• TOP
  • スポーツ
  • ゴルフビジュアル系斉藤愛璃 オッサンの説教で笑顔が消えた

スポーツ

2012.04.06 07:00  週刊ポスト

ゴルフビジュアル系斉藤愛璃 オッサンの説教で笑顔が消えた

 女子プロゴルフツアーの開幕戦『ダイキンオーキッドレディス』で初優勝した22歳、ビジュアル系新人の斉藤愛璃から笑顔が消えた――。
 
 初戦に優勝したあと、2戦目は60位、3戦目は80位とどちらも予選落ち。元気がないのはスコアがふるわないせいかと思いきや、そうではないようだ。
 
 ゴルフ担当記者が話す。
 
「斉藤の所属は、名門ゴルフ場、程ヶ谷カントリー倶楽部。斉藤の後見人を自称する古参会員たちが、斉藤に『初優勝に浮かれてはいけない。勝負はこれからだ。マスコミはチヤホヤするが、増長するな』と苦言を呈した。それで一気に様子が変わりました。ノビノビして元気が売り物の斉藤なのに、すっかり元気がなくなってしまったんです」
 
 神奈川県横浜市にある程ヶ谷カントリー倶楽部は1922年開業の歴史あるゴルフ倶楽部。会員の平均年齢は70歳で、政財界の大物をはじめ、著名人も多い。斉藤はそういったメンバーから孫のような存在として可愛がられてきたのである。
 
 先の記者が続ける。
 
「斉藤は、地元の公立高校を卒業した後、研修生として程ヶ谷カントリー倶楽部に所属しました。プロテストに合格するまでは、昼間はキャディなどを手伝いながら、営業後に練習を重ねてきた。支えてきてくれた程ヶ谷カントリーのメンバーたちには頭があがらないんです」
 
 後見人たちの声に従い、露出を抑えようとする斉藤の様子に、周囲も困り顔だとか。
 
「マネジメントをする会社にはCMのオファーも舞い込んでいるようですが、本人が“浮かれているように見られたくない”というので、すべて先送り。担当者も『商機を逃す』とぼやいていますよ。ツアー2戦目も3戦目もレッスン取材はNGで、インタビューも囲み取材のみという徹底ガードぶり。
 
 運営サイドも客寄せに使いたいところですが、マスコミの露出も少ないうえ、予選落ちの連続で笑顔が消えたシンデレラガールではね……」(ツアー運営会社関係者)

※週刊ポスト2012年4月13日号

関連記事

トピックス