スポーツ

ブーム再来のプロレス 動員数水増しから決別は大英断と識者

「主催者発表」の数字ほど、日本では信用出来ないものはない。その「サバ読み文化」にあるスポーツ団体が決別した。作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が決断にエールを贈る。

 * * *
 突然ですが、皆さん「1.4(イッテンヨン)」って何の意味だと思います? これが分かる人は、プロレスファンでしょう。毎年、1月4日に新日本プロレスが東京ドーム大会を開くのです。プロレスファン、特に新日ファンにとって「1.4」は、仕事始めであると同時に、「プロレス始め」でもあるのです。正月のこの日の東京ドーム大会は1992年に始まりました。一時は大会名が「闘強導夢」という実にプロレス的な名前でしたが、2007年より「レッスルキングダム」に変わりました。

 いまや、プロレスは何度目かのブームだと言っていい盛り上がりです。今年もこの日に開催された「レッスルキングダム7 ~EVOLUTION~ IN 東京ドーム」は豪華カードと素晴らしい試合内容でファンを熱狂させました。

「100年に1度の天才」と呼ばれるIWGP世界ヘビー級王者棚橋弘至と、元同王座チャンピオンであり、昨年夏のリーグ戦G1クライマックスを制した「レイン・メーカー」ことオカダ・カズチカが挑戦。PRIDEなど総合格闘技で活躍した桜庭和志がIWGPインターコンチネンタルヘビー級王者の中邑真輔と一騎打ち。タッグマッチでボブ・サップと曙が対決など、話題のカードが目白押しでした。特に中邑真輔対桜庭和志は早くも今年のベストバウトではないかと、高く評価されました。

 さて、この大会の動員数はどうだったのでしょう。2万9000人でした。前年が4万3000人、ドーム大会の全盛期だと言われた1990年代は毎回6万人くらい入っていました。それに比べると少なく感じるでしょうけど、でも、会場に行った人は「ここ数年で一番入っていた」と言います。

 何があったのでしょう?

 実はこの大会から、動員数を発表する指標を変更したのですね。2万9000人は「有料入場者数」でした。昨年まではスポンサーへの招待券、社員が必死に売った手売りのチケットなども含まれており、実際に来場しなかった人なども含み発表していたのでした。今回は文字通りお金を払って実際に入場した人の数です。

 これは英断だと思います。というのも、プロレスの入場者数の主催者発表はサバ読み、水増しが横行し、かなり前から信用できないものになっていました。ガラガラの会場なのに5000人(満員 主催者発表)などと言われても、しらけるだけです。ちゃんと超満員になった大会でも、明らかに定員よりも多い数を発表していたこともありました。

 日本武道館を例に言うと以前は1万6300人で超満員という発表がされていたこともありました。日本武道館のホームページで確認してみましたが、アリーナに席をいっぱいに設置したとしても1万4471席だとか。プロレスはリングと入場通路を用意しなければなりませんから、1万6300人なんて無理ですよね。立ち見を入れたとしても厳しいでしょう。

 この手のサバ読み、水増しは一時のプロ野球も酷かったのですけどね。

 まあ、もともとサバ読み、水増し文化はプロレスにありがちなことではあります。私がプロレスを会場で見るようになってから驚いたのは、身長です。パンフレットには185センチと書いてあるのですが、入場通路にレスラーを見に行ったら、明らかに約170センチの私と同じ身長なのですよ。最近では背が低いレスラーもたくさんいますし、ファンがついていますけどね。

 プロレスがこのような、正直な発表に踏み切ったことは大英断です。プロレスですらこうなんですから、セルフブランディングに一生懸命な意識高い系の人達も等身大でいきましょうよ、ええ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
ファーストサマーウイカ(右)の大叔父はファッション評論家・石津謙介さん(時事通信フォト)
《『光る君へ』清少納言を好演》ファーストサマーウイカの大叔父は“メンズファッションの神様”だった「カジュアルという言葉の生みの親」
週刊ポスト
妻の細谷志保容疑者
【4歳女児毒殺事件】「引きこもり状態の妻」「毎月100万円単位のネットショッピング」「1時間以上の喧嘩」「何も言えない夫」逮捕夫婦の異様な支配関係
週刊ポスト
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン