芸能

V6三宅健とブラジル出身モデル大屋夏南 堂々デート&お泊り

とある金曜日の夜8時過ぎ。セレクトショップが並ぶおしゃれな街の通りをV6の三宅健(32)は歩いていた。全身黒できめていたが、ブルーのニット帽に水色のリュックを背負う彼は、眼鏡などで変装することもなかったし、堂々と歩いていた。

道行く人はみな三宅に気づいて振り返っていたのだが、なにより彼の隣に寄り添って歩く長身美女を見てため息をもらしていた。

ボアつきのミリタリーコートに、ショッキングピンクと黒のボーダーの手袋をしたその美女は、ブラジル出身の人気モデル・大屋夏南(24)だった。エキゾチックな顔立ちとサバサバした性格で、『sweet』(宝島社)、『MORE』(集英社)、『GLAMOROUS』(講談社)など、多くのファッション誌から引っ張りだこだ。ふたりを知る芸能関係者はこう話す。

「もともとクラブイベントなどで顔見知りだったし、共通の友人も多かったんですが、去年の秋ぐらいからよくデートをするようになったそうです。ふたりとも変装したり、隠れてコソコソするのが嫌いだから、ファンの間では噂になっていたんですよ」

しかし冒頭の夜、三宅は人目も憚らず大屋と笑顔で話したり声をあげて笑ったりしながら、しばらくの間、ゆっくりと夜道の散歩を楽しんだ。そして彼女の自宅マンションへ一緒に帰ると、そのままお泊まりしたのだった。

※女性セブン2012年2月16日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン