ライフ

ニベアクリーム “最強のスキンケア”と評判で売り上げ急増

 1911年にドイツで誕生し、1968年に日本上陸した「ニベアクリーム」。そのもっともスタンダードである通称“青缶”(缶入りニベアクリーム)が、“最強”のスキンケアアイテムだと唱える女性が近年続出。

 ツイッターでは、「マジで騙されたと思って風呂上がりに顔に塗りたくったら、けさの化粧のりが違った」「某超高級クリームと同じ成分が入っているという噂どおりもちもちに」などと絶賛の嵐なのだ。

 洗顔後クリームだけを塗る「ニベア青缶ガッテン塗り(クリームだけ塗る塗り方)がいちばん」説も流れ、トライする人が続出。

「出荷本数は年間約500万個(缶・チューブ含む)ですが、今年度に入り、売り上げが急激に伸びて驚いています。使われる方法はお客様の自由ですので、ご自身の肌状態を確認されながら、使っていただければと思います」(ニベア花王・広報担当者)

 そこで噂を検証しようと、乾燥肌に悩んできた記者D(38才)が、1週間の“ニベアのみ”生活に挑戦!

 初日は硬めのテクスチャーに戸惑ったが、1分ほどかけてしっかり塗り込む。正直、塗り終えた直後のベタつきが気になったが、翌朝にはふわっと肌が内側からふくらむ感じに! 塗った直後のベタつきは、噂どおりベビーパウダー(夜)や日焼け止めジェル(朝)を重ねればサラサラになることも確認。

 この値段で、このクオリティーは最強のコスパ。無人島に1つだけコスメを持っていくとしたら、確かにこれだけでいいと思った記者Dでした。

※女性セブン2013年8月1日号

関連キーワード

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト