• TOP
  • ライフ
  • 山路徹氏 2匹の飼い猫が苦手だという女性とはつきあえない

ライフ

2012.08.29 16:01  女性セブン

山路徹氏 2匹の飼い猫が苦手だという女性とはつきあえない

 数々の修羅場をくぐりぬけてきた山路徹さん(50才)が読者のお悩みにズバリ回答。バカダンナの目線から、夫婦の問題に切りこんでいきます。

【質問】
 夫がペットショップでトイプードルにひと目惚れしたらしく、「犬を飼いたい」といいだしました。実は私、動物が苦手。うちは子供がいないので、夫のさみしい気持ちは理解できるのですが、どうしたらあきらめてくれるでしょうか。(47才・パート)

【山路徹氏の回答】
 あなたに動物アレルギーがあるなら、無理して飼わないほうがいい。でもただ単に動物が苦手というなら、一度、犬や猫に触れてみるといいでしょう。

 うちにも“とら”と“マロ”という2匹の猫がいます。1匹は福島の南相馬市で保護した被災猫、もう1匹は神奈川県で捨てられていたのを愛護ボランティアのかたに保護され、ぼくが里親になりました。

 ぼくにとって彼らは子供みたいなもの。疲れて帰ってくるとまっ先に迎えに出てくれますし、何よりの癒しです。もしもぼくが今後、再婚することになったら、まっ先に彼らを紹介します。とらとマロがダメという女性がいたとしたら、最初からおつきあいしないでしょうね。それぐらい大切な存在です。

 犬や猫は一緒に生活すると本当の家族になります。ましてや子供のいない夫婦にとってはかすがいとなるでしょう。

 ただ動物は命がありますから、洋服のように簡単に返品というわけにはいきません。よく夫婦で話し合ってから、決めましょう。それに案外、動物がダメと思っていても実際に触れてみるとあなたのほうがペットにメロメロになってしまうことだってありますからね。

 民間の動物愛護団体に“里親制度”があって、実際の犬や猫と会ってから飼う、飼わないを決めることができます。

 もちろんダメだからといって返すことは基本的には認められませんが、どうしても相性が合わないときなどはお返しすることができるところもあるので、探してみてはいかがでしょうか。

※女性セブン2012年9月6日号

関連記事

トピックス