• TOP
  • 国際情報
  • 1月開校“性の学校”美人校長「教育の核は理論でなく実践」

国際情報

2011.12.15 16:00  週刊ポスト

1月開校“性の学校”美人校長「教育の核は理論でなく実践」

セックス・テクニックやセックス・マッサージの講義に、セックスの実践演習が1学期につき200時間――。こんな学校が、来年1月にオーストリアで開校する。その名も、オーストリア国際スクール・オブ・セックス(AISOS)。

この世界初のセックス専門学校の設立者で、校長を務めるのは、マリア・トンプソン氏。彼女は、1980~1990年代にスウェーデンのセックス専門番組で人気を博し、ヨーロッパのテレビ界では有名な美人司会者だ。

彼女は、設立への思いを次のように語っている。

「技術を学ぶための学校で、性科学を教えるようなありがちな学校ではありません。教育の核は理論ではなく、実践。AISOSでは、あなたの人生を変えるだけでなく、パートナーになる人々の人生も変えられるセックスのスキルを身につけていただきたいのです」

※週刊ポスト2011年12月23日号

関連記事

トピックス