として太平洋戦争を経験。引き揚げ船、灯台補給船を経て、1956年に日本で初めて南極観測に向かい、数々の困難を経て南極大陸へ到達。その後、6度に渡って南極観測で活躍。

「以前は、お年を召したかたやファミリー層が中心でしたが、女性や学生も増えて、男女問わず幅広い年齢層のかたがお越しになっています。南極観測船になる前の“引き揚げ船”時代に縁のある方が、宗谷の船名をドラマで耳にして、あの船だ…ということで船を見に来たかたも少なくありません。宗谷の歴史を感じます」(前出・山田さん)

きょう11月13日放送の『南極大陸』では、第一次南極観測隊を乗せて日本に帰り着いた宗谷が、再び南極へ向かうために改造工事されることに。ドラマの行方とともに、さらに宗谷の注目度がアップしそうだ。

関連記事

トピックス