ライフ

ナンシー関への愛情溢れる評伝で、しかも最良の解説書が発売

【書評】 『評伝 ナンシー関 「心に一人のナンシーを」』/横田増生著/朝日新聞出版/1575円(税込)

 * * *
 徳光和夫を「喜怒哀楽で食ってる男」と表現し、文に添えた版画は号泣する徳光の顔と「う~~」という泣き声。もう15年余り前の作品だが、今でも唸らされる。

 テレビ番組や芸能人について書くコラムニストで、あれほどの鋭さと毒とユーモアを備えた書き手は後にも先にもいない。「消しゴム版画家」ナンシー関。彼女が39歳で虚血性心不全により急死したのは、10年前の6月だった。

 著者は、彼女が残した膨大な言葉を時系列に沿って読み込み、家族、友人、仕事関係者、果ては消しゴムを買っていた文具店の店員に至るまで実に多くの人々の証言を集めた。彼女に関する初の評伝だ。

 幼い頃から言葉の覚えが早く、記憶力が良かったこと、小学生の頃から冷静で、周囲から一目置かれる「大人」だったこと、早くも高校時代に人間観察の鋭さを認められていたこと、小学校4年生の頃から急激に太り、20歳の頃には結婚を諦めていたこと、極端な弱視で、メガネを外すと間近な人の顔も判別できなかったこと……。

 そうした事実を拾った末に、著者は2つの重要な問題を考察する。ひとつは、売れっ子になったのと引き換えに寿命を縮めていく過程。もうひとつは、〈ナンシー関の外見は、その仕事に影響を与えたのか否か〉〈ナンシーの女性性をどうとらえるのか〉という問題だ(著者の解釈は本書に譲るが、あの毒は体型コンプレックスの裏返しだ、といった単純な話ではない)。

 著者は自分の解釈を前面に押し出すよりも証言を丁寧に再現することを心掛け、ナンシーの代表的な文章、発言も的確に引用してわかりやすく解説している。対象への愛情溢れる評伝であると同時に、最良の解説書にもなっている。

※SAPIO2012年7月18日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
(写真/村山康文)
【現地レポート】ベトナム戦争中の民間人殺害事件で新証言「韓国軍は味方側の村を焼き払った」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
安倍晋三元首相の国葬が行われた日本武道館[代表撮影](時事通信フォト)
安倍元首相の国葬前にも「自粛」通達 暴力団が国家的な行事に「協力」する狙い
NEWSポストセブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン