芸能

田中麗奈と交際の高橋一生 かゆいところに手が届き女心掴む

 前クールの高視聴率ドラマ『Woman』(日本テレビ系)で、主演女優の満島ひかり(27才)や演技派の子役らと同じくらい注目を集めていたのがヒロインの主治医役を演じた高橋一生(32才)だった。普段はクールに見えるが、実は情に厚く、ヒロインを心から心配する姿に胸を熱くした女性が急増した。

 ドラマクランクアップ直後のとある夜、その高橋がドライブデートを楽しんでいた相手が田中麗奈(33才)だった。思えば昨年夏頃まで、高橋は尾野真千子(31才)とつきあい、同棲も報じられていたが破局。そして『フライデー』によれば、高橋は今はもう田中と半同棲している。高橋を知る舞台関係者がこう話す。

「高橋さんはモテますよ。人の気持ちを察する能力に長けていて、相手がしてほしいことにすぐ気づくんです。それが押しつけがましくなく自然で、かゆいところに手が届く的なところが女心をつかんじゃうんじゃないですか」

 しかし、彼は生まれつきモテ男だったわけではない。それには彼の生い立ちが関係しているという。

「高橋さんはもともと引っ込み思案でコミュニケーションが苦手な子供でした。それを心配した祖母が児童劇団に入れたんです。その後、役を演じるなかで観客やスタッフの反応に敏感になり、人の反応を人一倍気にするようになっていったんですよ」(前出・舞台関係者)

 演技を通じてコミュニケーション能力を磨き、女性の気持ちがわかるモテ力も身につけていったのだ。

「彼は間や空気感を大事にする役者です。“台詞と台詞の行間を演じるのに興味が湧く”と言っていますからね。それは恋愛でも一緒で、彼といるとたとえ会話がなくとも居心地がいいんだと思いますよ」(別の舞台関係者)

※女性セブン2013年10月24・31日号

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン