• TOP
  • 国内
  • 出自報道の橋下徹氏 子供から「仕方ない」といわれ救われる

国内

2011.12.02 07:00  女性セブン

出自報道の橋下徹氏 子供から「仕方ない」といわれ救われる

11月27日に府知事と市長の大阪W選挙で圧勝した大阪維新の会。新しい大阪市長となる橋下徹氏(42)は、当選後の記者会見の席で、殺害予告の脅迫状が届いていたことを明かした。それも1通ではなく複数で、本人だけでなく家族を殺すという過激な内容のものまで含まれていたという。

「当初、橋下氏にSPはつく予定だったんですが、殺害予告が次々と届くようになり、最終的には10人以上になりました。自宅周辺には24時間警察が警戒し、私服警官も配置され、厳重な警備が敷かれました」(全国紙記者)

妻の典子さん(41)は、橋下氏の命はもちろん、子供たちの安全も考えて、出馬をしてほしくなかったのだろう。「市政に行ったら府政より心配だから、本当にやめてほしい」そういって橋下氏を何度も説得したという。

だが、橋下氏の決意は固かった。夫がそこまでの気持ちならばと典子さんは不安な気持ちを押し殺して全力でバックアップすることを決意する。選挙戦がスタートすると、不眠不休で走り続ける夫の健康に、人一倍気を使った。

「選挙が始まって1週間ほどが経ったころのことでした。典子さんは、橋下さんの表情を見て気がついたんでしょうね。“そろそろ体力的に限界に近いはず”と心配して、自ら仲のいいお医者さんに連絡して、栄養補給の注射を打ってもらう手筈を整えていました。翌朝、点滴を終えた橋下さんは、すっかり元気になっていましたよ」(後援会関係者)

また今回は普通の選挙戦とは違い、橋下氏だけでなく家族にも危害が及ぶことも考えられたため、典子さんは子供の安全に気を配った。

「殺害予告まで出ていたことから、“子供が心配だ”と、いちばん下の幼稚園の子の送り迎えは誰にも頼らず必ず典子さんがやっていましたね。いつもはバス乗り場まで送るんですが、直接、幼稚園まで送っていましたよ」(前出・後援会関係者)

そんな典子さんの献身的な姿を見ていた子供たちも橋下氏を支えた。

「“同和報道”が出たとき、橋下氏は、自分自身も知らなかった事実がいっぱいあって、非常にショックを受けたそうです。それでも、中学生の長男と長女には、きちんと報道について説明をしたんです。すると子供たちは、“いろいろ書かれることは仕方ないんちゃう?”といって、逆に橋下氏を励ましたそうです。これには、橋下氏も“救われた”ってもらしていましたよ」(前出・後援会関係者)

※女性セブン2011年12月15日号

関連記事

トピックス