• TOP
  • スポーツ
  • 次期監督候補 楽天・大久保、西武・潮崎、中日・モッカの名

スポーツ

2013.10.01 16:00  週刊ポスト

次期監督候補 楽天・大久保、西武・潮崎、中日・モッカの名

 9月19日に辞任表明したプロ野球・加藤良三コミッショナーの後任候補に、王貞治氏、古田敦也氏の他、楽天の星野仙一監督の名前も関係者の間では挙がっている。星野氏の去就次第では、楽天監督の座が空くかどうかも決まる。

 まさかの優勝チームでの人事が発生するわけで、OBたちにとって「星野コミッショナー」が決まれば、自分が現場復帰できる可能性が高まるというわけだ。

「今季は楽天以外のチームにも“空席”が出る。優勝チームである楽天に空きが出れば、色々動くんですよ」(若手球界OB)

 まず楽天監督が空いた場合、一軍監督に滑り込む可能性が高いといわれるのが、大久保博元・二軍監督だ。

「三木谷オーナーの子供に野球指導をして、現在のポストに就いたともっぱらの噂。オーナーの後ろ盾があるから、次の監督の座はほぼ確約されたようなもの」(楽天番記者)

 クライマックスシリーズ進出を逃したことで退任が濃厚な、渡辺久信監督の西武も似たような状況。

「渡辺監督がそうだったように、西武は二軍監督から一軍監督になるのが既定路線。潮崎哲也二軍監督は、編成担当だったのをわざわざ現場に呼び戻された経緯がある。そのまま潮崎さんでしょう」(西武番記者)

 他に監督交代が確実なのは中日。立浪和義氏が有力とされるが、すんなりとは決まりそうにない。

「かつて噴出したスキャンダル以来、白井文吾オーナーが猛反対している。それを知ってか、立浪氏は8月に亡くなったオーナー夫人の葬儀に参列するなどして関係改善に動いている。

 他には牛島和彦氏、山崎武司、ケン・モッカ氏、さらには落合博満氏の再登板まで挙がる混迷ぶりです」(中日新聞関係者)

※週刊ポスト2013年10月11日号

関連記事

トピックス