芸能

『半沢直樹』に菅野美穂が「サプライズ出演情報」の噂の真偽

 後半戦に突入し、早くも新たな山場を見せている堺雅人主演のTBS日曜劇場『半沢直樹』(毎週日曜午後9時~)。“回収金額”のスケールも5億円から120億円に大幅アップし、渦巻く陰謀も、銀行全体を揺るがす大きなものに発展しそうな気配が漂う。これからの展開がよりいっそう楽しめる制作裏話を紹介しよう。

■アングル別に同じ演技を3度も4度も繰り返す

 大阪編では工場や雲隠れした社長の隠れ家など、屋外ロケが中心だったが、

「今後は東京本部の会議室が戦いの舞台になっていく。大阪とはまた違った風味が出てくると思います」

 と、制作関係者。子供たちの間で人気だという「半沢走り」の出番は減り、かわりに緊迫した会議室劇が展開されるようだ。

「単調な構図が続かないように、撮影は非常に凝っている。普通のドラマはカメラを5、6台出して撮影し、同じシーンの撮影はせいぜい2回くらい。しかし、このドラマではアングルを変えて膨大な回数を撮り、同じ演技を3度、4度とやって、いいところをうまく使っていくやり方。技術陣も俳優陣も、まさに真剣勝負。現場には常に緊張感が張りつめています」(制作関係者)

 迫真の演技はもちろん、役者の魅力を最大限に引き出すこだわりのカメラワークにも要注目だ。

■今後の物語のカギを握るのは倍賞美津子

 東京中央銀行が多額の貸し付けをしながら、運用の失敗で120億円の損失を出した「伊勢島ホテル」。そのキーパーソンの羽根専務は原作では男だったが、ドラマでは倍賞美津子が演じている。

「倍賞さんは先代から可愛がられた大番頭で、ホテルを何よりも愛してしまった女として描かれます。彼女の行動をその愛ゆえのものとして見ると、ドラマの見応えがよりいっそう増すと思います」(制作関係者)

 謀略と家族愛とのジレンマに悩んだ浅野支店長同様、後半も敵役たちがふと見せる人間らしさにも注目だ。

■菅野美穂「サプライズ出演情報」の真偽

 一部で噂されている、堺の実生活での妻・菅野美穂の本ドラマへのサプライズ出演。番組関係者に聞くと、

「残念ながらそれはない。キャスティングの時はまだ堺さんは結婚しておらず、結婚会見の時は私たちも驚いたくらいですから。その記事で菅野さん出演を語っていた『事情通』は、全然事情通じゃない」

 と苦笑い。半沢の妻・花役の上戸彩と菅野が火花を散らし、半沢がうろたえるようなシーンも見たかったような。

※週刊ポスト2013年9月6日号

関連記事

トピックス

性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
20代女性に「1杯どう?」ナンパし性暴行…創業137年『都寿司』若大将の乱倫の夜 妻の女将が語った“店のこれから”
NEWSポストセブン
『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
加工した自撮り写真や動画をSNSにアップしていた内田容疑者(写真は内田容疑者のTikTokより)
【旭川・女子高生殺害事件】SNSに投稿された“盛れていない写真”でトラブルか 容疑者のスマホには被害者を映した痛々しい動画
女性セブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン