三宅健一覧

【三宅健】に関するニュースを集めたページです。

ジャニーズグループの活躍が続く
三宅健が主演する『陰陽師』 これまでの作品とは「一味違う」ポイントとは?
 2月22日に開幕した三宅健主演の舞台『陰陽師 生成り姫』。安倍晴明が主人公の作品はこれまで多くの俳優が演じてきたが、今作はそれらとは「一味違う」という。コラムニストで時代劇研究家のペリー荻野さんが解説する。 * * * 新橋演舞場で上演中(12日まで、京都南座18~24日)の三宅健主演の『陰陽師 生成り姫』には、いろいろと驚かされた。 原作は夢枕獏の人気小説。物語は、都で朝廷に仕える陰陽師・安倍晴明(三宅)が、親友の源博雅(林翔太)から、十二年前に出会った姫の話を聞くところから始まる。その後、琵琶の名手であった姫(音月桂)は博雅の笛の音を聞いて、再び姿を現し、助けを求める。姫は哀しい経験から、鬼になりかけていた…というもの。 晴明と博雅は、シャーロック・ホームズとワトソンに例えられるが、犯人探しとは違う複雑さがある。人はなぜ、鬼になるのか? それも重要なテーマだ。 三部構成の舞台で一番驚いたのは、さまざまな怪異、超常現象をほぼ人の手で表現しているということだ。 映像作品の安倍晴明は、平成以降でも、野村萬斎、稲垣吾郎、三上博史、窪塚洋介、市川染五郎(現・松本幸四郎)、佐々木蔵之介などが演じてきた。それらは晴明が繰り出す術や都に跋扈する魑魅魍魎の姿など最新技術を駆使して、いかに大迫力で見せるかが重要視されてきた。 たとえば2002年のフジテレビのドラマ『陰陽師☆安倍晴明~王朝妖奇譚』では、帝(花田浩之)が都の吉凶を占う「陰陽祭」を開くと、多くの貴族たちが注視する中、燃え盛る炎に鬼の影が。閃光とともに現れたのは、すべての呪術にたけ、鬼神をも操るといわれる陰陽師・安倍晴明(三上博史)だった!  もののけよりもロン毛の清明自身がよっぽどピカピカと怪しく輝いていたが、変幻、変身、特殊メイク、CG、なんでもアリ。実際、これがこのシリーズの見どころでもあった。 だが、今回のアンプラグド『陰陽師』は一味違う。 植物が生い茂る庭を眺め、屋敷でひとり暮らす安倍晴明の周囲には、精霊たちがいて、人間の会話に耳を澄ませる。晴明の身の回りを世話するのは、彼が人間の形にした精霊・蜜虫(岡本玲)。声明は扇の動き一つで、少々口の悪い蜜虫を操ることなど朝飯前なのである。 博雅が一途に思う姫を救おうと動き出すと、恐ろしい出来事が次々起こる。自然現象や人ならざるものたちを、コンテンポラリーダンスなどを盛り込んだ演出で人間が体全体で表現すると、二次元の映像とは違う立体感や質感が生まれる。命が宿るのである。時に火や水を「生きているよう」と表現することがあるが、まさにそれが舞台に出てくる。その手作りの表現は、映像を見慣れた若い観客には新鮮に映っていたようだ。それも発見だった。 もうひとつ、この舞台の味は、楽器が生演奏だったこと。博雅が吹く笛と姫の琵琶の音は、物語に欠かせないもので、博雅らの動きに合わせ、生演奏されるたびに響き合う。これもまた、贅沢な演出だった。 三宅健の舞台歴を見ると、三年連続出演した『滝沢歌舞伎』をはじめ、『藪原検校』『羅生門』『炎立つ』など、V6時代から漢字タイトルが目立つ。烏帽子も似合っていたし、和物舞台の男として、また若い世代にも新鮮な名場面を期待したい。
2022.03.04 07:00
NEWSポストセブン
King&Princeメンバーが語ってくれた
「V6解散」を温かく見守るファンの心境「解散まで含めてアイドルの理想形」
 ジャニーズ事務所のアイドルグループ・V6が、11月1日をもって解散する。10月15日には『ミュージックステーション 35周年記念4時間スペシャル』(テレビ朝日系、以下『Mステ』)に生出演したが、グループとして同番組に出演するのはこれが最後となった。 番組では事前にファンによる投票で選ばれた「TL」「TAKE ME HIGHER」「Believe Your Smile」「HONEY BEAT」「愛なんだ」「over」の6曲を披露。歌唱前にはメンバーがそれぞれコメントを寄せ、最後はタモリとメンバー6人で記念撮影をする一幕もあった。 今回のグループ解散に伴い、森田剛は事務所を退所する。残る5人のメンバーは事務所に残り、11月2日より「20th Century」(以下、トニセン)、「三宅健」「岡田准一」の3つのファンクラブが発足する予定だ。錦戸亮、中居正広、長瀬智也、山下智久、そして森田剛と、2019年7月にジャニー喜多川社長が亡くなって以降、退所者が後を立たない。もちろん、今回のV6の解散を残念がる声も多数あるが、一方で労いや称賛の言葉も数多く寄せられているようだ。いったい他のグループの解散と何が違うのだろうか。V6がきっかけで日本移住した海外ファン 中国人ファンのAさん(40代・女性)は、「V6こそ理想的なアイドルだ」と絶賛する。「私は学生時代に森田剛くんのファンになり、V6がきっかけで日本に来ました。解散報道はもちろんとても悲しかったですよ。でも、剛くんの一番の理解者であり親友であった健ちゃん(三宅健)がこの決断を受け入れたのですから、ファンとしても受け止めないといけません。 現在、彼らはライブツアー中ですが、長年パフォーマンスが衰えることなく、またビジュアルやスタイル維持も完璧で、プロ意識がすごく高い。6人の関係性もとてもバランスが良く、お互いに敬意を払い合っているんです。私にとってV6こそが理想的なアイドルです。彼らに出会えて多くを学びましたし、日本に来られて本当に良かったと思っています。『Mステ』のラストのステージは、私の大好きな『over』が披露されました。日本に来たばかりの頃、辛いこともたくさんありましたが、この曲に励まされてきた。その歌詞と重ね合わせるように、自分の人生やメンバーのこれまでの勇姿が思い起こされて、涙が止まりませんでしたね」(Aさん)「これぞジャニーズアイドルという勇姿」 今回のV6のラストステージには、V6ファン以外のジャニーズファンからも称賛の声があがっている。「NEWS」のファンだというBさん(20代・女性)は、こう語る。「NEWSはこれまで紆余曲折あり、メンバーも次々と脱退、退所していきました。その度にグループを立て直し、新しい形を構築するための時間がかかった。途中でファン層も変化し、一時期はファン同士が険悪なムードになることもありました。 それに対して、V6先輩はずっとあの6人で走ってこられて、またファンの方々もマナーが良いことで有名。