芸能

宇多田ヒカル ロンドンでの写真で露呈した危うい父娘関係

<光は天使だ、と言われたり、悪魔の子だ、私の子じゃない、と言われたり色々大変なこともあったけど、どんな時も私を愛してくれて、良い母親であろうといつも頑張ってくれてたんだな>

<昔ママが家の廊下ですっころんで足の小指を骨折するというミラクルを発動したのを思い出した>

 ツイッターで、こうつぶやいているように、宇多田ヒカル(30才)は今、自殺した母・藤圭子さん(享年62)との思い出を語ることができるまでに、精神的な落ち着きを取り戻している。

 女性セブンも9月上旬、ロンドンの中心部でヒカルの姿をキャッチし、写真付きで報じたが、その際も友人と談笑するなど、元気を取り戻しつつあることが見て取れた。

 だが、そんな本誌の報道に、ヒカルの父である照實氏(65才)が噛みついた。ロンドン中心部で喫煙しながら友人と談笑するヒカルの写真について、ツイッターでこうつぶやいたのだ。

<昔の写真ですね>

<女性誌は過去の写真もたくさん撮っています。ただ最新号で使用しただけです>

 照實氏は、本誌・女性セブンがあたかも昔の写真を現在の姿のように“捏造”したものだと主張したのだった。しかし、女性セブンがヒカルを撮影したのは、まぎれもなく今年の9月初旬である。

 ヒカル自身もツイッターで<先日、週刊誌の記者に突撃されて>と綴っているように、女性セブンがヒカルの元を訪れたことを認めている。

 この照實氏のつぶやきは、結果として危うい父娘関係を露呈させることになった。

「現在、照實さんは、ヒカルさんとほとんど連絡を取っておらず、彼女の動向をまったく把握していないんです。だから、今のヒカルさんの姿を見てもピンと来なくて、過去の写真だと勘違いしてしまったんでしょう。ヒカルさんが藤さんの亡骸とすぐに対面しなかったのも、照實さんと会いたくなかったからといわれていて、ふたりの間には長年にわたる確執があるんです」(ヒカルの知人)

 2002年、ヒカルは紀里谷和明氏(45才)と電撃入籍したが、これが、父娘の溝を深めるきっかけになった。

「結婚後、ヒカルさんは自分の活動について、父ではなく紀里谷さんを頼るようになりました。面白くない照實さんは事あるごとに紀里谷さんの方針に口を出し、トラブルが続出して…。ふたりの間に板挟みとなったヒカルさんは苦悩して、以後、照實さんと距離を置くことになるんです」(前出・ヒカルの知人)

※女性セブン2013年10月17日号

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
イメージカット
妻を激怒させる「スイッチ」 昭和なジェンダー意識にご用心!
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン