• TOP
  • 芸能
  • 嵐・櫻井翔 取材前に資料読み込み付箋貼る姿にスタッフ脱帽

芸能

2012.07.22 07:00  女性セブン

嵐・櫻井翔 取材前に資料読み込み付箋貼る姿にスタッフ脱帽

 7月27日(日本時間)に開幕するロンドン五輪では、日本テレビのメインキャスターにも抜擢された嵐の櫻井翔(30才)。2006年10月からは、毎週月曜日、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスターも務めているが、その手腕が評価され、北京大会(2008年)、バンクーバー大会(2010年)に続く五輪3季連続の登板だ。

 北京五輪のときの日本テレビ番組プロデューサーは、あるインタビューで、当時の櫻井の仕事ぶりをこんなふうに振り返っていた。

 期間中、中抜けしたのはたったの1日。「じゃ、アイドルやってきま~す」と帰って行き、翌日戻ったら、すぐに競技中継に向かう。何度かスタッフが「きつかったら休みましょうか?」といったが、一度も休まなかった。

「少し休んでおいしいものを食べに行きますか」と誘うと、「いや、いいです。また明日ありますから」とやんわり断る。ご飯を食べる時間があったら、寝て備える、もしくは違う競技を見に行く。その姿勢に、スタッフも取材陣も脱帽したというのだ。

「櫻井さんの取材はすごいのひと言です。ひとつのインタビューをするにあたって、関連記事や、書籍、映像など膨大な資料を読み込むんです。本にはフセンがたくさんはってあります。でもね、実際インタビューするとなったら、その資料を一切持ち込まない。真摯に相手と向き合い、話を聞き出すことに集中するんですよ。臨機応変に話題も変わっていくから、話し手もおもしろくなって、どんどん語り出すということが何度もありました」(番組関係者)

 櫻井にとって「キャスター」は夢のひとつだったという。伝えるという仕事の重責を担いながらも、それ以上の喜びを感じているからこそ、やり遂げられるのだろう。

<あ、間違えちゃったね>
<また、噛みましたね(笑)>

『NEWS ZERO』が終わると、そんなダメ出しメールが母から届くこともあるのだと櫻井は周囲にもらしている。

 もちろん、それが母からの愛がつまった言葉であることは、そして母がいつも大きな愛で支えてくれていることは、櫻井自身が誰よりも感じている。

 毎年、クリスマスはディズニーランドに行くことが櫻井家の恒例行事。唯一まとまった休みがとれる正月も、家族旅行が定番となっている。2011年、父と母の結婚30周年に、櫻井は両親と3人で、瀬戸内海に浮かぶ島に旅行したという。

※女性セブン2012年8月2日号

関連記事

トピックス