• TOP
  • スポーツ
  • 元野球選手が詐欺で逮捕 イチロー超え記録も韓国で人生狂う

スポーツ

2012.11.27 16:00  NEWSポストセブン

元野球選手が詐欺で逮捕 イチロー超え記録も韓国で人生狂う

 16日、元プロ野球選手で阪神、オリックスでプレーした塩谷和彦容疑者(38)が詐欺の疑いで兵庫県警に逮捕された。塩谷容疑者は、2010年8月から9月にかけて、「新しくできる飲食店の売り上げの一部を受け取る権利を譲渡する」とウソの話をでっち上げ、西宮市の会社役員から550万円をだまし取った疑い。塩谷容疑者は、おおむね容疑を認めているという。

 塩谷容疑者は、1992年、松井秀喜(星稜高校=当時)が5打席連続敬遠された夏の甲子園に、兵庫県代表の神港学園の主将として甲子園に出場。ベスト16入りを果たし、その秋にドラフト6位で阪神に入団。

 ルーキーイヤーとなる1993年の『選手名鑑』(日刊スポーツグラフ特別号)には、こう寸評されている。

〈気性の激しさは折り紙付きだが、中2の夏に亡くなった母文子さんの七回忌には墓を建てる夢を持っている〉

 親思いの一面をのぞかせる優しい性格の持ち主だったようだ。

 塩谷容疑者は遠投130メートルの強肩で、次世代を担う捕手として期待されていたが、持ち前の打撃センスを生かすため、1999年にサードへコンバート。その素質は、2002年オリックスへ移籍すると開花した。翌年にはイチローの持つ球団記録を超える24試合連続安打も達成し、打率3割7厘を記録。オールスターゲームへの出場も果たした。

 2006年には、韓国プロ野球に移籍。野手初の「在日以外」の日本人選手として、大きな期待を寄せられた。スポーツ紙野球担当記者はこう解説する。

「それまで韓国リーグに渡る選手は、在日の選手ばかりでした。1998年にようやく外国人登録が認められ、塩谷が野手としては初の純粋な日本人選手。外国人登録され、助っ人として渡韓したわけです。

 32歳になる年で、力が衰えたわけでもなかったですし、本人も『自分をキッカケに、ほかの日本人選手も続いてくれれば』と話していました。実際、開幕当初は順調な滑り出しでした」

 しかし、その年の5月に死球を受け、戦線離脱。6月には解雇され、そのまま引退に追い込まれた。韓国での悲劇のデットボールさえなければ、こんな事件は起こらなかったかもしれない。

関連記事

トピックス