• TOP
  • 芸能
  • 俳優間の“演技の間”について中村敦夫氏「サッカーに近い」

芸能

2013.07.25 07:00  週刊ポスト

俳優間の“演技の間”について中村敦夫氏「サッカーに近い」

『木枯し紋次郎』で一斉を風靡した中村敦夫氏、8月30日から9月1日まで朗読劇『山頭火物語』の公演を予定している。俳優以外にもキャスターや参院選への出馬など、精力的に活動を続けてきた中村敦夫の演技観について、映画史・時代劇研究家の春日太一氏が綴る

 * * *
 中村敦夫は俳優としてはもちろん、情報番組キャスター、政治家、作家、脚本家と多岐にわたって活躍してきた。中でも、これまで時代劇、ミステリー、コメディと幅広く執筆している脚本の重要性を、今回のインタビューで強調した。

「演劇や映画の世界で自在に人間を操ることができるのは、シナリオライターだけです。監督だって、脚本を基に人間を動かしているだけですから。それから、どんな名優でも脚本が酷かったら惨敗です。同じ人かと思うくらい、見る影がなくなってしまう。

 ですから、俳優にも脚本を理解する能力は必要なんです。脚本に足りないと思うところは自分で補う。でも、やりすぎてはダメです。自分が目立つために脚本にイチャモンをつける俳優は三流ですよ。

 僕は演出も脚本もやってきたから、自分の演じる役の全体での役割をまず考えます。そこを勘違いして自分のことしか考えない演技をすると、その作品自体が壊れてしまいますから」

 中村敦夫は一俳優としてだけではない、大局的な視野から現場に臨んできた。そんな中村のスタンスが発揮されたのが、1976年のテレビドラマ『スパイ・ゾルゲ』(日本テレビ)での三國連太郎との二人芝居だった。本作では三國は実在のドイツ人スパイを、中村はそれを追いつめる検事を演じ、両者は取調室で緊迫の演技合戦を繰り広げている。

「あの人は、もう徹底的に化け切る。『ゾルゲ』の時は、『三國さんは撮影の数週間前からドイツ料理しか食べていない』という話が飛び込んできました。現場でも髪を染めて青いコンタクトレンズを入れて、『グーテンモルゲン』と言いながら入ってくる。そんな『憑依型俳優』を相手にどう太刀打ちするかを、こちらは考えなきゃならない。何も考えなかったら向こうにやられっ放しで『あいつは芝居のできん奴だ』と言われますから。

 そこで僕は『全く演技しない』という対応をしました。相手は徹底して準備をして作り込んでくる。それなら、こっちは身ぶり手ぶりもしない。声も荒らげない。黙って相手の目を見ているだけ。後は三國さんのやりたいようにやらせる。

 すると、三國さんも気づいて、芝居を段々と調整してお互いちょうどいいところに落ち着くんです。こういうのは、どっちが勝っても負けてもいけない。一流のテニス大会の決勝に立っているような楽しさがありました。

 芝居って、台詞を覚えてきてそれをキッチリ言うだけではありきたりのものになってしまう。相手役との駆け引きの中に微妙な間があって、それを咄嗟に埋めていく。演技の勝負所はそこにあります。優れた俳優は自分で間を作って相手に投げかけたり、相手が作った間をすぐに受け止めたりすることができる。

 ですから、キャッチボールというよりサッカーに近い。単に同じ所に投げるんじゃなくて、直線でボールが来ることも、フワッと来ることもある。それにどう足を合わせるか。ノーバウンドで蹴り込む場合もあるし、ドリブルに持ち込む場合もある。大事なのは、その判断なんです」

※週刊ポスト2013年8月2日号

関連記事

トピックス