• TOP
  • 国内
  • “痛みをわかちあう”とプロレスを授業に採用する学校も

国内

2012.08.01 07:00  週刊ポスト

“痛みをわかちあう”とプロレスを授業に採用する学校も

 いじめられっ子、不登校児の“最後の砦”として注目を集めている「フリースクール」。福岡の「フリースクール玄海」の理念は、社会の荒波に耐えうる強さを育むことだ。その力を備えた生徒には元の学校に戻ることも勧める。代表の嶋田聡氏は、予備校医学部コースの職員だった。

「医学部に受かるのは、こんな子には腹にメスを入れられたくないな、と思う性格に問題がある子ばかりなんです。何か違うな、と思って1998年に立ち上げました」(嶋田氏)

 生徒たちは朝6時25分起床。ジョギングをしたり、海に向かって“アファメーション”とよばれる自己肯定の言葉を叫んだりする。

「例えば“足が痛いけど、頑張って走ってる自分が好きだ”とか“眠たいけど早起きする自分が好きだ!”といった言葉です。自分に自信をつけさせて社会に復帰して生きていけるようにするのが目的です」(同前)

 全寮制を取るのは両親からの依存を解くためである。現在は中学生8人、高校生2人を預かるという。

「他人を思いやれて、お父さんやお母さんに感謝ができる人になってほしい。大事なのは勉強よりも人格形成だと思っています」

 同校は授業にプロレスを取り入れている。プロレスラーに講義を受け、年に1回保護者を呼んで試合を公開しているのだ。

「プロレスは『受ける技』なんです。相手がかけてきた技に、必ずかからないといけない。逃げたらいかん。耐えないといかん。すると自分がかけるときも、ここまでしたら痛いっていうのがわかるから。痛みを分かち合う、声を出す、他者本位に考えて動く……それが大事なんです。試合をするときは最初の頃は大手メディアが面白がってきたけど、みんなドン引きでした(笑い)」(同前)

 終了後は仲間と笑顔で言葉を交わす。試合を見に来た親御さんが、「あの子がここまで……」といって涙を流すことも珍しくはない。

※週刊ポスト2012年8月10日号

関連記事

トピックス