同じジャニーズファンとして心から尊敬します。皆さん年齢を重ねても、いつもキラキラ輝いていますよね。解散の発表も、解散までの時間の過ごし方も、理想そのものです」(Bさん)『Mステ』でのラストステージを見て、切ない記憶が蘇ったというファンもいる。Cさん(20代・女性)はV6とともに、関ジャニ∞のファンだ。「V6さんのラストステージ、素晴らしかったですね。ジャニーズファンたちのグループLINEで『エモいね』『号泣した』『メンバー、涙を堪えてたね』と盛り上がりました。ただ、私の目には、まだV6を続けたいと思っているメンバーもいるように見えました。 一方で、森田剛くんはスッキリと、どこか清々しい表情をしていたのが印象的で……。なんとなく、錦戸亮くんが関ジャニ∞を脱退した最後のコンサートと重なりました。次の目標を見据え、グループを去っていく決意をしたアイドルの目なのかもしれません。好きなアイドルが旅立つのは悲しいけれど、V6には『これぞジャニーズアイドル』という勇姿を見せてもらったことに感謝しています」(Cさん) V6として残された時間はあとわずか。現在ライブツアーの最中だが、15日には岡田准一主演の映画『燃えよ剣』も公開されたばかりだ。今後もメンバーそれぞれが、音楽や演劇、映画など、様々なフィールドで活躍してくれることをファンは待ち望んでいる。
2021.10.18 16:00
NEWSポストセブン
中居正広、久々に歌と踊り披露 “タブー”を破らせた三宅健の深い愛
中居正広、久々に歌と踊り披露 “タブー”を破らせた三宅健の深い愛
 ステージに歩み出て、歌を口ずさみながら、音楽に合わせて踊る姿――彼の輝く勇姿を再び見ることができるとは、誰が予想できただろうか。7月17日、中居正広(48才)と安住紳一郎アナウンサー(47才)がMCを務めた『音楽の日』(TBS系)の生放送でのことだった。V6が披露した『WAになっておどろう』は、日本各地の参加者と中継をつなぎ、一緒に歌って踊る演出で番組を盛り上げた。その冒頭、坂本昌行(50才)がこう呼びかけたのだ。「テレビの前の皆さんも歌って踊りましょう! スタジオのスタッフの皆さんも、中居くんも安住さんもひとつお願いします!」 その呼びかけに応えるように、中居はステージ端のMCの立ち位置で、歌を口ずさみながら遠慮がちに踊り始める。しかし、カメラが中継先からスタジオに戻った際、中居の姿がMCの立ち位置から消えた。なんと、V6とともにステージ中央で踊っていたのだ。隣に並ぶ三宅健(42才)は、よほどうれしかったのか、満面の笑みを浮かべている。「思わず涙しました。中居くんは2020年2月のジャニーズ退所会見のときに『(SMAPが解散してから)3年間ワンステップも踏んでない。いまの段階では歌と踊りは、ぼくの中で蓋をしてしまったかもしれませんね』と言っていました。 中居くんはダンスが大好きですが、人前で披露するのは“SMAPの中居正広”だったからこそ。退所から1年半近くが経ちますが、今回、このような形でダンスを見られるなんて……。驚いたと同時に、とても感激しました」(中居の40代ファン) この“解散後タブー”を破った裏には、後輩の三宅の働きかけがあったようだ。三宅は自身のブログでこの日の出来事を語っている。「三宅さんは、中居くんが嫌がるかなぁと思いながらも、勇気を出してステージに引き寄せたそうなんですよ。もう歌わない、踊らないと言っていた中居くんが踊ってくれたことがすごくうれしかったと三宅さんは綴っていましたよ」(前出・中居のファン) 三宅が中居を慕うようになったきっかけは、三宅がジャニーズJr.に入りたての頃。Jr.の一員としてSMAPのコンサートで自己紹介をした際、緊張でガチガチになっていた三宅に助け船を出したのが中居だったのだ。「緊張して何を話していいのかわからない三宅さんに『“ぼくは絶対にビッグになるので、いまのうちにファンになっておかないと損しますよ”って言ってみな』と、中居さんが耳打ちしたそうなんです。三宅さんは言われるがまま、スピーチしたところ会場は大ウケ。三宅さんのあどけないルックスも相まって、これをきっかけに彼のファンになった人も多いと聞きます」(芸能関係者) この一件を機に、三宅は中居に対し、尊敬する先輩──“尊先”として、憧れの眼差しを向けるようになった。中居のジャニーズ退所後も、三宅の“中居愛”は薄れるどころか、むしろ増している。芸能人でありながら、中居のラジオ番組にはがきを出して中居との交流を図ったことも。「最近のテレビ番組収録で中居さんと楽屋が隣になったそうです。三宅さんはこのチャンスを逃すまいと楽屋挨拶に。伝えたいことが多すぎて3回も行ったんだとか(笑い)。その際、中居さんの個人事務所である『のんびりなかい』の中居さんに次ぐ2番目のタレントとして移籍をしたいと直談判した話まであります。冗談だったようですが、なるべく近くに居たいという“中居愛”を感じます」(前出・芸能関係者) 11月1日をもって解散するV6。“尊先”とのグループの垣根を越えた関係は、今後も続いていくのだろう。※女性セブン2021年8月12日号
2021.07.30 11:00
女性セブン
Snow Man佐久間 アニメを愛しアニメに愛されたアニメオタク
Snow Man佐久間 アニメを愛しアニメに愛されたアニメオタク
 1月22日に、Snow Man vs SixTONES名義で、デビュー曲『D.D./Imitation Rain』をリリースしたSnow Man。デビューを記念して、メンバーたちのパーソナルQ&Aをお届けする。今回は、佐久間大介(27才)、宮舘涼太(26才)、渡辺翔太(27才)の3人に迫る。【10の質問】Q1. ニックネームは?Q2. 自分にキャッチフレーズをつけると?Q3. トリセツを教えて。Q4. ジャニーズ事務所に入所した年齢と経緯は?Q5. ジャニーズで憧れの先輩は?Q6. 歌唱力、ダンス力、顔面力、演技力、お笑い力。自信がある順に並べてQ7. Snow Manでよかったと思うことは?Q8. 実は●●なんです。Q9. 自分が女子なら、メンバーの中で誰とつきあいたい?Q10. 自分のここに注目して!◆佐久間大介の回答A1. さっくん。A2. アニメを愛し、アニメに愛された、アニメオタク。A3. HDDの中身を勝手にいじると不機嫌になる。A4. 13才。ダンスの先生の奥さんが母にすすめて履歴書を送ることになった。A5. V6の三宅健くん。Kis-My-Ft2の宮田俊哉くん。A6. 全部均一。A7. いっしょにいると、いつも楽しい。A8. 乾燥肌。A9. (向井)康二。すごく大事にしてくれそう。A10. アニメ愛。◆宮舘涼太の回答A1. 舘さま。A2. セクシー、ロイヤル、美しく。A3. 褒められて伸びるのではなく、怒られると伸びます。A4. 11才。母が勝手に履歴書を送った。A5. 亀梨和也くん。A6. 演技力→ダンス力→歌唱力→顔面力→お笑い力。A7. 1つ1つ夢をかなえられているところ。A8. カラスが苦手。A9. 阿部(亮平)。いっしょにいて楽だから。A10. ステージ上での振る舞い。自分のいる場所がセンターだという意識でやっている。◆渡辺翔太の回答A1. しょっぴー。A2. 美容にハマッてしまったジャニーズ。A3. THE B型。自由にさせてあげつつ、誘ってあげたりして。A4. 2005年6月。親が履歴書を送った。A5. 山下智久くん。A6. 歌唱力→顔面力→ダンス力→演技力→お笑い力。A7. 仲がよくて男子校みたい。A8. 両利き。A9. 向井。なんでも詳しいし、料理を作ってくれるから。A10. 歌。もっと磨いていきたい。※女性セブン2020年2月6日号
2020.01.29 07:00
女性セブン
Snow Man阿部、深澤、向井の素顔とは?10の質問
Snow Man阿部、深澤、向井の素顔とは?10の質問
 1月22日に、Snow Man vs SixTONES名義で、デビュー曲『D.D./Imitation Rain』をリリースしたSnow Man。デビューを記念して、メンバーたちのパーソナルQ&Aをお届けする。今回は、阿部亮平(26才)、深澤辰哉(27才)、向井康二(26才)の3人に迫る。【10の質問】Q1. ニックネームは?Q2. 自分にキャッチフレーズをつけると?Q3. トリセツを教えて。Q4. ジャニーズ事務所に入所した年齢と経緯は?Q5. ジャニーズで憧れの先輩は?Q6. 歌唱力、ダンス力、顔面力、演技力、お笑い力。自信がある順に並べてQ7. Snow Manでよかったと思うことは?Q8. 実は●●なんです。Q9. 自分が女子なら、メンバーの中で誰とつきあいたい?Q10. 自分のここに注目して!◆阿部亮平の回答A1. 阿部ちゃん。A2. 気象予報士の資格持ってます! 大学院卒アイドル!A3. 理系の話が通じるととても喜びます。A4. 2004年8月。ダンススクールの先生と母が履歴書を送った。A5. 嵐の櫻井翔くん。A6. 顔面力→ダンス力→歌唱力→演技力→お笑い力。A7. 全部。A8. めちゃめちゃ寒がり。A9. 目黒。ツンデレな彼に振り回されたい。A10. 頭脳派、爽やかさ、笑顔!◆深澤辰哉の回答A1. ふっか。A2. クレーンゲームの達人。A3. ゲームを与えると元気が出て、辛いものを与えるとテンションが下がる。A4. 12才。お母さんが勝手に履歴書を送った。A5. 滝沢くん。A.B.C-Zの河合(郁人)くん。A6. 顔面力→お笑い力→演技力→ダンス力→歌唱力。A7. 毎日が楽しいこと。A8. びびり。A9. 岩本。強いから守ってくれそう。A10. 裏表がないので、いつでもこのまんまなところ。◆向井康二の回答A1. ジーコ。A2. みんなの万能調味料こと塩麹こと向井康二です。A3. 一人にしないでください。たまにおごってください。A4. 小5。タイでムエタイをしていて、練習場に飾ってあった写真でぼくを見つけたジャニーさんから電話が来た。A5. V6の三宅健くん。A6. お笑い力→歌唱力→演技力→顔面力→ダンス力。A7. 素敵なメンバーに出会えたこと。A8. ハーフなんです。A9. 目黒ちゃん。A10. 顔のほくろ。※女性セブン2020年2月6日号
2020.01.28 07:00
女性セブン
中居正広と嵐、3300日ぶりの「共演NG説」解除の背景
中居正広と嵐、3300日ぶりの「共演NG説」解除の背景
《まさかというか、ついにというか…》、《共演NGだとばかり思っていたけど、そんなことなかったんだ!》──インターネット上でファンたちのこんな反応を引き起こしたのは、7月13日放送の『音楽の日2019』(TBS系)に嵐のメンバーが出演すると発表されたからだ。『音楽の日』は、2011年から中居正広が司会を務める大型音楽特番。昨年は、V6やNEWS、KAT-TUN、三宅健(39才)と滝沢秀明のユニット「KEN☆Tackey」など中居の後輩らが多数出演し、総勢100組以上のアーティストとの共演となった。しかし、そこに嵐の名前はなかった。「かつて、中居さんが司会を務めていた『うたばん』(TBS系)では何度も共演していました。しかし、2009年以降、紅白歌合戦のような特別な舞台を除くと、中居さんと嵐はもちろん、SMAPと嵐の共演はほとんどありません。SMAPは大晦日のジャニーズ事務所恒例のカウントダウンコンサートにも出演してこなかったので、ここ10年は接点がありませんでした」(テレビ局関係者) そうした事実が、共演NG説となって、噂されてきた。「長い歴史の中で、SMAPはTBS、嵐は日本テレビというすみ分けができていたことが大きい。メーンで活動する局が違えば、共演が減るのも当然です」(番組関係者) 日本テレビでは『音楽の日』と同様の大型音楽特番『THE MUSIC DAY』が2013年の夏から毎年放送されており、櫻井翔(37才)が司会を務めている。過去にその番組にSMAPが出演したことはない。「音楽番組はどうしても出演者が似てしまう傾向にあるので、各番組の担当者は個性を出そうとメインの出演者がかぶらないように細心の注意を払います。アーティストの所属事務所側もその事情はよくわかっていて、特に司会者はほかの音楽番組には出演しないように配慮します。その結果、人気者同士の共演が実現せず、まるでタブーな距離感が出来上がってしまうのです」(芸能関係者)◆ファンの願いを叶えてあげたい ではなぜ今回、共演が叶ったのか。“タブー”を打開できた理由の1つは、中居のある願いだったという。「SMAPの解散を経験した中居さんとしては、嵐にはできるだけ多くの番組に出演してほしいという思いがあったようです。“これまでの習慣を変えたい”“テレビ局の垣根を越えてもいいのでは”と、制作サイドと話をしたと聞いています」(前出・テレビ局関係者) 振り返るとSMAPは、解散騒動が起きてから、音楽番組で歌う機会はなく、コンサートも開かず、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回で『世界に一つだけの花』を披露しただけだった。5人で歌う姿をじっくり見納めたいというファンの願いは、叶えられなかった。嵐のファンのためにという気持ちも状況を後押しした。「嵐は、来年末をもって活動を休止します。残された時間はそう長くありません。出演できる音楽番組も限られています。そうした状況で、できるだけ多くのファンに、できるだけ多くの場で歌を届けられるようにしたい。中居さんの気持ちとあいまって、約3300日の“共演NG”が解禁されることになったんでしょう」(前出・番組関係者) 中居と嵐の共演というと、『うたばん』でのお約束「下克上コント」が思い出される。先輩である中居のフリを受けて、大野智(38才)が「普段がカッコ悪い」「今度ラーメンおごってやるよ」などタメ口で中居にけんかをふっかけ、ほかの4人があわてて止めに入るというミニコントだ。「久々の共演ですから、今回はそのコントも見せてくれるのではないでしょうか。活動休止まで、あと1年半。中居さんは嵐のいろいろな姿をファンに見せたいし、それは嵐のメンバーも同じです。活動休止まで精力的にスケジュールをこなしている嵐の出演は、ほかの出演者と比べてもだいぶ早く決まったそうですから、さまざまな企画を準備する時間はあったはず。それに、ジャニー(喜多川・社長)さんが救急搬送されてしまった今こそ一緒に盛り上げて、元気を出してほしいと思っているはずです」(前出・芸能関係者)《これまでずっと出てこなかったからうれしい》、《久々の絡みが見られる》、《録画しなくちゃ!》などと、その日を待ちわびる声がネット上にはあふれている。※女性セブン2019年7月11日号
2019.06.27 07:00
女性セブン
歌舞伎の「三階さん」過酷ながらも給料20万円以下、廃業増加
歌舞伎の「三階さん」過酷ながらも給料20万円以下、廃業増加
《我々歌舞伎俳優は、歌舞伎という伝統文化を守るために存在しています。ですが、私の中では新しいこともしながら守る、その両輪で進むことで伝統が守られるという発想です》(『AERA』3月4日号) そう雑誌のインタビューで話すように、市川海老蔵(41才)はさまざまな新しい試みに挑んでいる。その1つが現在、上演されている六本木歌舞伎第三弾『羅生門』。 三味線やツケの音に合わせ、舞台上で勇壮な戦いを見せながら歌舞伎独特のせりふ回しをする。そうかと思えば、一転、現代劇になり“私服姿”の海老蔵が現れ、砕けた口調で観客を笑わす。 共演者もしきたりにこだわらず、2017年の第二弾では女性の寺島しのぶ(46才)が舞台に上がり、今回はV6の三宅健(39才)が、観客から大喝采を浴びている。「海老蔵さんを筆頭に、2020年の五輪イヤーに向けて歌舞伎界は“伝統文化”を前面に押し出し、世界に“カブキ”をアピールしています。来年は海老蔵さんの、市川團十郎白猿の襲名披露もあるので、歌舞伎界全体が活気づいています」(スポーツ紙記者) だが、その足元では歌舞伎の存続さえ危うくしかねない事態が進行しているという。「有名歌舞伎役者の活躍が広がる一方で、“三階さん”といわれる役者たちが続々と辞めているんです。特にここ3年の減り方は、まさに危機的です」(歌舞伎関係者) 歌舞伎には屋号による格付けがある。有名処は海老蔵の成田屋や尾上菊五郎(76才)の音羽屋、松本白鸚(76才)の高麗屋、中村芝翫(53才)の成駒屋など。三階さんとは、それら有名役者と違い役名もなければせりふもない端役で、正式には「名題下」といわれる俳優の一部。昔、控室が大部屋で、舞台からいちばん遠い三階にあったことから、そう呼ばれるようになった。 彼らは主役を引き立たせるために、「とんぼ(宙返り)」を切ったり、高い所から飛び降りたり、役者が乗る馬の脚や犬の鳴き声などを演じる。「梨園の御曹司や、子役の頃から幹部俳優の家に預けられる部屋子とは待遇がまったく違います。彼らは舞台を下りた後も、修業と称して師匠やその家族のお世話までする。しかも、ハードな割には給料が安く、月収は20万円にも満たないといいます。とんぼを切れば手当てがつきますが、どんなにとんぼを切っても、1か月1万円にしかなりません。とんぼを切りすぎて、体を痛めた役者もいました」(前出・歌舞伎関係者) その三階さんの多くは、一般家庭出身である。歌舞伎が好きで、この世界に飛び込んできた若者たちだ。 彼らは、1970年に歌舞伎俳優の後継者不足の悩みを解決するために設立された、一般家庭出身の俳優を育成する独立行政法人「日本芸術文化振興会」の研修を修了している。「応募資格は中学校卒業以上の男子で、原則として23才以下。2年に1度募集があり、研修期間は2年間で、月曜から金曜の午前10時から午後6時まで授業がある。歌舞伎の実技、立ち回り、とんぼのほか、化粧、衣装、日本舞踊など内容は多岐にわたります」(ベテラン演芸記者) 研修を終えると、彼らは各部屋に弟子入りし、「三階さん」としてキャリアをスタートさせる。日本芸術文化振興会のホームページを見ると、現在22期まで修了し、《96名の研修修了者が歌舞伎の舞台で活躍しています。これは就業者全体の32%にあたり、そのうち39名が名題俳優となっています》 とある。研修修了者が歌舞伎俳優の3分の1を占めていることからも、この研修機関が重要な役割を担っていることがわかるが、現実は厳しい。研修を終え、さらに長い下積みを経ても、主要な役回りを演じる「名題俳優」になれるのは96人中39人と狭き門。しかも、主役級の役者になるのは事実上不可能だという。 厳しい環境でも、多くの三階さんが歌舞伎を支えてきたが、近年、急に“廃業”を申し出る役者が増加。歌舞伎界の将来を危ぶむ声もあがっている。※女性セブン2019年3月21日号
2019.03.07 07:00
女性セブン
KEN☆Tackey、ゆず…男性2人組アーティストのヒットの法則
KEN☆Tackey、ゆず…男性2人組アーティストのヒットの法則
 V6・三宅健(39才)と滝沢秀明(36才)による新ユニット・KEN☆Tackeyのデビューシングル『逆転ラバーズ』が、オリコン週間シングルランキング(集計期間:7月16日~7月22日)で初登場1位を獲得した。KEN☆Tackey以外にも、音楽シーンでは男性2人組で活躍するアーティストは多い。彼らに共通する成功のポイントとは――。 KEN☆Tackeyは 発売初週のCD売り上げ10万4000枚を記録。CDが売れない時代に、大ヒットと言っていい。音楽評論家・富澤一誠さんはこう解説する。「三宅さんは、滝沢さんが座長を務める舞台『滝沢歌舞伎』に2016年から3年連続で出演していて、息の合った歌や芝居を見せていました。その2人が歌ったまさに王道のアイドルソングと言えるアップテンポな曲調とキャッチーな歌詞が、多くのファンに刺さったということでしょう。同じ週2位のつばきファクトリーのCD売り上げが5万8000枚ですから、ほぼWスコア。30代の三宅さんと滝沢さんが、まだまだアイドルの第一線にいることを証明したと言えます」 男性2人組アーティストの中でもアイドルのユニットは、ジャニーズの独壇場だ。KEN☆Tackeyのほか、テゴマス(手越祐也&増田貴久、共にNEWS)、亀と山P(KAT-TUN・亀梨和也&山下智久)、トラジ・ハイジ(TOKIO・国分太一&KinKi Kids・堂本剛)など、グループの垣根を越えた多くのユニットがデビューし、大ヒットを記録してきた。「彼らはつんくさんがモーニング娘。のときにやっていたのと同じで、“シャッフルユニット”と言われるものです。野球のオールスターと同じで、本来なら見られるはずのないスター2人の競演が実現するのが最大の魅力です。 ヒットチャートの上位を占める2人組には男性アーティストが多く、古くは、忌野清志郎と坂本龍一のコラボ、吉川晃司と布袋寅泰によるCOMPLEX、小室哲哉とYOSHIKIによるV2などがあり、大きな話題になりました。このように、意外性が高いほど注目されます」(富澤さん・以下「」内同) 2人組のアーティストには、大きくシンガーソングライター系、ロックバンド系、アイドル系という3つのカテゴリーに分けられ、それぞれヒットに結びつく特徴があるという。「コブクロ、ゆず、スキマスイッチのようなシンガーソングライター系は、2人の歌唱力、時代に即した曲を生み出す共感力が大切です。B’z、ポルノグラフィティ、VAMPSのようなロックバンド系は歌唱力に加えて、演奏力の高さが求められ、ビジュアルも重要です。前述したテゴマス、KEN☆Tackey、亀と山Pのようなアイドル系は、華やかさだけではなく、ダンスやトークなど歌以外の部分で魅せる力も必要になってきます」 さらに、長く成功し続けている男性2人組アーティストの共通点は、「2人共に“キャラクター力”があること」だという。富澤さんが続ける。「人数の多いグループでは人気が一部のメンバーに偏りがちで、人気の面で大きな差が出ることがあります。しかし、活躍を続ける2人組のアーティストには、どちらも埋もれることのない強い個性を持っています。ソロでも活躍できる力がある2人がタッグを組んでいることが大きな特徴です。 そのため、デュオのカラーと合わない楽曲を1人がやりたい場合に、ソロで活動することもありますよね。そうやって“ガス抜き”をしながら、時にはライバルのように切磋琢磨していけるのが、2人組の強み。もちろん、2人だけで活動しているため、1人の不祥事などで活動停止に追い込まれるリスクもありますが、そうしたケースは少数派。強い個性の2人が、お互いにないところを補い合っていくことができるのです」 卓越した音楽センスと強烈な個性を持った2人が“出会う”ことで、これまでにない新たな音楽が生まれるのだ。「1+1は2ではなく、10にも100にも飛躍する可能性があるからこそ、2人が組んでやる意味があるわけです。それは、やってみなければわからない。予測できる範囲ならば、そこまで人を惹きつけることはないでしょう。誰も想像できないような化学変化が起きる2人組のアーティストが出てくることをこれからも期待したいですね」
2018.07.30 07:00
NEWSポストセブン
V6座談会、6人が語るソロとグループ活動の差と人間関係
V6座談会、6人が語るソロとグループ活動の差と人間関係
 両A面シングル『Crazy Rays/KEEP GOING』をリリースしたV6の素顔に超接近。6人の笑顔が絶えなかったインタビューを公開する。井ノ原快彦「それぞれソロでも仕事しているけど、だからこそ、ぼくは6人の時は楽しくやりたいと思ってる」岡田准一「うん。できるだけ楽しくやるには、どうしたらいいかというのは、メンバーみんなが考えてるかな」長野博「笑顔で仕事したいからね!」井ノ原「ソロでも頑張って、グループに笑顔で戻ってきたいよね。健とか舞台でも歌ったりするけど、V6としての音楽活動は別でしょう?」三宅健「そうだね。自然と切り替わるし、やっぱり楽しいよね」岡田「レコーディングの時、マイルールって何かある…?」井ノ原「長野くん、裸足で歌うよね!」長野「一度もしたことないよ(笑い)」全員「あはは!」井ノ原「座って歌うか立って歌うか、曲によって変えるくらい?」三宅「座って歌うことあるの?」井ノ原「あるある! アルバム『The ONES』の、剛のプロデュース曲『ボク・空・キミ』は座って歌ったよ」坂本昌行「昔、曲によっては照明を暗くして歌入れしたことがあるけど。今回のシングルのように明るい曲では、暗くして歌ってもね(笑い)」全員「あはは」森田剛「『Crazy Rays』は、懐かしい感じの振り付けなんだよね」坂本「『KEEP  GOING』は、テンションが上がる曲なので、楽しんで聴いてもらえるんじゃないかな」岡田「そうだね。タイトルのKEEPのように、メンバーに変わらないでほしいな…と思うことがあって。井ノ原くんは“楽しく仕事したい”というポジティブなところ」井ノ原「坂本くんは、デビュー当時はぼくらを引っ張らなくてはいけない役回りで無理した面もあったと思うけど。もともとマイペースだと思うから、自分のペースで好きな仕事をずっと続けてほしいな」森田「健は、好き嫌いがはっきりしているところがいい!」坂本「剛は、アウトローに見えると思うけど、すごく優しい面がある。そのギャップは変わらないでほしいね」三宅「…(※すごく小声でささやく)」井ノ原「なんで口をパクパクさせてるんだよ(笑い)」全員「あはは!」森田「聞こえない(笑い)」三宅「長野くんは、ずっと優しい長野くんでいてほしい。いつも冷静で周りのことをよく見ていて、怒ったところはあまり見たことがない」長野「岡田は6人でいると、昔から変わらないいちばん年下の空気を、今もそのまま持っているところが、すごくいいなと思ってる」岡田「やっぱり年上は、ずっと年上だから。いつまでも先輩なんです!」森田「いちばん、変わったのは誰かな…?」三宅「変わったようで、みんな変わってないんだよね」井ノ原「そういうもんだよね(笑い)」全員「あはは!」※女性セブン2018年6月14日号
2018.06.04 16:00
女性セブン
宮崎あおい
岡田准一結婚で改めて考えるジャニーズ婚の条件とは?
 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、岡田准一と宮崎あおい結婚報道で改めて考える、ジャニーズの結婚の条件。 * * * V6の岡田准一と女優の宮崎あおいが「結婚へ」と23日付スポーツ紙各紙が報じた。 ジャニーズのアーティストの結婚発表というと、マスコミよりも先にファンクラブの会員に報告するのが常。TOKIOの国分太一に倣って、岡田もグリーティングカードというカタチをとり、クリスマスを模した赤を基調としたものが24日のイブに一斉にファンの元に届くハズだった。 が、年賀郵便でバタついていたのかもしれない。「手違いで」一部のファンに予定よりも早く届いてしまうハプニングが…。そのため、日頃ジャニーズとは蜜月関係のスポーツ紙だが、23日に報じることとなったようだ。“ジャニーズ”“結婚”というと、「一グループ、一人の法則」というものが長年あった。もっとも事務所がそう決めているわけではなかったようで、TOKIOの国分太一がTBSの元局員との結婚を発表した際には、ジャニ—社長も国分本人も、「法則」を否定。スポーツ紙のみの囲みでは、社長から、ある程度の年齢に達したら…という結婚推奨ともとれるコメントもあったとされている。 とはいえ、その国分が結婚をしたら、メンバーの山口達也が離婚を発表。少年隊でも東山紀之の結婚と植草克秀の離婚というのが入れ違いに発表され、「一グループ、一人」は守られてきたのである。 が、岡田が所属するV6は、井ノ原快彦が瀬戸朝香と、長野博が白石美帆と結婚しているので6人グループの内、結果、3人が妻帯者になることになる。 今秋、V6のコンサートツアーの“マスコミお披露目日”に囲み取材がなかったことや、翌日、スポーツ紙が、やたらとメンバーの平均年齢やら「オジサンでも、こんなに踊れる」といったテイストの記事をあげてきたことに、“予感”はしていた。 実際のステージは、それは見事なもので、事務所関係者も「あそこまでダンスが揃うグループは他にない」と明言しているほどだ。が、岡田については、主演映画俳優として特に評価が高く、15年『第38回 日本アカデミー賞』において、『永遠の0』で最優秀主演男優賞、『蜩ノ記』で最優秀助演男優賞とW受賞したことが記憶に新しい。 映画俳優として岡田が切り拓いたレールには、嵐の二宮和也や、この2年ほど、立て続けに映画に主演しているHey!Say!JUMPの山田涼介ら後輩が続いて歩んでいるところ。 また、映画化もされたテレビドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』(フジテレビ系)出演の前後からアクションや格闘技に目覚めた岡田が、その後、カリとジークンドー、さらにはUSA修斗のインストラクター資格を習得したことはあまりにも有名だ。岡田を間近に見ると、その胸板の厚さや二の腕の筋肉に驚かされるものだ。 そうかと思えば、出身地、大阪府枚方市にあるアミューズメントパーク『ひらかたパーク』のCMキャラクター「超ひらパー兄さん」では、ローカルCMならではのチープさと、関西ならではのノリがウケて、地方CMの優等生。「おま!」という岡田の叫びに、コンサート会場のファンがCMと同様に、ズッコケるシーンも何度か見せてもらった。 もともと『天才・たけしの元気が出るテレビ?』(日本テレビ系)の「ジャニーズ予備校」出身者。当時のジャニーズJr.のように、ジャニ—社長が見守るオーディションに合格して入所したわけではないものの、その後すぐにV6としてデビューをした岡田。 とはいえ、年少組には、ジャニーズJr.の歴史の中でももっとも人気があったのではないかと思われる「剛健(ごうけん)」こと森田剛と三宅健が既に大人気となっており、岡田は肩身が狭かったような時代もあっただろう。 初めから演技がうまかったわけでももちろんなくて、先輩が主演のドラマの中には、「これが後の岡田准一なのか」とギャップを感じさせられる作品も存在した。 が、岡田は高倉健さんや緒形拳さんら、日本を代表する大物俳優に愛された。健さんとは直接顔を合わせたことはなかったというが、知人を介して『志村喬記念館』に高倉さん自身が行けないので「代わりに行って来てほしい。そして役者として勉強して来なさい」と託されたことを『第38回 日本アカデミー賞』後のセレモニーで明かしている。 そして緒形拳さんからは、岡田が10代のときに「お前は俳優に向いている」「君は俳優を続けなさい」と言葉を掛けられたことがあるとも明かした。  最近も、『海賊とよばれた男』で共演した國村隼が、「役では岡田を虐めるが、私は岡田くんのことが大好きです」と完成披露試写会などで公言。ベテラン俳優に認められ、愛されていることが改めて分かったものだ。 さらに、アイドルとしての活動よりも俳優業に重きを置くことを「メンバーもファンも許してくれた」と感謝していた岡田。20周年を目前に『女性セブン』でインタビューした際、「一般の会社でも、同じメンバーと20年も同じ部署で仕事をするということは滅多にないハズ。それだけに貴重だし、感謝しなければならない」とメンバーへの想いを語っていた。さらに、祖母が亡くなる前に、祖母にも内容や設定がよく理解できる大河ドラマを始めとする時代劇に出られたことも「良かった」と、おばあちゃん子らしい言葉もあった。 つまり、岡田の結婚が許された背景には、ジャニーズに“映画俳優”という確かなレールを敷いたことや、その演技が広く高く評価されたこと、地道に、そして細やかに活動してきた実績があるのだ。 そして、相手女性だ。過去のジャニーズのアーティストの“結婚相手”を見てもわかるように、芸能人として確固たる地位を築いている女性か、一般人かのどちらかが「許されている」ように思う。 実はこの一般人の中には、タレント活動やモデル活動をしていた女性も居り、結婚直前に芸能界を引退し、近年はSNSなども止めているケースが多い。 ジャニーズのアーティスト以外でも、いわゆる“プロ彼女”で大物俳優とゴールインした女性には、こうしたケースは少なくないのである。 やはり、男性アイドルやイケメン俳優の「結婚」は、長年彼らを応援してきた女性ファンにとっては「悲しいこと」。「岡田准一結婚へ」という報道にも、SNSが全く荒れていないわけではない。 宮崎あおいは、キャリアも実績もある実力派の主演女優であり、オシャレ度も高いため、女性誌の表紙を飾る機会も多い、文句ナシの若き大女優だ。 唯一、“過去”を気にする人もいるかもしれないが、そのマイナスを上回る仕事の実績と、相手が岡田准一だということは、今後、宮崎あおいのイメージをさらにアップさせるに違いない。 芸能史を紐解いてもここまでの主演俳優、主演女優同志の結婚というのは、そうあったわけではなく、文句ナシのビッグカップル誕生には間違いないのである。 交際5年という、確かな年月を重ねたこともまた、事務所や周囲への説得材料になっただろう。 今後、V6が揃ってファンの前に登場するのは、大晦日の『ジャニーズカウントダウンコンサート』ではないか。客席からは「おめでとう」の大合唱が起こると思われるが、その声の主は、他のグループのファンか、V6の岡田以外のメンバーのファンなのかもしれない。 ジャニーズのファン用語で「〇〇担」とか「自担」というものがある。「担」は「担当」の略で、たとえば今回は「岡田担の胸中を考えると…」「自担が結婚だなんて聞いたら、やっぱり、ありえない」などとSNSで使われている。「自担」は、「自分の担当」。自分が特に推すアーティストのことである。 かつて井ノ原快彦がステージ上からファンに結婚報告をした際、井ノ原ファンの多くは「おめでとう」ではなく、「ありがとう」と言って涙を流したと聞く。そこには「直接キチンと報告してくれて、ありがとう」と「今日まで、ありがとう」という二つの意味が込められているのだと関係者が解説してくれた。“条件”が整ったとしても、やはり「岡田担」の心中は複雑なのである。
2017.12.24 11:00
NEWSポストセブン
『トットちゃん』主演・清野菜名が語る今後の展開の見どころ
『トットちゃん』主演・清野菜名が語る今後の展開の見どころ
『やすらぎの郷』に続く、テレビ朝日の昼の帯ドラマ劇場第2弾『トットちゃん!』。黒柳徹子(84才)の半生を描く物語は、子供時代を経て、11月からはいよいよ大人になった“トットちゃん”が登場。黒柳役の清野菜名(23才)の魅力や、ドラマの見どころを探りました! 見どころの一つは終戦から4年、東京へ戻ってきた徹子に恋の予感が…。国際的ピアニスト役に城田優(31才)、NHKのディレクター役にV6の三宅健(38才)が就く。「トットちゃんに恋愛のイメージはあまりないと思うので、ぜひ見てほしいです」(清野)。 さらに、劇中の清野の衣装には実際に黒柳が着ていた私服も使われている。「お直しなしでサイズがピッタリ。昭和テーストのファッションは新鮮で、着ていて楽しいです」(清野)。「トレードマーク誕生の瞬間が出てきます。ちなみに、テレビに出演するシーンは玉ねぎ頭ですが、私生活のシーンではふつうの髪形です」(清野) テレ朝の公式YouTubeチャンネルでは、“玉ねぎ頭の作り方”を詳しくチェックできる。「私が演じることで、徹子さんに変なイメージがついたらどうしよう。母にも“あなたにできるの?”と心配されました」(清野) トット役の清野菜名は、黒柳本人から「こんなにかわいいかたに演じていただけるなんて」と、お墨付きをもらっていながら、取材では「一生、自分のところが放送されなければいいのに」と大役を務めるプレッシャーをポロリ。 不安そうな顔を見せた。しかし、カメラの前では、クルクルと表情やポージングが変化。そのかわいらしさに、同性の記者も胸がキュンキュンしてしまった。『やすらぎの郷』では主役の菊村栄(石坂浩二・76才)を惑わす榊原アザミ役で出演していた清野。脚本を手がけた倉本聰さん(82才)も、清野に“ひと目ボレ”だったという。「アザミ役のオーディションで初めて清野さんにお会いしたとき、倉本さんは“彼女がいいね”と、魅力を見抜いていました。会話中の清野さんは、質問の好き嫌いや興味のあるなしがわかりやすくて、でも、返答はズバッと言う。そのへんがぼくは黒柳徹子っぽいと感じたんです」(プロデューサーの服部宣之さん) 2016年には『トットてれび』(NHK総合)で満島ひかり(31才)も黒柳を演じ、高い評価を得たばかり。服部さんは、「モノマネではない、全く違う良さを見てほしい」と、清野版“トットちゃん”に胸を張る。 清野の魅力と黒柳の知られざる物語に、お昼は心を奪われそうだ。撮影/石井祐輔※女性セブン2017年11月16日号
2017.11.06 16:00
女性セブン
4年半ぶりオリジナルアルバム発売のV6 メンバーが全曲解説
4年半ぶりオリジナルアルバム発売のV6 メンバーが全曲解説
 オリジナルとしては、約4年半ぶりとなるアルバムを8月9日にリリースしたV6。そんなV6 のメンバーに、アルバム『The ONES』を全曲それぞれ解説してもらった。M1 『never』「“過去を振り返って今を生きる”がテーマ。時計の秒針音をメンバーが歌うところが、今までになくておもしろい」(坂本昌行)M2 『刹那的Night』「ぼくのプロデュース曲は、石野卓球さんに作詞・作曲をしていただけることになったので、曲の核となるようなミュージックビデオを作った」(岡田准一)M3 『SOUZO』「ファンクな曲でまさにSOUZOが膨らむ曲」(長野博)M4 『Beautiful World』「秦基博さんが作ってくれた曲で、秦さんの世界観の中にぼくたち6人が入りこんでいるような感じ。優しいメロディーで、今までになくさわやか」(森田剛)M5 『Cloudy sky』「本当に久しぶりに秋元(康)先生に詞を書いていただきました。歌詞に広がりがあってさわやかな曲」(坂本)M6 『DOMINO』「文字通り、ドミノのように崩れてゆく男女が描かれた楽曲」(三宅健)M7 『Round & Round』「歌詞のとおり、何が現実なのか?といった世界観で、プロデュースした」(長野)M8 『Remember your love』「いなくなってしまった彼女への喪失感を歌っている」(三宅)M9 『会って話を』「バンドにKIRINJI、コーラスにコトリンゴと2組のアーティストが参加。男の女々しさと本音を女子に感じてもらいたい」(井ノ原快彦)M10 『Answer』「6人がこの曲をシャウトしながら歌っている姿をイメージして、プロデュースした曲。自分の正解は他人が決めることではなく、自分自身が出した答えが正解!」(坂本)M11 『Can’t Get Enough』「デビューから20年以上たって、6人で踊る新たな方向性を見つけようとした曲」(岡田)M12 『Get Naked』「男性目線の挑発的な歌詞に注目してほしい」(三宅)M13 『ボク・空・キミ』「命をテーマにプロデュースした曲。人間の力強さ、愛、自然の持つ力などのパワーが詰まっている曲だから、じっくり聴いてもらえたら」(森田)M14 『COLORS』「誰かに対しての応援歌になればいいなと。V6らしい1曲」(岡田)M15 『レッツゴー6匹』「聴いた人が、とにかく楽しく笑顔になってもらいたいと思ってプロデュースした。メンバーにも、何も考えずに笑顔で歌ってもらった」(井ノ原)M16 『The One』「ファンのみなさんと一緒に、これからも歩んでいけたら…という思いも込めている曲」(長野)※女性セブン2017年8月3日号
2017.08.09 07:00
女性セブン
デビュー22年のV6、調整・世代間パイプなど各人の役割
デビュー22年のV6、調整・世代間パイプなど各人の役割
 V6がオリジナルとしては、約4年半ぶりとなるアルバムをリリース。メンバーに改めて各人の魅力について明かしてもらいました。個人でも活躍するV6だが、6人が集合した時の絆も最強だった。長野博(44才)「個人でも活動しながら、アルバムでは6人で新しいものを発信できる。新たなV6を、曲を通して聴いていただけるのはうれしいですね!」三宅健(38才)「それぞれの表現力の幅も変化していると思います」井ノ原快彦(41才)「うん。“今のV6”を切り取ったアルバムですね」坂本昌行(46才)「6人でそれぞれ曲をプロデュースしたことも非常に大きくて、より制作に携わったぶん愛も深い。1曲、1曲が濃密で、深みのある一枚です」森田剛(38才)「聴きごたえも、ミュージックビデオの見ごたえもある豪華な作品になりました」岡田准一(36才)「バラエティーに富んでいるし、今のぼくたちの個性を集めたものになったな…と」坂本「改めてメンバーの魅力を言うなら、今のV6があるのは、(年長組と年少組の)パイプ役だった井ノ原がいてくれたから! 感謝してます」三宅「ムードメーカーだよね」森田「そうかな~?(笑い)」井ノ原「おーい!」森田「冗談だよ。気を使うところもあるし、自分の意見もあるし、そのバランスが絶妙」長野「坂本くんはリーダーとして引っ張ってくれるから、みんながある意味、自由にできる。常に守ってくれる存在」井ノ原「岡田が俳優として日本の映画界で認められていくのを近くで見てきたけど、グループとしての活動も積極的にやるところが好き! ウチの親は岡田准一がいないと困るって(笑い)」岡田「ありがとうございます(笑い)。三宅さんは、“天才アイドル”。1970年代にアイドル活動をしてたら、もっとすごかったと思いますよ」三宅「森田剛は、あるがままって感じ! それに尽きます」岡田「昔からカリスマ的な雰囲気をずっと持ち続けている感じがありますね」井ノ原「20年以上やっていれば、メンバー同士でのけんかも数えきれないほどあるけど(笑い)。そういう時に仲裁してくれるのが森田くん」森田「長野くんは優しいし、物腰も柔らかいし、でもこだわるところは追求する。マスコットキャラクターみたいな感じ! でも、メンバーの中でいちばんミステリアスで謎が多い」坂本「メンバーの中でいちばん一緒に遊んでいるけど、謎が多いんですよね」井ノ原「プライベートが謎だから、風呂とか入っている時に、ふと“長野くんって本当はどうなんだろう?”って思うことがあります(笑い)」全員「あはは!」※女性セブン2017年8月17日号
2017.08.06 16:00
女性セブン
岡田准一 二宮和也と大阪の実家に帰るほどの関係
岡田准一 二宮和也と大阪の実家に帰るほどの関係
 連休まっただ中の東京・西麻布のある夜。創業25年の高級老舗ワインバーで米倉涼子(41才)と、後からやってきたV6の岡田准一(36才)と嵐の二宮和也(33才)がバッタリ。その様子を10日発売の『女性セブン』が報じた。 アクティブな岡田に出不精の二宮。性格は真反対の2人だが、プライベートではまるで兄弟のように大の仲良しだという。 2015年末に行われた『ジャニーズカウントダウンコンサート』で、「初夢ツーショット」という視聴者アンケート企画が行われた。異なるグループに所属するメンバーがコンビになって歌うという、普段は見ることのできない取り合わせに会場のファンは大興奮。その時に実現はしなかったものの、岡田と二宮のタッグを望む声は根強い。それは、2人の絆が20年以上にわたり固く結ばれてきたから。 岡田は1995年11月、14才のときにデビュー。オーディションに合格して事務所に所属してから、わずか4か月後のスピードデビューだった。「右も左もわからず大阪から東京に出てきて、歌もダンスも演技も本格的に経験したことがないのに、何万人ものファンの前に放り出された。目まぐるしい現実に戸惑ったこともあったそうです。 岡田はV6の中では最年少で、リーダーの坂本昌行(45才)は9才年上。同年代の三宅健(37才)、森田剛(38才)はジャニーズJr.としての場数を踏んでいた。しかも他の5人は関東出身なのに、岡田だけ大阪出身。孤独感は相当なものだったそうです」(音楽関係者) 5月6日『サワコの朝』(TBS系)にゲスト出演した岡田は、当時をこう振り返った。「ずっと怒られ続けていたし、“ひとりだけレベルが足りない”と言われていた」  その頃、V6のバックで踊っていたJr.のメンバーの中に二宮の姿があった。 「岡田にとっては、年齢が近くキャリアもそれほど変わらない彼らと一緒にいる時間はリラックスできた。その中でも特に二宮には悩みを打ち明けたりしていたそうです。休みに大阪の実家に帰るときに、二宮を連れて行ったこともあったそうですよ」(前出・音楽関係者) 3才年上の岡田もまた、二宮の相談相手だった。 「5人の(メンバーの)うち、辞めたいやつが3人もいるなかで、嵐を応援してくれるファンはいるのかな?」 1999年のデビュー当時を振り返って、二宮はそんな複雑な気持ちを抱えていたことをたびたび明かしている。2人の知人は語る。「慶應義塾大学への進学が決まっていた櫻井翔さん(35才)は“アイドルは入学まで”と決めていたし、大野智さん(36才)も辞めると宣言していた。二宮さんもデビュー前に“いずれは事務所を辞める”と伝えていました。デビューしてからも、中途半端な気持ちで表舞台に立つことにかなり悩んでいたそうです。 その時に打ち明ける相手が岡田さんだった。岡田さんは二宮さんに対してあれやこれやアドバイスをするわけではなく、ただじっくり耳を傾けて話を聞いた。でも、それだけで二宮さんは気持ちの整理がついた。そうして、いつしか固い絆で結ばれていったんです」  年始恒例の初詣では、いつも席は隣。カウントダウンコンサートでも、岡田が二宮にヘッドロックをかけてじゃれ合ったり、ずっとそばにいる。岡田が「ニノは天才肌」と言えば、二宮は「岡田氏は真面目でストイック」と、正反対の性格であることはお互い認識しているのに、「自分たちはジャニーズでいちばん地味なカテゴリーにいる」と仲間意識を隠さない。 ※女性セブン2017年5月25日号
2017.05.15 07:00
女性セブン
滝沢歌舞伎出演の三宅健 タッキーとは「初めまして…」から
滝沢歌舞伎出演の三宅健 タッキーとは「初めまして…」から
 4月6日から5月14日まで新橋演舞場にて公演され、5月には上演600回を達成する『滝沢歌舞伎2017』。今年も昨年に続き、V6の三宅健(37才)が滝沢秀明(35才)と共演することで話題を集めているが、「実はお互い知らないことだらけ」と話すふたり。2年目の今年、改めて見つけたそれぞれの“意外なこと”とは? 三宅が語る。「ぼく自身が去年出演してみて感じたのは、他にもジャニーズの舞台はたくさんあるけれども、これだけ『和』に特化したステージをやっているものはないなって。それが滝沢歌舞伎ならではの“強み”だと思います。 今年も新橋演舞場という歴史ある劇場でやらせていただくのですが、そうした場に触れられるのもひとつですし、和物離れしている時代にジャニーズや滝沢というフィルターを通して若い人たちやファンの人たちが和の世界に触れてくださるのはすごく素敵なこと。ぼくとしては、そういう部分を楽しんでもらいたいと思っています。 去年参加したばかりでそれまで滝沢とは接点があまりなかったので『初めまして』レベルから始まりお互いに遠慮もありましたが、それでも伝えるべきことは伝えたほうがいいかな、と。自分もそうですが、この年齢になるとアドバイスを言ってくれる人も少なくなって、ジャッジを迫られる場面が多くなる。だから気づいたことがあれば、彼に伝えるようにしているんです」(三宅、以下「」同)) さて、女形の白塗りメイクはどうやってオフするのか?「歌舞伎の時はオイルで落としています。今年は女形なので首の後ろや手まで白塗りをしているから、幕間は大変です」 美容の意識が高い三宅の普段のスキンケアはどうしているのか?「そんなに意識が高いと言えるようなことはしていませんが、すごく乾燥肌でひどくなると痛くなってしまうので、化粧水と乳液で保湿しています。めんどくさくてサボる日もあるし、男は滝沢みたいに化粧水だけでもいいと思います。男だからね。でも女の人はきちんとケアをしていてほしいです。女性に生まれてきたからにはそれは宿命です」※女性セブン2017年4月30日号
2017.04.08 07:00
女性セブン

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト