芸能

嵐・櫻井翔 取材前に資料読み込み付箋貼る姿にスタッフ脱帽

 7月27日(日本時間)に開幕するロンドン五輪では、日本テレビのメインキャスターにも抜擢された嵐の櫻井翔(30才)。2006年10月からは、毎週月曜日、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスターも務めているが、その手腕が評価され、北京大会(2008年)、バンクーバー大会(2010年)に続く五輪3季連続の登板だ。

 北京五輪のときの日本テレビ番組プロデューサーは、あるインタビューで、当時の櫻井の仕事ぶりをこんなふうに振り返っていた。

 期間中、中抜けしたのはたったの1日。「じゃ、アイドルやってきま~す」と帰って行き、翌日戻ったら、すぐに競技中継に向かう。何度かスタッフが「きつかったら休みましょうか?」といったが、一度も休まなかった。

「少し休んでおいしいものを食べに行きますか」と誘うと、「いや、いいです。また明日ありますから」とやんわり断る。ご飯を食べる時間があったら、寝て備える、もしくは違う競技を見に行く。その姿勢に、スタッフも取材陣も脱帽したというのだ。

「櫻井さんの取材はすごいのひと言です。ひとつのインタビューをするにあたって、関連記事や、書籍、映像など膨大な資料を読み込むんです。本にはフセンがたくさんはってあります。でもね、実際インタビューするとなったら、その資料を一切持ち込まない。真摯に相手と向き合い、話を聞き出すことに集中するんですよ。臨機応変に話題も変わっていくから、話し手もおもしろくなって、どんどん語り出すということが何度もありました」(番組関係者)

 櫻井にとって「キャスター」は夢のひとつだったという。伝えるという仕事の重責を担いながらも、それ以上の喜びを感じているからこそ、やり遂げられるのだろう。

<あ、間違えちゃったね>
<また、噛みましたね(笑)>

『NEWS ZERO』が終わると、そんなダメ出しメールが母から届くこともあるのだと櫻井は周囲にもらしている。

 もちろん、それが母からの愛がつまった言葉であることは、そして母がいつも大きな愛で支えてくれていることは、櫻井自身が誰よりも感じている。

 毎年、クリスマスはディズニーランドに行くことが櫻井家の恒例行事。唯一まとまった休みがとれる正月も、家族旅行が定番となっている。2011年、父と母の結婚30周年に、櫻井は両親と3人で、瀬戸内海に浮かぶ島に旅行したという。

※女性セブン2012年8月2日号

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン