• TOP
  • ライフ
  • 龍馬、武蔵…他 「銅像巡礼」の醍醐味を歴史好き写真家語る

ライフ

2012.06.27 07:00  週刊ポスト

龍馬、武蔵…他 「銅像巡礼」の醍醐味を歴史好き写真家語る

巌流島に設置された宮本武蔵vs佐々木小次郎の銅像

 公園や駅前に何気なく設置されていて見過ごしがちな銅像だが、「その人物と土地のつながりや芸術性にも想いを巡らせるのは楽しいものですよ」と話すのは、写真家の金子治夫氏(71)だ。

 歴史好きが高じ「銅像のある風景」をテーマに20年撮影を続けてきた。50代で撮影を始め、これまでに訪ねたのは46都道府県。残すは沖縄県のみだという。

「明治維新に活躍した人物の銅像にロマンを感じますね。坂本龍馬の像を撮るのに高知・桂浜や梼原町へ3度撮影に出かけたほどです。実際に、偉人を輩出した高知、山口、鹿児島は銅像も多いですね。銅像からその地にどう貢献し尊敬されているかも伝わってくるんです」と、銅像巡礼の醍醐味を話す。

 ここで紹介する写真は、山口県下関市巌流島に2003年に設置された、宮本武蔵と佐々木小次郎の銅像だ。

“二刀流の祖”宮本武蔵(銅像右)は、江戸初期の剣術家。29歳頃まで諸国を歴遊し、60回戦って無敗であったという武勇伝が残る。この銅像の立つ巌流島の戦いは歴史に刻まれる名勝負。剣法“つばめ返し”を編み出した剣術家・佐々木小次郎(銅像左)を破った決戦は伝説化され、後世の演劇や大衆文学の好題材となった。今年は巌流島の戦い400周年に当たる。

【プロフィール】
 金子治夫(かねこ・はるお):1941年富山県生まれ。1959年に富山県立高岡工芸高校図案絵画科を卒業。1975年にコマーシャルカメラマンとして大阪市内に写真スタジオを開業、現在に至る。今年4月に写真236点を掲載した『日本の銅像』(淡交社)を刊行。7月11日~16日まで高岡市美術館ギャラリー地階にて「日本の銅像出版記念写真展」を開催。

撮影■金子治夫

※週刊ポスト2012年7月6日号

関連記事

トピックス